好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

20170406-P_20170406_092601_vHDR_Auto

4月上旬のこと、子供が電動自転車を体験するために、
バッテリーを充電しようとしたら点滅が消えて充電できない。
調べてみると、破損などに備えて使えなくなるタイマーがかかっていた・・・。

まさかタイマーあったとはね。気づかずバッテリー壊れたか?って思っちゃうね。

うちの電動自転車はすでにかなり古く、前のバッテリーは全然ダメになり交換したのだけど、
その交換したバッテリーがタイマーで使用不可に。

しかし、このバッテリー、プログラム書き換え対象だった。
安全性が確認されたので、長期使用できるように書き換え可能だったのだ〜。

https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/information/info/

さっそく近所のお店に行き、書き換えてもらう。
「これもけっこう古いですよね・・・
プログラムを書き換えてもバッテリーの持ちが良くなるわけでは・・・」

分かってますからwwww

やってもらって、タイマー解除。
充電可能なバッテリーになりました。

ま、充電可能になったところで前後に子供のせついた自転車は使い道がないので、
処分しようかなと。

使えるようになったバッテリーは、
バッテリーが使えなくなっている同世代のパスに乗っている妹にあげてしまって
活用してもらおう。

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss