好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

20160212-IMG_9061

お風呂の木製ドアはたびたびカビスケにてカビ漂白をしていました。
漂白力が強く白くなりすぎるのですが、カビはかなりしっかりと漂白されるのでこれはこれで良い製品と思っていました。

ドアは床面からの湿気をもろに受け、カビや腐食の進みが早いのですが、
浴槽からタイル4枚を経てその上にあるヒノキ板は10年以上ノーメンテであまりカビもはえずにきていました。
しかし10年を超してくると、浴槽のサッシ部分の結露で水がかかる部分、シャワーの水がかかる部分に関してはカビが目立ちはじめました。
また、カビではないのですが、白銀化してきている部分も増えてきています。

白銀化自体は別に良いのですが・・・カビは落としたい。カビを落とすとおそらく白銀化部分も漂白される。
ヒノキの赤みを帯びた色味は好きなので、漂白して白くしすぎることはしたくない。
いままで使っていたカビスケだと白くなりすぎて味がなくなりそうなので、いくつか薬剤を取り寄せ試してみることにしました。
サンダーで削るということも考えましたが、ホコリがすごそうなので薬剤でなんとかしようかと。

カビ部分だけ漂白するとその部分だけ漂白が目立つため、結局面を全部やったほうが良いと思うので、
極力雰囲気を損なわない薬剤がベストです。

エントリーは・・・

●ミヤキ カビスケ
●信越化学工業 ウッドリカバリー
●アサヒペン 白木漂白クリーナー

ちゃんとした比較写真は撮ってないのですが^^;;
目立たないとこで何度かテストしました。

どれも漂白能力はあるのですが、特徴がそれぞれです。
試す木材の種類、薬剤の濃度によって違うと思いますので、参考までにヒノキの板張りに試した感想を書きます

やはりカビスケは漂白力がすごく、カビしっかり消えますが白くなりすぎる感じ。塩素臭もきつめです。
ウッドリカバリーはそれほど色がかわらない。白銀化部分とかカビ部分は赤みがある感じに。(さらに塗って行くともっと漂白されるのかは謎)
白木漂白クリーナーは酸素系で、粉と液をまぜて使うのですが、けっこうくすんだ色になりました。しかし杉でできた洗面台では色変わらず一番いい感じでした。

ま、そんな感じで2週間くらいどうやるか悩んでましたが、ウッドリカバリーが雰囲気を壊さないで漂白出来そうなのでこちらをメインに使い、
しつこいとこは削るか別の薬剤を使ってなじますか、みたいな感じでやってみようと決めました。

タイミング的には朝しかやるタイミングがないので、何度かにわけて施工します。

●まず風呂窓際のカビをウッドリカバリーしたもの。
これで2度ほど塗ってます。
かなりきれいになってくれますが、ウッドリカバリーだとこの先はなかなか赤っぽい点々が抜けないので、
もう一回くらいこの辺だけやってみて別の方法で見た目を綺麗にしようと思ってます(検討中)

20160206-IMG_9011 20160211-IMG_9024

●天井部分をウッドリカバリーを2回したところ。
分かりにくいですが、他の面は白銀化してきているとことが濃いです。
天井部分のやや黒っぽいところが白銀化してたぶぶんですが、
黒が薄くなって赤みがプラスされてるので、写真でみるよりも違和感少ないです。
写真だと分かりませんが、木の白身部分は若干くすんだ感じになりましたが、
微妙になのでこれは比較しないと分からない感じでぱっと見は施工前の壁と並んでも違和感は少ないです。
他の面は別の日に地道にやっていきます。

20160212-IMG_9060

 

●側面部分をウッドリカバリー1回したところ。
真ん中から左が正面の壁、右側が側面の壁。どちらも白銀化は同じくらい進んでる部分。
施工してから半日もたってないので翌日みるともっと差がでてくると思いますが、こんな感じに薄くなっていきます。
光のあたり方が違いますが、色味とかそれほど違和感ないのが分かるでしょうか。
たぶんもう一回やって落ち着くといい感じになる予感。

20160212-IMG_9059

 

●カビスケで塗った部分
一番浴槽に近くシャワーがかかる部分はけっこう落ちなそうな予感があり、カビスケを使いました。
何度か塗ってますがけっこう真っ白に。ヒノキ板張りのカビ部分も塗ってしまったので、塗った部分がムラに^^;
上部はウッドリカバリーして、ムラになった部分はペーパーなのでなじませてごまかすつもりです。

20160129-IMG_8965 20160211-IMG_9027

少しずつやってるので漂白作業はまだ時間かかりますが・・・が漂白がいい感じにできたたら、
保護のためミヤキの木肌一番とか、油とか、なんかしら塗って保護しようかなと思ってます。
ちなみにドアは漂白作業が終わり、木肌一番というのを塗ってみましたが撥水性が良かった。
油と比較してどんくらい持ちが違うのか・・・それも気になります。

[DIYとマイホーム]

2016年01月21日

20160121-IMG_8950

勢いで・・・玄関塗装しました。
元がすごい状態になってたのでキレイに見えますが、ペーパーがけが適当。。

せっかく木の色が見えたので、塗料はキシラデコールのやすらぎにしてみました。
薄いベージュっぽい色が一応ついてますが、ほとんど白木に油ぬったような印象の仕上がりです。
上の写真は塗った直後なのでまだウェットですが、乾くともっと落ち着くのかなと。

木部の塗料を自然塗料からキシラデコールに変えてるのですが、
比較するとやっぱり塗った時はくさいですね・・・。

下の1枚目が塗装前の扉、2枚目がペーパーかけたとこ、3枚目が塗料です。

20160116-IMG_8880 20160121-IMG_8940 20160121-IMG_8947

[DIYとマイホーム]

2016年01月09日

20160109-DSC06365

状態が悪くなってる部分があってけっこう前から塗装やりたかったのですが、忙しくてぜんぜん余裕がなく・・・。
とにかくあまり状態の良くない場所から塗っていくことにしました。

うちは北側が谷のようになって風雨を遮るものがありません。なので北側部分とにかく痛むのです・・。
北側部分はベンガラで塗った格子の扉とお勝手口への階段がありますが、
階段の上部にある柵の手すり上面はすでに朽ちてきました。
手すり部分だけが傷んでいるので、そこはそのうち木材を交換しましょう・・。

階段の踏み板部分も少し傷んできてますが、踏み板の交換は大変なことになるのでとにかく塗装。
塗料はキシラデコールにしました。ついでに色が薄くなっていた壁も塗装。

そして中庭部分のパーゴラの柱部分と土台の部分を塗装。
ツタ系の植物がだいぶ増えているので、まずは剪定して塗れる状態にするのがめんどかった><

今日塗った柱や土台はまだ問題ないのですが、中庭側の土台部分は補修してからでないと塗れない・・・。
土台部分は通路側と中庭側でいえば、中庭側が圧倒的に状態が悪く手で割れるほど朽ちてる部分が><

土や植物、枯れ葉などの湿気があるからか、デッキ下の柱サイドの木材が腐ってます。
水道回りの土台も見えないとこで朽ちているですけどね・・・。
こっちは水分だけでなく、虫が柱の中に入ってしまって気づくの遅れたってのもあるんだよね・・・><

反対の通路側は塗料は落ちて白くなってたけど、木はなんとか大丈夫。
幸い、ウッドデッキは両サイドの床下の柱だけが木材で、
中央部分は金属で支えてるので床が落ちることはないのですが春までに補修したいな。

デッキ上面のイペは強いけど、柱部分のレッドシダーやヒノキは条件悪いとやはり持ちませんね〜。
中庭の側の朽ちている部分は手入れもしにくい構造なので、メンテしやすいように補修したいな。
朽ちた部分の写真はそこを直すときに(笑)
とにかく他の部分を早めに塗っとこ。。

20160109-DSC06346 20160109-DSC06356 20160109-DSC06358

[DIYとマイホーム]

2015年11月16日

20151116-IMG_8487

子供部屋できました。室内はこんな感じです。
ベッドの向こうは屋上への通路になっています。
写真では通路の仕切りがないですが、実際はベッドから布を垂らして緩く仕切ってあります。
板を買ってきて貼れば壁はできますが、あんまり通らない廊下なので布方式でいいかなと思ってます。

20151116-IMG_8482 20151116-IMG_8480

 

[DIYとマイホーム]

2015年11月15日

20151115-IMG_8473

キャッチはマグネットにしたので、戸当たりの部分にマグネットをつけて接着材で固定しています。
ドア側には金属プレートと取っ手を取り付け。
出来あがりは〜もおうすぐ^^

20151115-IMG_8472 20151115-IMG_8476 20151115-IMG_8473 

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss