好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2008年07月16日

書棚完成!

まず間違えて開けてしまった穴をふさいだ木栓をアサリのないノコギリで切って、
サンドペーパーをかけてごまかします。
そして棚板2枚を作って、残りのダボ打ちをして完成!!

棚は全て動かすことが出来ます。

サイズ:H1820×W535×D300
材料:パイン集成材
塗装:無塗装

 

搬入&設置

PHOTO

PCデスク&書棚

友達は今日休みだったので早速搬入。
以前作ったパソコンデスクの脇に置きます。
う〜んピッタリ!!これはかなりの収納力でしょう

 

玄関脇のラックもチェック

PHOTO

玄関ラックその後

今のところこんな感じに使われていました。
見えづらいけど、ヘルメットが4つ置いてありました。

 

2008年07月15日

棚板のカットと背板のカット

PHOTO

背板の形状

まずは、この前出来なかった棚板のカットをして、トリマーでダボ位置を彫り込み。

そして背板をジグソーで四角く穴をあけました。
これは、背板で背面を補強しておきたかったことと、棚にPC周辺機器を置く可能性もあるため、配線ができるような形状にしたかったのでこんな風にしました。
穴あけるのめんどくさかったけど、デザイン的にもオシャレかも。

 

組み付け

PHOTO

完成間近の書棚

背板をミニビスで裏側にとめて、カットしてある棚板を乗せました。
棚ダボ位置が微妙にズレているのがあって、それにあわせて棚板を少し調整。
間違えて開けてしまったダボ用の穴が一カ所あったので、木栓作って埋めておいたのはナイショです。
これで完成のつもりでしたが、PC周辺機器を置くことを考えると、各棚の間にダボ穴をもう一カ所ずつ増やしておいた方が良さそうです。

2008年07月10日

今日は休めちゃいそうだったので、頼まれもの3つめ-書棚の製作にかかります。

 

本体の木材カット&溝掘り

PHOTO

背面部分に溝を掘りました。

まずいつものようにマルノコでパイン集成材をカット。
カット後はカンナで角を面取りしておきます。

そして、背面部分にはシナベニヤを貼る予定なので、
シナベニヤの厚み分をトリマーで彫り込み。

トリマーだと木材の途中でとめた部分の
角が丸くなっちゃうので、ちょこっとだけノミで削って
角を出しておきました。

 

ノミは以前買った安物なので、かな〜り切れ味が悪い!
もっといいノミがほすぃ!
いいノミがあるともうちょっと凝ったことできるのかなぁと。

 

組みたて&棚ダボ打ち込み

PHOTO

組み立てるとこんな感じ

裏のシナベニヤのカット前に組み立ててみます。
板どうしの止め方は、
ビスがほとんど見えない部分に来るし、
引っ越しの時も分解がラクなので、
普通にコーススレッド止め。

書棚の高さを1820mmにしたので、
結構やりづらい・・。

棚板は取り外せるように、いつものようにダボ方式。
ドリルで穴をあけて、トンカチでダボを打ち込み。

基本5段にしたので、1つの棚の高さは342mmくらいになります。
本人と話して、5段で良いとのことだったけど、
気分が向いたら、棚板と棚板の間に
もう一カ所づつ打ってもいいかなとは思ってますが。

 

 

背板をカット

PHOTO

左のが背板

トリマーで彫り込んだ溝の大きさに合わせて4mm圧のシナベニヤをカット。
続けて棚板をカットしようとしたら、仕事の電話が・・・(T-T)
速攻片付けをして、出勤。
今日できちゃいそうと思ってたんだけどなぁ。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss