好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2008年09月11日

セキサイダー必要ないかもな〜と思ってしまった

PHOTO

セキサイダー 台形ショートタイプ

BD-1にはセキサイダーをつけていました。
でも、シートポストにリクセンを付けたら、
キャリア部分はいらないかなと思ってしまった〜。
だって重いし、 見た目もシンプルじゃないんだもん(-_-)
コロがし具合は最高なんだけどねー。

 

シンプルな輪行コロ発見!

ググッてみたら、「改ページ かいちの日記」というブログにいいのがありました!
商品ではなくて、アルミを買ってDIYで作るBD-1用の輪行コロです。
よ〜く見てみると、お願いすると図面を送っていただけるらしい。ありがたいですm(_ _)m
そして図面をもとに、東急ハンズなどでカットしてもらって、組むというのが一番カンタンそう。
さっそく、かいちさんに図面をいただいちゃいました(^^)

 

DIY製作とりやめで、友達に頼むことに

DIYは大好きなので、さっそく製作・・・・・と思ったけど、
友達に機械の設計屋さんいるじゃない〜。
かいちさんバージョンでも十分にかっこいいんだけど、
ビスなどを減らして、さらにかっこよく出来ないか相談しました〜(^^)/

BD-1を友達の会社に持って行って相談。
形はちょっと変えて、1枚のアルミ板をレーザーでカットして曲げ加工、
フラッシャー付ける部分もくりぬいて曲げ加工、それをブラックアルマイトで仕上げ。
それが一番安くできそう。
1枚のアルミから作るので、とてもシンプルになります。

 

図面をもとに図面を起こして発注

PHOTO

段ボールのダミー

かいちさんの寸法をもとに、
曲げ加工でいけるように友達に設計しなおしてもらいました〜。

ミスがあると費用が倍になっちゃうので、
図面をもとに段ボールでダミーを作ってサイズを確認。
穴の大きさの設計ミス発見・・ダミー作ってみてよかったー(^_^;) 

それから、フラッシャーのステー部分を、
コロに当たらないように移動してもらいました。

もう一回図面を確認して、加工業者に発注です!
あとは待つだけ〜(^^)

 

パーツ完成

PHOTO

コロ用のパーツ

パーツ出来ました。かなりしっかりしています!
アルミ折り曲げなので、
どうしても押さえつける部分にスジが入っちゃうけど、
とっても良い感じ〜(^^)
色はブラックアルマイト仕上げです。

 

組み付け

サイズ、バッチリでした〜。セキサイダーを外して取り付け〜。
アルミが5mmだったので、リアのスプリングクのビスは短かったので交換しました。

それから、取り付けた時に少し角度が出来るので、
フラッシャーのステーが少し下を向いてしまったので、ググッっと曲げて、水平に。

コロの幅が狭いので、セキサイダーのような使い勝手はちょっとキビシイけど、
とてもシンプルで良いデザインです(^^)

かいちさん、いとーさん、ありがとうございました。

PHOTO

横から

PHOTO

取り付け部

SPDを決意!PD-A530に!

BD-1にはSPDペダルはずっといらないと思っていたんですが、
乗鞍行くには必要でしょ〜ってことで、SPDペダルにすることにしました。

選んだSPDペダルは、シマノのPD-A530ペダル。
このペダルは片面がSPDシューズ用で片面が普通の靴用。
これなら普段使いの時でも問題なさそう(^^)
新しく出たモデルで、案外カッコイイのもSPD化を後押ししました。

PHOTO

表面

PHOTO

裏面

 

ボトルケージをTacx Taoに

いままではペットボトル仕様のケージがついていましたが、
絶対に走行中に水を飲みたくなると思って、ロードからTACX TAOを取り外し、
BD-1に装着しました。これでポラールのボトルが使えるようになりました!(^^)

 

装備重量で試走

どうせ今日から2日間職場に泊まり込みなので、装備重量で試走しながら職場へいくことにしました。

 

まずSPDペダルですが、SPDシューズが職場にあるので、普通の靴で行きました。
走り始めはSPD面が上に来ることが多いので、踏み換えなければいけないこともありますが、
BD-1純正プラペダルよりも断然いいですね〜。しっかりしてます!!
これはいい買い物しました!(^^)
職場に着いてSPDシューズに履き替えて試走。
いいですよ〜、ビンディング。自転車とくっついったかんじでラクラクです。

リクセン エクステンダーで取り付けたバッグも問題なさそう(^^)
乗り降りの時に気をつけないと、足が引っかかることくらいが気になるところでしょうかね〜。
ロードやクロスにも取り付けられる位置にプレートを付けましたが、
ロードでは使い勝手悪そうなので、BD-1専用にしちゃってバッグがもう少し下にくるようにすると、
とても使い勝手がいいかもしれない。

フロントバッグは大きい方がいいかなと通勤用を装着して試走しましたが、
フロントが重くなりすぎて、小径車の不安定なハンドリングがより不安定に(-_-)
これはいつも使ってる小さめのポタリング用バッグの方がいいかも。
(でも自宅へ取りに帰れないのでこれで行くしかないんだけど・・)

PHOTO

荷物を装備したBD-1

 

グリップをエルゴン コンフォートグリップ GCS2に交換

エンドバーがあった方がいいよなと、以前付けていたグリップとエンドバーに戻しましたが、
グリップがヘタリすぎていて、とてもだめ〜(-_-)
打ち合わせの帰りにY’S BIKE ROAD渋谷に行って買って来ちゃいました。
置いてあるモノからBD-1に合いそうなモノをセレクト。
使い勝手は当日までおあずけです〜。

PHOTO

GCS2グリップ

 

自転車と荷物の準備はOKです。
あとはなんとか仕事を終わらせて乗鞍へいくだけ〜。
仕事がんばらなくっちゃ!!

乗鞍に行きたいから

オートバイに乗っていた頃に乗鞍に行くチャンスを逃しているので、
自転車でエコーラインやスカイラインが走れることを知ってから、
とってもあそこを走ってみたくて仕方がなかった。
ヒルクライムのツライのはいやだけど、あの景色の中は絶対に走りたい。

幸い愛車のBD-1もW化してるし時間も取れそう。
行くっきゃないかな〜と思い、
早速BD-1をラク〜に数泊できる仕様に変更することにしました。

(急に仕事が入って雲行きが怪しくなってきましたが、準備だけはします!)

 

リクセン エクステンダー装着

以前京都に行ったときはキャリアに荷物をしばって走ったけれど、
かなり不便だったので、リクセンのエクステンダー(CK810)を装着することにしました。
シートポストに取り付けるアタッチメントでカバンをカンタンに脱着出来るようになります。

BD-1のシートポストは太いので、CO836というオプションの金具に付け替えてシートポストに固定します。

PHOTO

リクセン エクステンダー

 

エクステンダーに装着するバッグ検討

リクセンからはフリーパックメタというエクステンダーに装着できるバッグが出ています。
しかし、バッグは増やしたくないし、16000円以上するバッグを買うお金もない・・。
ということで、手持ちのカバンをリクセン化することにしました。

検討したバッグは通勤に使っていた「ドイター スーパーバイクL」と
かみさんが持っていた古い「Jack Wolfskinの自転車用」。
ドイターはアダプタープレートを付けれる部分が弱そうなのに対し、
Jack Wolfskinはプラスチックプレートが背中部分に入っているため、
フリーパックメタと同じような使い方が出来そうでした。

まあドイターの方は使い勝手も良く背負いやすいので、このままの方がいいですけどね。

PHOTO

裏側

PHOTO

左:ドイター 右:JackWolfskin

 

リクセン化

フリーパックメタを参考にすると、随分下側に金具がついていますが、
あれはロードなどのタイヤまでのクリアランスを考えるとああなるんですね。
取り付けの位置は将来的に使い回せるように、ロードに合わせることにしました。

背中部分に穴をあけてプレートを固定しますが、
今回は背中のプラスチックが曲面になっていて、付属のビスだと長さが足りませんでした。
5mm長いビスを探してきて固定。

早速装着してみます。

いい感じじゃん〜(^^)

ジャックウルフスキンのは背中部分が固いので型くずれせず、
荷物を入れてもフニャ〜とはならなそう!!
プレート部分もクッション分へこんだので、背負っても違和感が少なくて良かった〜。

あとはベルト等、邪魔なものを取ればバッチリですね。

PHOTO

BD-1に装着してみました

PHOTO

アダプタープレート取り付け

 

ついでにフラッシャーや反射板などの位置変更

反射板とフラッシャーも付けるところがなくなってしまったので、
セキサイダーに付けるようにしました。
細いキャリアの部分に付けるので、クランプは電材のプラのクランプを流用。
フラッシャーは新しくソーラー充電のものにしてみました。

PHOTO

フラッシャーと反射板

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss