好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/9/22-23

ふもとっぱらキャンプ場の受付を済ませ、設営場所を探します。

バイク組はどこでもテントを張れるのですが、
雨の後でぬかるんでいる所もあり、
後からくるファミリーが張りやすいところ探すため、うろうーろ。

入り口からだいぶ離れたところでよそそうな場所を見つけ、場所決定!
30分遅れでファミリーが到着し、設営を開始します。

 

この前のキャンプに続き、まさかの二度目のポール折れ!

自分のテントを張る位置を決め、ポールをテントに通して立て始めました。

「パキッ」・・・・あ・・・・ネタが増えた瞬間です(笑)

先日直したものではない方のポールが割れました。真ん中あたりの部分です。
ポールの中心付近は、曲がりがきついので、だいぶ金属疲労も進んでいるのでしょうね。

しかし、今回は慌てずにすみました。予備ポール作ってありましたから!

ショックコードを切って、割れたポールの外し、作っておいたスペアポールを取り付け。
もう一度折れたらやばいと思いながら、恐る恐る立てましたが大丈夫でした。ホッ。

今度は予備ポール2本作っておこうw

 

ここをキャンプ地とする

ポール折れでドタバタでしたが、無事にみんな設営も終わりました。

改めて見渡すとすごいテントの数!
いったいどのくらいのテントが張ってあるのだろう?

テントを張る場所を探している時は、うわぁという感じでしたが、
張ってみると、隣とはあまり近い感じはしません。

狭い区画のキャンプ場なんかと比べれば、案外隣も気にならないし快適です。
見渡すとすごい人なのに、自分の周りは快適って不思議な感覚w
広いってすごい。

ただ広いのにも欠点はあって、
管理棟から離れていくと、場所によっては水場が少ないのが難点でした。
バイク組は一泊だけしか食器使わないので、家で洗うと決めてたので問題なかったですが。

トイレは比較的用意されていましたが、
和式がだめな人は設営場所を考えたほうがいいかもと言う感じ。

 

 

飲み会会場はここ!

本日の飲み会会場はこちら!
バイク組は、空の下の地面から低いところでこぢんまりと。

 

アヒージョと焼き肉をふるまう

ファミリーは何も作っていないので(笑)、私はアヒージョ、友達は焼き肉を振る舞います。
買いすぎた我々の食材を減らすべく友達に振る舞いまくり!

お酒は各自必要な量を買って来ましたが、この歳になると自分の飲む量は分かってるようで、
十分に飲んだのに、余らず、ぴったりの量でした(笑)

 

改造ファイアスタンドデビュー

足を切って継ぎ足し式にしたファイアスタンドもどきを組み立てたき火タイム。

→改造したファイアスタンド

薪はファミリーが買ってきてくれていました^^
足が折れることもなく、無事にお役目をつとめてくれました。

 

子供たちに大人気、マシュマロ焼き

大人たちは2個くらい食べれば満足ですが、子供たちは面白がってどんどん食べます。
買って良かったマシュマロ(笑)

 

朝は富士山は見えず、残念

朝の富士山が見たくて、5時頃に起きました。
テントから外を覗いて、空一面の曇り空を見てしまいます。
テントのチャックを閉め、再度睡眠(笑)

結局、昨日今日と富士山は顔を出しませんでした><
キャンプ場からの富士山見たかったなぁ。
友達に聞いたら、月曜朝はきれいに見れたみたいですが・・・

もう一度空いている時期に、富士山を見に来てみたい。

 

湖だと思ったものは池だったw

陽が昇ってから
きれいだったよ〜とスマホの画面で見せてくれた景色を探しにプラプラ散歩します。

スマホ画面で見て、勝手に湖だと思っていたのですが、
その景色は、キャンプ場が作った池でしたw
写真って怖いわー、すごく違う印象に感じるw

池の向こうに、雲に隠れて富士山がドーンとそびえ立ってます。
みたかったぜー。

 

キャンプ場散策を終えて出発

池の次は、某アニメには出てきた置物の所へ行きました。
誰か見に来ている人いるのかと思いましたが、だれも見に来ていませんでしたw

 

散策を終え、テントを撤収。
今日は友達を北富士に案内します。

2日目・北富士につづく

2018年01月03日

20180102-DSC07035

新潟方面は天気予報が微妙でしたが、宿も予約していたし、
1日は滑れそうな感じな予報でしたので、予定通りに苗場スキー場に向かいます。

雪の三国峠を越え、宿のホテル エフに到着。
荷物を置かしてもらい、スキーをレンタルし、割引チケットを購入し、さっそく着替えて出発。
宿は歩いてすぐの所だったので、アクセス楽々で良かったです。

ホテル エフ(RAKUTEN)

苗場は、若い頃はちょっとミーハーな感じがして敬遠していたスキー場(笑)
1度だけいったことがありますが、ほぼ記憶がないので初めてのスキー場っぽい感じです。

まずは、一番近かった左端の第4高速リフトで初心者コースを滑ります。
続いて、隣りの第5高速リフトで初心者コースを滑ります。
このあたりは初心者の子供などは、かなり練習しやすい斜度な気がしました。

第4高速ゲレンデでApeman A80で動画を撮ってみました。
ストック装着とチェスト装着を試しましたが、この2つだと圧倒的にストック装着が良かったです。
チェストは子供を追えないw
ちなみに人物はつぶれちゃって真っ黒ですが、露出補正はできるのでしたほうがいいかも。

ご飯を食べた後、プリンス第2ゴンドラに乗って頂上一歩手前へ。
天候がイマイチだったので、そこから上には行きませんでしたが、
頂上から長くずっと続く中級者バーン、これ苗場の魅力なんでしょうね。

子供達が斜度になれていくには、丁度良い斜度のコースが長く続きます。
自分もほどよく楽しめます。足の筋力が追いつかなくなり、厳しくなりますがww

20180102-DSC07025

初心者コースに戻ってきたところで、みんな疲れて休憩。
ストックにつけたカメラに向かって雪当てゲーム(笑)顔バレするので動画はなしです(笑)

20180102-DSC07030

もう一度ゴンドラに乗って下ってきたら、いい時間になっていたので1日目終了。
勝手に避けていた苗場ですが、コースもリフトの配置も滑りやすくて良かったです。

宿に戻り、ご飯を食べ、お風呂に入りしばらくすると、外で花火が上がりはじめました。
お正月は花火が上がる日でした^^

宿のホテル エフさんで部屋がゲレンデ側だったので、花火がよく見えました。

ホテル エフ(RAKUTEN)

かなり雪降っているので、綺麗さは今一歩でしたがw

20180102-DSC07040

そして、2日目の朝。
外ではかなりの雪が降っています。まぁ予報通りでしたがw
2日目はスキーはやめて湯沢の町へ、お土産を買いに行くことに決定〜。

荷物をまとめて、チェックアウトして、クルマのところへ。

20180103-DSC07061

うーん、すごいですなw
チラッと見えているドアミラーで自分ちのクルマが分かりましたw
車内につんである雪用のプラスコップなどを取り出して掘り出し。

こうなる状況を見越して、4WD車は登り斜度がついている場所に停めさせられたのですが、
ある程度適当でも脱出できるのは、4WDの良さですねぇ・・・。
簡易な4WDですが、普通にクルマ走ってるところならまず走れますからねぇ。
大丈夫だろうか?との不安感を持たなくていいのが一番いいところ。

脱出してから雪下ろしをして、山道を越え湯沢へ行きます。
お土産を買って渋滞している高速へ。

関越トンネルの混雑が好きではなくて、雪の時に通った時はかなり昔に何度かしかないのですが、
さすがに今はチェーンの人は少ないのですね^^;時代を感じました(笑)

天候にはあまり恵まれませんでしたが、今年もみんなで遊びに行けて良かったです^^

やってみたかったマテ貝堀りをついに

最終日、食べたかった讃岐うどんも食べた。お金のパワースポット、銭形砂絵にも寄った。
しかし、今日のメインはマテ貝堀!これがやってみたくて、自転車に加え、潮干狩り道具も持ってきたのだ!
朝強めに降っていた雨もなんとか上がっていたので、砂浜に立ち寄り。
GWだというのに、この人口密度は・・・・都心部では考えられない。
これくらいの人なら貝が取り尽くされることもないのだろうな・・・・。

穴を見つけるため、家にあったセメント鍬をもっていったが、
最初のうちはいまいちどのように掘ればいいのか分からず・・・。
ここにはいないのだろうか?とかおもいつつウロチョロやってみたが全然ダメ・・・。

しかしですよ、サクサクと採ってる地元の方がいる。
なんとなく見よう見まねでやってみたら、コツが分かってきた。
1つとれたら、どんな穴がマテ貝の穴かわかるようになった。
10個くらい採ったら、見つけやすい堀り方も分かってきた。

そこからはもう楽しくって。息子と鍬の取り合い(笑)
そのうちおれが掘る係で、息子が塩いれて捕まえる係になりましたが^^;

まだまだ潮は引いてて採ることは続けられたのだけど、
あまり疲れると帰りつらいので終了^^;

念願のマテ貝堀りができて、ただの移動日でなくなって良かった^^
途中深夜から朝方まで仮眠をとって、自宅に朝7:30に無事に到着。

しまなみへの旅行は本当に想い出深いものになったのだった。

 

20170506-5D3_9491 20170506-DSCF0721 20170507-5D3_9495

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss