好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

以前乗っていた自転車に装着していたアルテグラのクランクを
VIGOREにインストールするつもりでしたが、どうも似合いそうもありません・・・。
かといって新品クランクは高いので、買うほどの費用はかけたくないのが本音です。

新品のクランクも見たりしながらも踏み切れず、
Sirrus A1につけていたクランク、スギノ コスペアを取り付けることにしました。

取り外されてしまうSirrus A1のクランクは、
手持ちのホローテックIIのBBに合うTIAGRAの中古クランクを購入することにします。

アルテグラをつけてもいいのですが、子供がそこら辺に乗っていくには目立ちそうですし・・・。
必要なくなるアルテグラクランクは売ってしまう方針です。

 

クランク、スギノコスペアを取り外す

このクランクを取り外します。
BD-1に乗っていた頃からずっと使っているので、かなり傷などは多いのですが、
デザインはお気に入りです。

まずはペダルを15mmのレンチで外します。左が逆ネジ。右は普通です。

ペダルを外したら次はクランク。
ボトムブラケットはオクタリンクなので、中が中空です。
コッタレスクランク専用工具と、クランク抜きアダプターで抜きます。

 

ボトムブラケットを取り外す

クランクを外したら、カートリッジボトムブラケット用の
ボトムブラケット取り付け工具でBBを外します。

まず左を通常の方向に外してまわして、右を時計回りで外します。右側は逆ネジです

 

クランクまわりの部品が全部はずれました。
左が外した部品、右が使った工具です。

 

ホローテックII用のBBを取り付ける

アルテグラのクランクは売ることにしましたが、ボトムブラケットは持っているものを使うことにしました。
ホローテックIIのほうが工具がシンプルなので、取り付けも取り外しも簡単です。

BBに、左右、どちらへ回せば締まるか、の表示もあるので迷うこともありません。
BBのねじ切り部分に少量のグリスを塗って締めます。

 

クランクを取り付ける

クランクは中古の4550ティアグラです。

クランクのシャフトにグリスを塗って、チェーンリングがある方をBBに差し込み、
反対側をはめ込んだ上、脱落防止のツメを落としてネジを締めます。
あとはキャップをつければ完成。

特殊工具がキャップ回しくらいなので、ホローテックIIは整備はやりやすい気がします。

左側の六角のネジがなんか造形として雑にみえるのと、
右側と左側の見た目が大きく違うので、実はそれほど好きな形ではないのですが(笑)、
ちょっとSIRRUSには、こっちのクランクのほうが似合う気がします^^

 

ペダルをの取り付け

ペダルのネジ部分にも少量のグリスをつけて取り付けます。
私はバイクでも使ってるスプレー式のをちょっとだけ塗りますが、ゲル状のものでも大丈夫。

グリスは異音をなくしたり、取り付けがスムーズになって部品を傷めなかったりというのもありますが、
固着しにくくなって、スムーズに外れるというのが一番大きい気がします。

 

FD調整 シマノの変速性能すごい

フロントが48Tから50Tになったので、少しだけフロントディレーラーを上げました。
変速したら、いきなり外へ落ちたので、ディレーラーを調整。

ちゃんとしたシマノのスプロケットを久しぶりに使いましたが、変速性能がすごいw
変速が素早くきまるような工夫がされているシマノ製は、ほんと気持ちよくきまります。
さすがですねぇ。

コメントを書く

*

  • ぶとぼそ

    現マイティのご先祖的なコスペアは細身で綺麗なクランクですね♪
    唯一の難点は、段々入手難になっていくオクタリンクBBでしょう。長く使うにはストック用のBBを数個確保していた方が無難ですね。
    このティアグラクランクも最後のシルバー色の美しいタイプ。しかも78デュラのそっくりさんでもありますね!!

  • tripoo_takas

    けっこう傷やら腐食やらもすごいので、磨くにしてもどうかなと思ったのですが、
    思い入れのあるクランクなので、もうちょっと使ってみようという感じです。
    シラスにつけていたBB-5500は回転がすでにゴリっとしてるので、同じBB-5500にしようかなと思ってます。デュラは高いですしw
    ディアグラってグレードもともと好きなんですが、このシルバーのクランクは主張が強すぎなくてよいですね。

  • FEED

    • My Yahoo!に追加
    • follow us in feedly
    • tripoo_takasをフォロー
    • rss