好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2016年08月09日

20160614-DSCF7157

20150826-DSCF9161

今持ち歩いているFUJIのX-M1は本当に被写体に接近して撮れないため、
手軽に持ち歩けそうなXマウント用の接写リングを先月購入しました。
あ、ケースは100均の品です(笑)

接写リングは厚みがが10mmと16mmが入ってきます。

10mmの方を使用しても、
普段使用している27mmレンズでは、寄りすぎても引きすぎてもピントがあいません。
正確に計ってはいませんが、感覚的に3〜4cmで合うとかそんな感じです^^;
合焦できる範囲が極端に狭い^^;;

27mmレンズだと寄りすぎになることも多くピントがシビアなので、
キットでついていたもう一本の16-50mmレンズ(50mm側)も使ってみました。

こちらだとけっこうな範囲でピントがあいますし、
画角がほどよくなるので使いやすそうです。

どちらのレンズを使うにしと、
組み合わせで画角は決まって使い勝手がいいものではありませんが、
ツボにはまれば面白そうな遊び道具です^^

リングは小さく鞄に入れておけるサイズなので、
鞄にしのばせておいて、どうしてもマクロで撮りたいときにはいいかもしれません。
これ使うと思ったよりじっくり撮る感じになるので出番少ないかもしれませんが、
適当に遊んでみようと思います^^

さて、実際撮ってみた写真です。

下の左側:27mmレンズ+5mm接写リング。けっこうホコリがついててごめんない(笑)f4.5
下の真中:27mmレンズ+5mm接写リング。この組み合わせだと大きな花はこんな感じになります。f5.6
下の右側:16-50mmレンズ+5mm接写リング。50mm側で撮りました。f5.6

20150820-DSCF9099 20150907-DSCF9500 20150907-DSCF9443

 

 

2015年06月10日

20150609-DSC05034

そういえば中古で買った一眼の写真なかったなということで撮りました。
今年購入した40D中古は、たいていの中古ショップで2万円台で買えるお値打ち価格(笑)
メインのコンデジより安い〜^^;

一般的には新しいほうが写りいいし安心だけど、
画素数が多少低いだけで写りは十分だし、質感とか撮ってる時の満足度はこっちが上な気がするなー。

高感度が弱いのは確かだけど、ISO800までしか見るに耐えなかったKissDNと比べれば
ISO1600までなんとか見れる40Dは、
個人的にはたいていの場所でそんな苦労することなく撮れてる気がしてます。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss