好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

半透明塗料を塗る

友達のたっての希望もあって、半透明の白塗料で本体を塗ります。

棚板などの塗装しなければいけないパーツはあるけれど、
白なので、子供達に触られて汚れてしまっては大変!ということで、
本体から倉庫内を片付けて塗りました。
外にはあんまり置いておきたくない色なので、
2回にわけて倉庫内で塗っていこうかと思います。

さて、使用した塗料は手持ちのプラネットカラーの白。
オスモのような塗料ですので、塗りやすいです。
最初から布で拭き取りのほうが、薄い感じには仕上がりますが、
角が塗りにくいし、なかなか色が付かなかったりもするので、
私は刷毛塗りをして、余分な塗料は布で拭き取るようにしてます。

写真は真っ白に見えますが、もうちょっと明るいところへ出すと、
木の上にうっすら膜がかかったような不思議な感じです。

 

PHOTO

プラネットカラー

PHOTO

白塗装

棚の取り付け

PHOTO

やっぱり強度が出なそうなので、
一番下の棚は固定棚にしました。
ビスでもんだのち、新たにピストルみたいな
パーツを作って横方向の強度も出しました。
あとは、高い場所に置くし奥行きも短いため、
転倒防止パーツの取り付けを考えています。
そこまでいったら塗装だなぁ。

きりかきを入れる

PHOTO

きりかき

このラック置き場は後ろ側に木がまわしてあるので、そのままでは前へ出さないと置くことが出来ません。
奥までピッチリとラックを入れられるようにノコギリでキリカキをいれました。

 

最上部の棚に取り付けるパーツを作る

PHOTO

パーツ

一応友達には、1段目と3段目は固定棚で2段目を可動式にすると言ってあるのですが、
固定棚は最上部のみにしてあとは可動式の方が入れるものに制約がなくなるので出来ればそうしたいと思っています。
そのため、なんというか知りませんが一番上には隅金みたいな補強パーツを入れつつ下部に板を一本入れてみようと思っています。
強度がイマイチだったらヤメちゃうけど・・。

さてその最上部の棚の下と横の板をむすんでグラグラしないためのパーツを切り出しました。
まあ三角形でも板を通しで付けても良かったのだけれど、
なんとなくRをつけたくてジグソーで切りました。

 

子供のピストルを作る・・・

PHOTO

子供が遊ぶピストル

最上部のパーツを切った頃、息子がやってきました!
パーツを持って「バンバン!」とかやり始めるじゃないですか!たしかにピストルみたいだ〜〜。
ここでムラムラっと来て、子供に「ピストル作ってあげるよ〜」と言ってしまいました。
ラック作業を中断して、ピストルを作ります。
糸鋸は持っていないので、切れそうなラインをその辺の端材に形を書いてジグソーで切っていきます。
先端や角は当然丸めました。
出来たものを渡すと嬉しそうにママへ見せに行きました!
子供の嬉しそうな顔を見入れて良かった〜とか思ってたら、息子が来て、「ねえちゃんのぶんもつくって!」と・・・。
仕方ないので、もう一個製作・・。

 

中途半端に組み立てる

PHOTO

全然出来てない仮組です

余計な時間を取られてやりたかった所までいきません!!
ぐらつかないようにする補強の板をどこに入れるか悩んでるので、とりあえず形を見たくなり、
出来てるパーツだけスレンダースレッドで仮組だけしてみました。
う〜ん想像していたよりもデカいな〜。
スレンダースレッドだと絶対に強度が出ない作りなので、
後でビス穴の部分を座ぐりしつつ、コーススレッドに打ち変えます。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss