好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

[ライフ]

2016年08月09日

20160614-DSCF7157

20150826-DSCF9161

今持ち歩いているFUJIのX-M1は本当に被写体に接近して撮れないため、
手軽に持ち歩けそうなXマウント用の接写リングを先月購入しました。
あ、ケースは100均の品です(笑)

接写リングは厚みがが10mmと16mmが入ってきます。

10mmの方を使用しても、
普段使用している27mmレンズでは、寄りすぎても引きすぎてもピントがあいません。
正確に計ってはいませんが、感覚的に3〜4cmで合うとかそんな感じです^^;
合焦できる範囲が極端に狭い^^;;

27mmレンズだと寄りすぎになることも多くピントがシビアなので、
キットでついていたもう一本の16-50mmレンズ(50mm側)も使ってみました。

こちらだとけっこうな範囲でピントがあいますし、
画角がほどよくなるので使いやすそうです。

どちらのレンズを使うにしと、
組み合わせで画角は決まって使い勝手がいいものではありませんが、
ツボにはまれば面白そうな遊び道具です^^

リングは小さく鞄に入れておけるサイズなので、
鞄にしのばせておいて、どうしてもマクロで撮りたいときにはいいかもしれません。
これ使うと思ったよりじっくり撮る感じになるので出番少ないかもしれませんが、
適当に遊んでみようと思います^^

さて、実際撮ってみた写真です。

下の左側:27mmレンズ+5mm接写リング。けっこうホコリがついててごめんない(笑)f4.5
下の真中:27mmレンズ+5mm接写リング。この組み合わせだと大きな花はこんな感じになります。f5.6
下の右側:16-50mmレンズ+5mm接写リング。50mm側で撮りました。f5.6

20150820-DSCF9099 20150907-DSCF9500 20150907-DSCF9443

 

 

ギャラリー

2015年06月10日

20150609-DSC05034

そういえば中古で買った一眼の写真なかったなということで撮りました。
今年購入した40D中古は、たいていの中古ショップで2万円台で買えるお値打ち価格(笑)
メインのコンデジより安い〜^^;

一般的には新しいほうが写りいいし安心だけど、
画素数が多少低いだけで写りは十分だし、質感とか撮ってる時の満足度はこっちが上な気がするなー。

高感度が弱いのは確かだけど、ISO800までしか見るに耐えなかったKissDNと比べれば
ISO1600までなんとか見れる40Dは、
個人的にはたいていの場所でそんな苦労することなく撮れてる気がしてます。

ギャラリー

2015年05月08日

20150505 (26)

普段使うために買いかえた24mm f2.8 IS USMは、IS付きなので手持ち撮影で滝が綺麗に撮れます。
とても使い勝手が良く買い換えて良かったと思ったレンズです。
売れ線のパンケーキレンズに比べ、IS(手振れ補正)付きのこちらはコスパ悪く感じますが、
個人的にはISがかなり使えたのでこちらにして正解かなと思ってます^^

先日旅行に行ったとき、40Dに24mmを装着していってみました。
スナップに便利な24mm(35mm換算で38mm)は、
景色から人物までオールマイティに撮れ、大きさがほどよくて操作感もよかった。
邪魔にならないサイズなので、
肩からぶら下げながら家族の歩くペースに合わせながらでも気持ち良く写真を撮っていけます。

操作感や邪魔にならないという事ではパンケーキ24mmでも同等と思いますが、
スローシャッターへの可能性を考えると、
個人的にIS(手振れ補正付き)は大きなアドバンテージに感じました。

どこまでスローシャッターがいけるのかは試していませんが、0.4秒でも手振れなし。
現代のテクノロジーすごすぎて、気持ち悪いくらい^^;

またISは夜のたき火や室内などでも威力を発揮しました。
暗い場面での手振れ写真がほとんどないのは驚異です。

作品作りという観点からはもっと違う選択があると思いますが、
気軽に撮っていくレンズとしては、コレ最強かもしれません。

20150429 (1)20150505 (34)20150506 (2)

20150424

夜の魚の写真を撮る時にあると面白いなぁと思って、安いLEDライトを買ってみました。
上の写真が逆光でそのLEDライトを光らせて撮ってみたものです。

160球の明るいものが売れ線みたいだけれど、単三電池6本使うし大きいので却下。
その下は48球で単三電池2本で三脚穴用のブラケットもついているけど、3980円程度とやや高い・・・・。

自分的にはコンデジのRX100につけるので、三脚穴用のブラケットは欲しい。
色温度を変えるカラーフィルターはRawの時変えれるので必要ない。
明るさは明るいほうがいいけれど、電池は4本まででコンパクトなものがいい。

と探してみたら・・・2900円(税・送料込み)で54球、そして明るさが調整可能なものがありました。
Yongnuo YN0906 って商品。ちなみに電池は4本。

室内で補助的にライトを使って物を撮ったり、暗めなところで小物を撮るには十分な明るさ。
逆に真っ暗な部屋で人物や大きなものを撮るのは厳しいです。
どの程度の明るさが欲しいかは人によりますが、自分的には十分な感じです。
ちょっとこれで遊んでみます^^

20150424 (1) 20150424 (3) 20150424 (2)

左:ホットシューにも装着できますが、RX100の場合は三脚の穴を利用して取り付け。右にも左にも装着OK。
中:本体と袋とブラケットがついてきます。
右:裏面とスイッチ類。光量を何段階かに調整できます。

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss