好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

前回の漂白から3年ほどで檜板にカビが生えてきましたので、 再びヒノキのカビ取り漂白をしました。 水分に侵されない部分はカビてこないのですが、 アルミサッシ付近で結露する部分、シャワーの水がかかる部分、 タイルの少し上はどうしてもカビが発生しますね。   ウッドリカバリーで、天井部分のヒノキのカビ取り 前回漂白した時に3種の漂白剤を試しましたが、 ヒノキ部分

記事を読む

水道のハンドルをひねっても、水がポタポタたれてきます 洗面所の水栓のハンドルをひねっても、蛇口からお湯が止まらなくなってしまいました。 水が止まるまで、固く固くハンドルが締められているので、 自分が使う時にハンドルが回らなくてビックリします。 グローエのアラベスクは、2ハンドルの単純な仕組みなので、 自分でパッキンを交換して直してみたいと思います。   コマパッ

記事を読む

ナンバリングしておいたデッキ板を元の場所に張り直しました。   反った板を調整しながらデッキ材を戻す デッキ材はナンバリングの通り、同じ場所に戻していきます。 新しい大引きの上にのせたデッキ材も、 隣の大引きなどから元の穴位置がわかる部分が多く、 計り直さずに戻せてラッキーでした。 位置は計らずに戻せましたが、ときたま少し反っている板があります。 そのまま

記事を読む

シロアリで痛んだ部分の大引きの差し替えを終え、 デッキ材を戻す前にキシラデコールで塗装をしました。   キシラデコールで大引きを塗装 撥水性や塗料もちが良かったニューボンデンという塗料を使、 以前買ったものの残りが少なすぎて塗料が足りませんでした。 その隣に置いてあったキシラデコールは、 今回の塗装に使用しても余るくらいに残っていたので、 キシラデコールを

記事を読む

いよいよ大詰め! 8本目9本目の交換で、傷んだ木材が新しい木材に全部変わります!   切る場所をミスしましたが、傷んだ部分の大引きの交換が完了 最後の2本は間隔が狭かったので、場所をずらしてLにするほうが切りやすくて良かった・・。 後の祭りですが、奥側がノコギリを入れずらくけっこう曲がってしまいました。 手前を切り直せば良かったのですが、無精なんで切れたのでよしとし

記事を読む

暑さの中、がんばって大引きの痛んだ部分を2本交換しました。   作業も慣れてきてペースアップ やる時間が限られていたので2本止まりでしたが、 大分作業が慣れてきたのでペースアップしている気がしました。 作業は今までと同じで、傷んだ木をカットし、L字に継手をつくります。 新しいウエスタンレッドシダーをカットし、L字に継手をつくります。 コンクリートドリルで穴を

記事を読む

同じ作業の繰り返しで代わり映えしないですが、5本目を交換しました。   大引きをやっと半分交換 2本づつ進められれば早いのですが、真夏の酷暑にめげています・・。 平日の仕事の合間でやってるので、暑さがなくても1本しか進みませんが・・。 作業は4本目までと同じで、まず痛んでいる部分をカット。 鋼製束を設置して、 痛んでない木と、新しいウエスタンレッドシダーに継

記事を読む

シロアリ在住の一番ひどかった部分の大引を交換しました。 大引き4本目の交換になります。 夏の暑さがすさまじく1本分作業すると、 今日はおしまいと思ってしまい、なかなか作業がすすみません・・。   シロアリの蟻道を壊しても、すぐに復活 蟻道を見つけ、壊すと中からシロアリがたくさん出てきます・・。 壊したところのシロアリを殺虫剤で殺しても、 蟻道以外のところにたく

記事を読む

3本目は、柱が立っている部分なので、 ウエスタンレッドシダー2×4材を使って直しました。   柱がある部分の大引きは、風通しが良くなるように直しました 2×4のウエスタンレッドシダーが家にあったので、3本目を交換しました。 3本目のとことは、柱が立っているところで他とはちょっと違います。 柱の下部は金属で、大引きとは接触しないように2×4材で両側からはさむ作りにな

記事を読む

1本目と同様に2本目を取り替えました。 一気に作業する時間がないので、すべてを取り替え終わるまで、 同じ作業の繰り返しの日記になりそうですが、おつきあいください(笑)   木材をカットして継手をつくり、コーススレッドで結合 虫に食われてないところで木材をカットして、つなぐ木の両端を加工しました。 超単純な継手なので、線を引いてこぎりでこんな感じにすれば大丈夫でした

記事を読む

木材をまとめて発注する前に、 自宅に余ってたウエスタンレッドシダー4×4材で大引きを交換してみました。   大引きの継手 シロアリにやられて腐った部分を切り落とし、 つなぎ合わせる木材の端をL字型にカットします。 素人作業なので、こういう単純な形状にするのも難しいですが、 精度のなさは目をつむりましょう・・・。   鋼製束を立て、大

記事を読む

束や大引きを交換するために、シロアリに食われた部分を確認しながら、 修繕が必要な部分のデッキ材を外しました。   状況を確認しながらデッキ材をはがす 木を交換するのに必要な部分のデッキ材を外しました。 写真手前の方は、以前シロアリにやられたところです。 今はシロアリを確認できませんでしたが、木がボロボロなので交換です。 今年新たにやられていた所は、写真の

記事を読む