好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

修理が難しい部分に穴があいていたので、新品チューブに交換しました

仕事に行く時に乗ろうとしたらタイヤがパンクしていました。
翌日、パンクに修理をしようとチューブを出してみると、バルブの脇に穴があいています。

穴空いている場所も修理きびしそうですし、
チューブはかなり古いものなので、交換することにします。

家にチューブのストックが3つありましたが、
スペアで持ち歩いていたパナレーサーの方を使うことにしました。

黄色い方です。

リムフラップの穴の位置をぴったりに調整しなおして、チューブを変えてタイヤをはめます。
パナレーサーパセラはサイドが厚めですが、それでも手ではめることができます。

サイドが肉厚なパセラのアメクロは、
パナレーサーのチューブだとバルブがあまりとび出しません。
なので、ロングバルブか別メーカのほうがタイヤとの相性は良いのですが、
古いものから使いたいのでそこは諦めました。

掃除しない通勤自転車ですがw、ホイールはずしたので軽く清掃して完成。
オートバイと違って、自転車のタイヤ交換は簡単でいいですねw

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません