好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

20150714-IMG_4026

ダイワ フリームス11 3520PE(旧モデル)の写真を
うちの中でいちばん自然光がいい感じに入るところで撮ってみました。
夏休みに1時間1本勝負のジグかツノやりたいので糸巻いとかなきゃw 

[釣り]

2014年06月19日

投げ用リールファインサーフの糸巻きがおかしくなった。
糸巻き部分が、でっぱったり引っ込んだりしない状態><

ファインサーフはドラグなしの廉価モデルで、置き竿なんかとてもしにくいわけだけど、
置き竿をほとんどしない私には、軽くいのでけっこう使い勝手がいいんですよね〜。

仕方ない、バラすか。

とりあえずバラしてみると、内部のネジが緩んでて、
溝から出っ張りが外れてしまうので(なんと説明してよいか^^;)、
動かなかったみたい。

ネジしめたら無事動作しました〜^^
買わずに済んで良かった^^

photo 01

バラしたリール

[釣り]

2014年05月13日

連休に息子と釣りに行ったとき、竿の上をキックスケートが走り去り竿が折れました。
あの混雑で子供も多いし致しかたないです。
もっともそういうコトも見越して安竿使ってるし、自分が普段使う竿は持っていってませんが^^;

セールで1980円で買った竿とはいえ、サビキ釣りには案外使い安い竿なので補修することにします。
こんなこともあろうかと折れた竿は捨てずにパーツとしていくつか持っていますので、
折れた部分を違うものに差し換えるだけです。

案外サイズが合わないんですが、いくつか試すとちょうど合うものがありました^^
コンパクトロッドのものなので無意味に継数が1つ増えますが、まぁいいでしょう^^

ガイドはライターであぶってあげると取ることができます。
ガイドを外して取り外せるようになったら、
ダメな部分を外して代わりのモノに差し換えてからガイドを付ければ以上終了。
ガイドは瞬間接着剤でくっつければオッケーです^^
古い接着剤が残ってて奥まで入らない場合は、その部分を削ってあげるとキレイです。

といいつつ、写真を見ると、つぎなおした手前のガイドが外れかかってる〜><
ここは一回はずしてとめ直そうっと^^

photo 02Clickで拡大

折れた竿

photo 03Clickで拡大

差し換えた竿

[DIYとマイホーム]

2013年01月26日

クルマの天井部分に竿を置く所を作っている人をよく見かけるんだけれど、
私のクルマは天井が低くてそれが出来ない。
オマケに竿を前後方向に置こうとすると、頭上の邪魔の所まで来てしまうしね。

しかし、バサッっと荷台に置いておくと、荷物を置くときに竿が邪魔。
荷物が竿に落ちて竿先が折れたこともあったしね。

振り出し竿だけならば幸い横方向に収まるので、台を作ってみることにしました。
材料は家にあったパイン材。
奥行きは、材料なりで、左右だけあわせて切り、足をビスで取り付け。
竿が落ちにくいように、
転がってたプラ材料(床下の通気を確保するやつ)を切りビスどめ。

それをクルマに乗せて転がらないようにヒモで縛りました。
なかなか良い感じになりました^^

photo 03Clickで拡大

竿置き台

photo 04Clickで拡大

クルマに設置

[釣り]

2012年12月10日

11月に、古い大型のドラグ付きリールを5Mほどの高さから落としてしまい壊してしまいました。
大型のドラグ付きは投げ放置の時に便利なので、修理すべく分解。
故障箇所は一目瞭然で、部品が割れてました><

1980年代のリールなので部品があるか怪しいものの、聞いても良かったんですが、
まずはダメもとでパテでやってみることにしました。

とりあえず元のカタチに戻して部品を組み込んでみるが、ビスがしっかり締まりません^^;
仕方ないので、え〜いとパテで固定してしまいました^^;;

まぁそんなで強度的には疑問ですが、ちゃんと動作。
試しに使ったところ、小物なら問題ありませんでした(笑)

photo 01Clickで拡大

割れた部品

photo 02Clickで拡大

元のカタチに

photo 03Clickで拡大

パテで埋める^^;

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss