好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

私は、スギ、ヒノキに限らず、ブタクサ、黄砂、ハウスダストなど、
花粉症がとてもひどく、抗ヒスタミン剤、ステロイド点鼻薬などを使用しています。

しかし、春の花粉症シーズンなどは、一日外を自転車で走ってしまうと、
鼻がつまり、炎症を起こし、翌日に副鼻腔炎確定・・・。
短時間の通勤以外の自転車はとても厳しく、自転車に乗ることを避けていました。

 

私の顔にフィットしないスポーツマスク

友達に誘われれば、走りに行きたいですから、
RESPROなどのフィルター交換式のスポーツマスクを、いろいろ試しました。
しかし、どれもこれも、顔の形にあわない。フィットしないので違和感がものすごかった。フィルターも割と高かったり、布製の本体なのでマスク内がかなり暑かったり、
湿気でほっぺのとこがはりついてしまうのもダメな所でした。

 

3Mの排気弁付きN95マスクを検討

今年も花粉シーズンにサイクリングに誘われたこともあり、いろいろと探してみました。
そしてまず目にとまったのが3Mの排気弁付きマスク。

(AMAZON)

センターに排気弁と3Mの大きなロゴw
他のスポーツマスクと比較して一日つけていられるという人がいたので、
かなりこれを試してみることに傾きましたが、
3Mの主張が大きいのと、ややゴツく見えたので、他を探すことにしました。

 

山本光学の排気弁付きN95マスク

そして見つけたのが、山本光学の製品。
排気弁は右側にひとつ。マスク形状は超立体マスク的な感じです。
立体マスクよりも飛び出してい感じですが、
ゴツすぎることもなく、割と普通のマスクに見えるのがポイント高いです。

(AMAZON)

これは割と良いかもしれないと20枚入りを購入。

 

使い捨てで衛生的。個別包装が自転車用には便利です

箱をあけてみると、1枚1枚個別に包装されたマスクが入っています。
普段の花粉マスクは、しょっちゅう使うものなので、
個別包装になっていない方が好きですが、
自転車用でたまに使うことを考えると、個別包装はとても使いやすい。

また、使わなくても平気かなという時に、かばんに1つ忍ばせておいたり、
不快になってきたときのために、予備を1つ入れておいたりということもできます。

フィルター交換式のスポーツマスクと違って、
使い終わったらそのまま捨てられるのも気軽です。

 

1日装着して走れるマスク。とてもいい感じです

装着するとこんな感じです。

鼻回りも顔にフィットするので、不快な感じはありません。
装着感はいつものマスクを付けた感じ。
ゴムの長さも調整出来るので、痛くなることもありませんでした。

排気弁はちゃんとしっかり機能しました。
そこそこペースを上げた時も呼吸は楽でした。

マスク形状が立体で、しっかり形を保持するので、
通常の花粉マスクや、
resproマスクの頬の部分が湿気ではりついて不快ということもありません。

鼻の上あたりからも多少は空気は抜けるので、サングラスは多少曇る感じでしたので、
サングラスはちょっとしかしなかったのですが、
眼鏡を使っている人は、眼鏡側で曇り対策は必要かもしれませんが。

丸1日このマスクをして走りましたが、形状も変わらず保持してくれて、
快適なまま1日が終了。

白いので、1日走ると汚れは目立ってきますが、
そのままゴミ箱へぽいできてラクチンです。

翌日も副鼻腔炎にはならず、のどがおかしくなることもなく、
いいもの見つけました。

緑のある所を走るのが好きなグループの人達と、
ゆっくりと景色を眺めながらポタリングしてきました。
先日組み上がったVIGOREクロモリレーサーもついに本格デビューです^^

ペースが上がらないのは分かっていたので、
集合場所の橋本駅へ間に合うよう、少し早めに出発しました。
たんたんと一人で走りますが、集合場所までが今回の行程で一番つかれる区間でしたw
足に自信がなかったので、早めに行く選択肢しかありませんでしたが、駅へ一番のり!

待っていると、変わり種自転車のクルーズバイク リカンベントが登場。
このリカンベント、前輪駆動で車高も高いし、いままで見たことないタイプです。

集まったら出発し、まずは戦車道へ。
クルマの走らない戦車道、久しぶりにきたけれど、相変わらず気持ちいい道路です。

クルマが通らないということで、戦車道でリカンベント試乗会が開催されました。
持ち主は普通に乗ってますが、
この前輪駆動車、かなりのクセがあって真っ直ぐ進むのが大変なシロモノ。


足でペダルを漕ぐと、ハンドルの向きが変わってしまい、まっすぐ進むのが難しい・・。
なんとか乗れましたが、惰性で走る分にはいいのですが、発進やコーナリングが相当難しい・・・
はじめて自転車に乗ったときのようで楽しいといえば楽しいのですが、
まったく乗りこなせる感じがしない自転車でしたw

試乗会を終えて向かったのが鶴見川源流。
なんだか以前よりも柵がいっぱいあって、こんなだったっけ?と。

源流は休むところもないので、すぐに出発し、緑の多い農村地帯をのんびり進んでいきます。

別のお友達が雑誌に載った取材ポイントの手前のいい感じの道です^^行き止まりですがw
新緑が美しい季節。

そして取材ポイントのあたりで、担ぎです(やらせ笑)
私の友人達がパスハンターというジャンルの自転車に乗っていますが、
それなりに私も影響されている気がします。
考えてみると、案外このVIGORE、パスハンの条件にハマってたりしますw

小山田緑地へ向かう途中にあったレンゲ畑。

そして小山田緑地。
吊り橋あり、見晴らし広場あり、子供が遊ぶ広場もあり、なかなかいいところでしたー。

谷戸の道を歩きます。子供の頃に戻ったかのような風景です。

途中、休憩もしながら抜けていきます。

そして最後にお約束のスイーツw
アイスコーヒーを一気に飲み干しそうだったので、Lサイズに。
ケーキもコーヒーも美味しく、お店の雰囲気もとても良かったです

VIGOREでちゃんと走ったのは初でしたが、なかなか良い感じでした。
緑の中で赤いフレームもいい感じに映えていました。

最後に取り付けた保安部品は反射板。
法律的には、反射板または尾灯が義務づけられています。
県によって違うかもしれませんが、尾灯は点滅ではダメで、明るさも決められています。

車を運転していると分かりますが・・・、反射板だけでも、車のライトがあたるとけっこう光ます。
何もついていないと、直前まで気づかないこともありますよね。

個人的には、点滅、点灯しているフラッシャーついていればいいとも思いますが、
私の場合は、電池切れなどしてしまって、面倒で放置してしまうこともあるので、
必ず電池のいたない普通の赤色反射板1つは付けるようにしています。

フラッシャーも付けると、2つ赤いものがついてしまうのがいやで、
1つにまとめたいということで探してみました。

案外、フラッシャーと反射板が一体になっているものが少なかったです。
見つけても、乾電池式のは便利で良さそうなのですが、サイズが大きすぎたり・・・。。

そんな中、見つけたのが、
CAT EYE 自動点滅テールライト TL-AU165-BS 。

普通ですw
光るようには見えないほど普通ですw
これだ!と思いました(笑)

LEDの点滅はそれほど明るくないでしょうが、
反射板としてはきっちりJIS適合しているので、電池が切れても安心です(ここ重要)w

さらに、電源をオンにしておけば、暗くなると自動点灯してくれるので、
トンネルなんかで光ってくれるのもポイントが高いです。

バックステー取り付けタイプを買いましたが、
かなり細めのフレームにしか付かないようなバンドがはいってます・・・。
ロードのフレームだとまず付きません。ここだけは不評みたい・・・w

ビゴーレのフレームだと、ゴムを外せばかろうじて付きますが、
いっぱいいっぱいすぎるので、取り付け具は別のものにしようかと思ってます。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss