好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2013年08月03日

戸田へ釣りに行ってきました。
夜は雨予報だったから、クルマが横付けできる新護岸に行ってみましたが、
クルマから降りるのもイヤになるくらいの雨(汗)

雨が弱まった頃に、仕掛けを投げ入れてクルマで待機みたいな^^;
最初に上がってきたのはクロアナゴ1m。ちょっと触るのコワかった^^; ;
イカエサです。
イワイソメでも狙ってみましたが、こっちはかじられて終了ってパターンばっかり。。
エサ取りが多いんですね、たぶん。

両軸でド遠投してるオジサンが太刀魚を1本ゲットしたので、
タチウオをやってみようということで、やってみる。 近投だけどね^^;

なんどか投入しているとアタリ。
じっくりやってみるが、かからず。魚の感じがあったのでたぶんタチウオ。

その後は沈むんだけど、浮いてきたり少し沈んだままだったり。
何度か竿に聞いても手応えはない。
これはタチウオはないなということで、そーっと引いてきてみるとイカでした。
エイッって引っ張ったら、岸壁に上がってきて釣れちゃいましたイカ(笑)

結局アナゴを追加してもう眠いので朝まで仮眠。おやすみなさい。

 

明るくなってきた暗いころ、違うオジサンが釣りを始めていた。
いきなり何か釣っている。聞いてみるとカマス。キビナゴで釣ってました。

おれは外に置いてあった投げ竿で弓角をやることに。
そしていきなり釣れる(笑)

とにかくカマスが釣れているうちはガンガン弓角。
隣の両軸のオジサンも起きてきて、カマスが釣れているのを見てジグを始めました。

この場所は、カゴ師が多いみたいなことが書いてあったけどカゴ師は一人だけ^^;
他はツノかジグかキビナゴエサで足下^^;
みんな常連っぽかったけど、ツノやりやすかったです^^

アタリがなくなってからカゴとか投げサビキやってみたけれど、
小魚しか釣れませんでした><

この日、戸田新護岸の釣果は、
マダイ狙いのカゴの人は何も釣れず、ジグとツノの人はカマス。
足下をキビナゴでカマス。投げサビキでシイラ、ネンブツ、アイゴ。
足下サビキの人はネンブツとアイゴという感じでした。

昼前にとても暑くなったうえ、
アタリもなにもなくなったのあがりました。
早朝組みはみんな暑いので上がってました^^;

 

後日、クロアナゴはどう食べようか悩んで検索。
どうやら骨切りをした上で、唐揚げにするのが一番良さそうなので、
そのようにしてみました。けっこうイケました。小骨も気になりません!
そしてめっちゃ食べ応えがありました^^

小さい方はマアナゴだったので煮付けにしましたが、
こちらはもう少し小さいとウマいんだよねぇ〜

photo 01Clickで拡大

戸田新護岸

photo 03Clickで拡大

アナゴをさばく

photo 04Clickで拡大

骨切りしたアナゴ

photo 05Clickで拡大

アナゴの唐揚げ

photo 06Clickで拡大

アナゴの煮付け

2013年01月05日

初釣りは伊豆へ行ってみました。
堂ヶ島あたりでやりたかったのですが、
西風が強かったのであきらめて、近めのとこを適当に探しながら南下。

伊豆へ入ったあたりの風裏の漁港で数人の釣り人を発見しましたが、
あんまり釣れなそうなので、パス。

行ってみたいと思っていた所は風がすごくて全然ダメそうで、
波がバッチャンバッチャン。

西風に強いと書いてあったポイントを見てみるが、浅い。
別に浅くても良いが誰も釣れてなさそう。風はほぼ無風に近く西風には確かに強い。
投げ師とチヌ師がメインな場所でした。

いちおうそこを候補にしてしておいて、別の港へ。 ここも西風には強かった。
ここは見渡すとほぼカゴ釣り。
風裏になってるからか、非常に混んでいたので躊躇しましたが、
帰る人も出始める時間なので^^;竿を出してみることに。
富士山がとても綺麗に見える港でした^^

とりあえず底の様子も知りたいので、投げてみる!
堤防の岸から伸びている部分はけっこう砂地。途中でかけあがって、岩ゴツゴツ。
奥のL地の先は、どうやってもどっかでひっかかる><

とりあえず投げてたら、コトヒキっぽい魚が釣れた。
尻尾の部分とかにスジも入っていないし違うんではと思ってますが、
調べてもなんだか分かりません。
これが今年の初物^^;ちなみに2匹目はネンブツダイ^^;

投げでは、魚系のエサでヒラメ狙いな人が何人かいました。
エイとウツボしか釣れてるの見ませんでしたが、
良いときなら何か出そうな感じではありました^^

さて、投げを試した後、みんなにならってカゴ釣りをはじめます。
しかし釣れない・・・。何も釣れない。
まわりの常連らしきオッチャン達も
「今日は全然ダメだねぇ。カマスもつれね~や」と言っています。

少なくとも普段はこの時期にカマスは釣れることが分かりました。
朝帰る人がヤリイカを釣っていたので、ヤリイカも出るみたいです。
「今日は全然1匹だけ」と言ってたんで普段はもっと出るっぽい。

まわりでカマスを釣った人もいましたが、 オレにはアタリゼロでした(笑)
ま、こんなもんです^^

そんなこんなで、翌日。
なんか悔しく(笑) 、違うとこ行きました。

そこでは、いきなりメジナきちゃいました^^;
メバルとかも釣れるんだけど、メジナがとにかくかかって、5枚。
サイズは25〜28cmくらいでした。

冬メジナはお刺身で堪能^^

photo 01Clickで拡大

コトヒキっぽい魚

photo 03Clickで拡大

メジナのお刺身

2012年08月19日

海水浴の後、夜の1.5時間と朝の1.5時間で釣りをしています。
例年ここでは、ネンブツダイかオオスジイシモチという小魚しか釣れません。
なので、今年は思いっきり狙いをチェンジして挑んでみました。

夜。誰も居ない堤防で投げを打つ。狙いはマダイ(笑)
事前にポイントは調べてきたが、様子が分からないので探りながらいろいろ投げてみる。

すると、比較的近めに投げた細糸仕様にアタリ。リールのドラグがなり糸が出ていく。
合わせると・・・瞬殺(笑)ミチイト4号が天秤ごと持って行かれました。
太糸仕様にかかってくれれば(苦笑)

途中、太糸仕様にも細糸仕様にもオオスジイシモチ(笑)やっぱりコイツはかかるのね^^;
そして、ウツボ(笑)
比較的砂地が多いんだけど、岩礁よりに投げたら来ました^^

そして再び、勢いはないものの、細糸のほうのドラグがジー。
にょろにょろ系の引きで上がってきたのは、80cmくらいのクロアナゴ^^
糸細いので砂方面であろう方向に投げておきました。

さらにアナゴを1匹追加して、夜の部は終了〜。
今年は作戦を変えて大正解。来年こそマダイ(笑)

さて、朝の部です。

朝の5時半すぎ、すでにカゴ釣りしてる人が4名。
良いポイントにははいれませんでしたが、中央付近から遠投して弓角で勝負。

何投かして乗りました^^
上がってきたのはソウダガツオ。引きがとっても楽しいのです^^

ツノ作戦も大正解。コマセもいらないし短時間勝負にはもってこいでした。
投げ竿で投げまくって引きまくりなので、疲れるけどね^^;

30cmちょいのソウダ3匹釣ったとこで時間切れ。来年はイナダ釣りたいな

photo 01Clickで拡大

オオスジイシモチ

photo 02Clickで拡大

ウツボ

photo 03Clickで拡大

クロアナゴとソウダガツオ

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss