好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

スターファングルナットを打ち込んでいなかったので、ハンドルはまだ仮組だったのですが、
使う機会がほぼないのだろうなぁと思いつつも、高価なものではなかったので買ってしまいました。

 

アンカーナットセッターをご購入

使用する機会がまずないので、リーズナブルなGIZA PRODUCTSのものにしました。
この価格なら、たとえ使うのが1回でも、ツールを自作するより良いきがします。

サイズは、1インチ用(25.4mm)と1-1/8(28.6mm)がありました。

VIGOREクロモリレーサーは、1インチのコラムです。
説明を読むと1インチは1インチのを使ってくださいと書いてありますが、1-1/8インチのものを購入しました。

シムをかませば使えると思ったこと、他の自転車にももし使うことがあったら、
最近のトレンドである1-1/8のほうが、まだ使用機会があるかもしれないということで。

 

スターファングルナットをセットして打ち込む

コラムと筒のサイズが違うので、変換シムをつけたままコラムの外側に筒をセットします。
スターファングルナットもコラムの上にセット。

そして打ち込みです。
上に押し込み用の機械をセットして、トンカチで叩いて押し込めば終了。
さすが専用の工具だけあってあっけないです^^;

アンカーナットセッターをはずせば、
ちゃんといい位置にスターファングルナットがセットされていました。
ハンドルをきちんと取り付けすることが出来るようになりました^^

まだサドルはどうしようかまだ悩んでいますが、
部品のあったブレーキとシートポストを取り付けたら、
いよいよ自転車らしい姿になってきました。

 

シートポストはNITTO S65に

たぶん定番的な商品なので見た目は普通ですが、なかなかキレイです。
NITTOってのがなんとなく渋く感じます^^

 

ブレーキはBR-6600アルテグラに

フロント・リア共に、カレラに付けていた時のナットの長さのままでフィットしました。
違うサイズのナットを探す手間がなくて助かりました^^;

それなりに長いこと使用していたブレーキですが、傷が付きにくい部分だからか、
拭いたらかなりキレイになったので良かったです^^

 

ちょっとずつしか時間がとれないので、
出来るところから順番に取り付けしていきます。

 

ボトムブラケットはBB-5500に

SIRRUSにクランクとセットで付けてあったボトムブラケットを外した時に、
回転のなめらかさを確認しました。

ゴリゴリ(笑)
スムーズな感じではありません・・・。カートリッジ式のBBなので交換してしまいましょう。

BBを何にするかですが、個人的には分解グリスアップの出来るBB-7700が気になったのですが、
たぶん一度はめたらしばらく分解掃除しないと思い、同じBB-5500にしました。

長期的なコストは分かりませんが、安いですしねw
グリスをBBのネジ山に塗り、組み込みました。

 

クランクを組み込み、固定ボルトをアルテグラのものに

コスペアは少し磨いたのでいいのですが、クランクを固定する中央のボルトがちょっと汚い・・・。
チェーンリングのボルトは磨けば綺麗になりそうです。
ここは、もし気になれば後で変えてしまってもいいですしね。

真ん中のボルトは写真では分かりませんが、黒い部分もイマイチなので、
オクタリンクのアルテグラのボルトとキャップに変えました。

自転車の顔といわれるクランクがついたら、すごく完成に近づいた気がしました!
一気に仕上げたいけど、ちょこちょこいきますw

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss