好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

組み立て

PHOTO

外観はこんな感じ

昨日帰ってから置き場所等を検討したけれど、どうやってもキビシイ大きさ!
なので、奥行きを10cm縮めるとこから始めます。
縮めた分は予定よりも高さをつけることにしました。

木を切って〜、ネジ打って〜、手を入れるところをフタ側にして〜
上の木と下の木をつなぐところはアルミの余っている板を巻きました。
バケツにあわせてプラダンを切ればカタチだけはできあがり〜。

上蓋部分は下の部分に乗せて、ゴムがなんかで引っ張る予定。
覗き窓はとりあえず、安いプラスチック板(透明です)。
すぐ曇るようであれば、使い捨て感覚に使用と思ってるので、養生テープで止めればいいかなと。

 

所定の場所に収めてみる

PHOTO

外観はこんな感じ

じゃまにならないところだから、ここで作業も出来ちゃいそう。
でも室内で使うなら、ダスト対策もしなきゃね〜。

ま、あとは、大きな音が出る作業はないので、夜中にでも地道にやっていきます!

昼間に2時間ほど時間があったので、ブラストのキャビネット製作にとりかかった。
家に余っている端材で作るので、大きさはテキト〜の現物合わせでガシガシいきます!

頭の中の構想では、手を入れるところは植木鉢、本体はベニヤ板の細長くなっちゃった端材、
足は錆びたアングル、 下の砂を集める所は養生用のプラダンの余ってる切れ端です。
大きさは、せっかくなので大きめに!

それにしても、材料がいろいろ余ってるもんだといつも思う・・・。捨てられないんだよな〜。

と、今日はここまで。仕事に行かなきゃね・・・。

て、どこにしまうのよコレ・・・・。

PHOTO

まずプラの植木鉢を適当にカット!

PHOTO

ベニヤを適当にカットして組んでいく!

PHOTO

捨てようとおもっていたアングルの足を付ける!

PHOTO

養生用のプラベニヤで三角を作る!

2007年12月25日

北米旅行に使ったXR100がボロボロになっているので、キレイにしたい。
そんな中で、いろいろ情報を調べていくウチに 、興味を持ったのがサンドブラスト。
アレは大きなコンプレッサーが必要と思っていたけど、
直圧式というのだと家庭用1馬力でも大丈夫らしい。

圧をかけておくメディアを入れておくタンクは、自作すれば1万円程度。
ウチにある道具で出来そうなのは、塩ビで作るのがラクそう。
ヤフオクでも自作っぽいタンクを1万2.3千円売っている方もいました。
こちらは消化器ベースなので圧をかけたときに安心ですので、
工具を多少買わなければいけないことを考えると、まあ買ってしまってもいいかなぁ。

キャビネットはウチに余っている木材で作れば、アクリル板と手袋を買うくらいで出来そう。
こっちは超安上がり。

面白そうなので、サンドブラスト作ってみます!

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss