好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

一眼のデジカメは、以前からキヤノンユーザーだったので、
EFレンズ、EF-Sレンズを、たくさんではありませんが、それなりに持っています。

一眼は持ち歩くのが大変なので、高級コンデジなども試したのですが、
色味などが気に入り、バイクや自転車などで出かけるときは、フジのX-M1をメインに使っています。

メーカーが違うと互換がなく、キヤノンのレンズをフジに使えたら・・・とずっと思っていました。
フジのレンズがダメなわけではなく、良いレンズはあるのですが、キヤノンもフジも買うのは金銭的に難しく、
気軽さを重視してというのもあり、最近はキットレンズばかり使っていました。

昔は電子接点のないAFが使えないアダプターリングばかりでしたが、
Fringer FR-FX10は接点付きで、案外普通AFが使えると評判で、ずっと気になっていました。

古いレンズがイマイチ使えなかったり、ズームの望遠側のAFがダメだったりする場合もあるようですが、
単焦点は案外使えるらしいです。

メーカーがちゃんと対応レンズを発表していたり、
ファームウェアで対応させたり、精度を上げたりしているのも好感が持てます。

対応リスト
https://www.fringeradapter.com/#compatible

若干お値段はするので躊躇してましたが、かなり使えそうな感じなので、
思い切ってご購入。

さっそく、使いたかったレンズをX-M1に装着してみます。
レンズ側が少し固いかな^^;

 

EF24mm f2.8 ISをX-M1に装着

まずは、EF24mm f2.8 IS。
アダプターの厚みがあるので、多少大きめになりますが、そんなに邪魔な大きさではありません。
AFはちゃんと動作しそうです。

このレンズを使えると、35mm換算で36mmのレンズになるので、
使い勝手のよいオールマイティーなレンズになります。

このレンズはレンズ内手振れ補正が付いていて、
FR-FX10は手振れ補正にも対応しているようなので、手持ちで滝を流して撮ったりもできるのです。
キヤノン機で使うと、シャッタースピード1/4とか1/5とかでもぶれずに撮れるので、
フジでちゃんと機能するか、はやく試してみたいです。

普段使っていた、16-50mm、27mmは、近づくとピントが合わないのですが、
canon24mmだと、被写体に近づいてもピンが合うので、
マクロまではいかないにしても、外で花や虫を不意に撮る時など便利かもしれません。

 

EF-S10-22mm f2.8 ISをX-M1に装着

次に使いたい10-22mm f3.5-4.5を装着してみました。
こちらもAFはちゃんと動作しそうです。


キヤノンではAPS-C機でないと使えないので、あまり出番がなくなっていましたが、
部屋の全景写真を撮るのに便利につかっていました。
もちろん外で撮っても超広角は面白いです。
大きさ的にもそれほど大きなレンズではないので、カメラとのバランスも問題ないですね。

 

ズームや望遠はおいおい

大きなズームレンズを使いたい時、望遠を使いたい時は、
一眼を使うと思うので、ぶっちゃけあまり使う機会はないと思います。
が、X-M1を持って行く時に、1本望遠をしのばせていけるというメリットはあると思いますので、
近々試してみようと思います。

 

EF24mm f2.8 IS + X-M1をツーリングに持ち出してみた

AFも問題なさそうなので、実際に外に持ち出してみることにしました。
潔く、X-M1にcanon 24mm f2.8 ISしか持って行きません。
この装備だと、小さめなウエストバッグでいけるんで。

16-50のキットレンズだと少し甘い感じがありましたが、かなりきっちり写りますねぇ。

合焦までの速さも問題なく、たまに合焦の音でなかったりしましたが、問題なく使えました。

使い勝手良かったので、X-M1のメインレンズはこれになってしまって、
16-50も27mmもひょっとしていらないかも^^;

さすがにスイッチのスプラトゥーン2をメインに遊んではいますが、
いまだに無印スプラトゥーンでも遊びます。

WiiUパッドを出して無印スプラトゥーンを遊びはじめると、
すぐにパッドにのっかって画面を眺めはじめるインコちゃん。
スイッチで一緒に遊んでいる感がなくなったからか、とても嬉しそう。

パッド上で動くイカをクチバシでタッチ!
そして、私はそこへスパジャン〜(笑)

ガチマッチの時は、勘弁して〜って思うのだけれど、
たまにインコと一緒にゲームするのも、楽しくていいものです。

ゆるキャン△第10話をみていると、
ちあきちゃんが、ユニフレームのファイアスタンド2を買っていたのをみて思い出しました。
友達のファイアスタンド2を見て、いいなと思って中華wの買ったんだった!

この焚き火台、意外とサイズが大きいので、
いつも愛用のA4サイズになるものを持って行ってしまい、ずっとしまってありました。

バイクに積むにも、自転車に積むにも、長いんですよね・・・。

その為、みんなユニフレームのファイアスタンドを改造して使っているみたいで、
あちこちに改造記事が載っています。

それを参考に、中華のコイツも短くしまえるバージョンにしてみました。

 

パイプを適度なところでカット

パイプカッターでパイプをカットしました。

 

材料を用意。ユニフレームのものとは少し違うみたいです

ユニフレームよりも、KALILIのやつのほうがパイプが太いのでしょうか、
ユニフレームの記事のものは鬼目ナットとボルトはM5を使うようですが、
穴の径をはかると、それだとユルユルなので、
M6のツバ付き鬼目ナットと30mmのボルトを用意しました。

 

ボルトの頭を少し削り、ネジロックをつけて差し込む

ボルトの頭が大きくて、そのまま入らなかったので少しボルトを削りました。
それにネジロックをつけて鬼目ナットにしめつけ、接着剤をつけてパイプにたたき込みます。

 

上側のほうは、鬼目ナットだけ挿入

メス側になる上のほうの部分は、鬼目ナットだけ挿入していきます。

 

分割式になりました

足の部分をつなぎ合わすとこんな感じ。

組みたてるとこんな感じ。

 

収納サイズが短くなったので、持ち出しやすくなったので、
たまに使ってみようかと思います^^

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss