好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

持っているステムを当面はつけようと思ってましたが、
最終的にハンドルまわりはシルバーにしたい思いが強かったので、
VIGORE純正のステムを手に入れました。

ステムが変わり、穴の部分高さがかわると、
せっかくコラムをいい位置にカットしても、スペーサーで微調整しなければならない場合もあり、
カットするときにステムを決めておきたかったのもあります。

 

VIORE純正ステムを購入

VIGORE クロモリレーサーは、1インチのフォークコラムなのですが、
1インチ(25.4mm)〜1-1/8インチ(28.6mm)のシムも付属していて、さすが純正という感じ。

長さは100mmか110mmで悩みましたが、100mmにしました。
しばらく乗ってみて、最終的には長さを変えるかもしれませんが・・。

 

コラムカットをする

ステムを取り付けて、トップキャップがちゃんとステムを押さえつけられるよう、
上のツラから3mmくらい下でカットします。
この自転車だとシムをつけるので、シムの上面の位置でした。

印をつけて、パイプカッターでカット。

パイプカッターは、家を立てた時に水道管切るために買いましたが、
自転車のコラムやハンドルを切っている回数のほうが圧倒的に多いというw

切断面は切った時の圧力で少し盛り上がってるので、ヤスリで整えて終了です。

 

ステムはまだ仮付け

ちゃんと取り付けるためには、スターファングルナットをコラムに打ち込まなければなりません。

スターファングルナットは、誰か工具を持っている人を捜そうと思いましたが、
かなり安いものがあったので、ポチッ。
「商品は安くていいのだが、また使う機会があるのだろうか?」的なレビューが多くてウケましたw

なので、スターファングルナットを後日取り付けてから、きちんと固定することになります。

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss