好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

柿のシーズンがやってきましたが、
今年の実家の柿は、なぜかどれも色づきがとても悪いのです。
気候が関係しているんでしょうか?

色がついていいない柿でも、甘みはしっかりあって美味しいのですが、
なんとなく、オレンジ色が濃いほうが美味しそうに見えるものですね(笑)

最近は甘みが多い果物が多いので、
甘みの少な目な柿は人気があまりないようですが、私は、普通の部分の味は大好きです。
種の周りの柔らかい部分の味がちょっとニガテなくらい^^;

種の周りがニガテなので、
ブドウなどに比べたら、種も大きく面倒なものではないのですが、
気が乗ったときにしか食べない果物でもあります^^;

柿に種なしがあるのか調べてみると、
ブドウも種なし、スイカも種なしが出回っているように、
ちゃんと柿も種なしがあるんですねぇ。

柿は、実家の、丸柿、次郎柿、衣紋、そんなもんしか食べたことありません。
もちろんすべて種ありw
ちょっと種なし柿って試してみたいかも。

 

話がそれました・・・。

木を見上げると、
正常な柿に混じって、オレンジ色の濃すぎる傷んだ柿が混じっています。
グジュッと腐っているようなやつです。

このグジュッと腐っている傷んだ柿の想い出を一つ(笑)

今は食べる分だけをもぎ、食べるスタイルですが、昔はもっとちゃんと柿を取っていました。

親に混じって、木に登ったり、竹で作った収穫用の道具で取ったりしました。
親や叔父さんが木に登り、下で柿を受け止める役もやったものです。

この下で柿を受け止める役、油断すると大変なことになるのです!

いたずら好きな叔父さん達は、
ときたま腐っているような柿をワザとポーイと投げてくる(笑)

ちゃんと見ていれば、よけてキャッチしなければ良いだけなのですが、
ぼーっとしていると、手の中でベチャ。

ニヤニヤと嬉しそうな叔父さんたちの顔が忘れられません。
いたずらっ子の子供の顔。

いつか、役回りが逆になったときに、やってやろうと思っていたのですが、
なかなかやり返す機会がないのが残念です(笑)

もう何年も髪の毛はボウススタイル。なんといってもラクチンです。

自分で刈るか、床屋で刈るか、その頻度にけっこうばらつきがあったのですが、
パナソニックの毛くず吸引のバリカンを買ってから、自分で刈る事が増えました。

この機種、2つ気に入っているところがあります。

私の使ってる機種


こちらはアタッチメントが多い

 

1つめは、髪の毛を吸ってくれる吸引機能。

ドライヤーのローくらいの音を発しながら、刈った髪の毛を吸引してくれます。
かなり吸ってくれるので、髪の毛が床にあまり落ちません。

掃除機をちゃっとかければ済む程度にしか落ちないので、
床に何か敷くなどの準備がいりません!
これ個人的には大きいのです。

肩などにも髪は多少落ちるので、裸で刈って、刈り終わったらシャワーで終了。

ちなみにどのくらい吸ってくれるかというと、こんな感じにガンガン吸ってくれます。

 

2つめは、コード有り(人によっては欠点ですが、私はコード有りが好きw)

吸引のモーターで電力をかなり使いそうなので、
バッテリータイプはムズカシイのだと思いますが、
私的には、このコードなのがありがたいのです。

マメに刈る人は、常に充電しておいて、コードレス運用のほうが便利だと思います。
しかし私は、伸びてみすぼらしくなってから刈るスタイル。
次に刈る時に時間があいちゃうんですね。

そんな時、「充電しなきゃ!」とか、「充電してあったっけ?」とか、
そういうの考えるのが面倒なんです^^;

ちゃんと充電しておけば問題なかったのですが、
充電弱くなってて刈り始めて途中で止まったりとかの経験もあって、
コードにさして、ぱっと出来たほうがいい。

ここは、コード煩わしく感じたりする人も多いので、なんとも言えませんがw

私の使ってる機種


こちらはアタッチメントが多い

 

清掃については、バッテリータイプより劣る

吸引部から水入っちゃうからだと思いますが、丸洗いは出来ません。
吸引した髪を捨て、ハンディ掃除機で吸うようにしてます。

細かいところは専用ブラシで掃きますが、静電気もあるので、髪の毛は多少のこります。
私は、少し残っていても気になりませんが・・・^^;

機械からしっかり髪の毛を取り除きたい人は、この機種はムズカシイかもしれません^^;

 

使い方が似ている人にはおすすめです

丸洗い出来ないのはマイナスポイントですが、
体や床に落ちる髪が少ないので、刈るまでの準備が必要ないこと、
準備なしに刈った後の部屋の掃除がラクなことなど、良いこともいっぱい。

スキカル時代から充電式を使っていましたが、
充電式よりも、かなり相性いいバリカンで、使用頻度が増えました!

 

先日ポールが折れてしまったテント、ヨーレイカ  スカイライト S-2ですが、
使用年数や各部の状態を考えると買い替え時なので、どれにするか検討をしました。

テントも絞り込み、あとは買うだけだったのですが、お財布が苦しい・・・。
修理の選択肢は自分の中にはあまり無かったのですが、
ポールは簡単に直せそうだったので、少しだけ延命させることにしました。

 

代わりのポールを探してみる

まずポールの長さを測ったところ、ヨーレイカ  スカイライト S2のポールの長さは417cmでした。
1節の長さはだいたい34cmと短めです。

すでにヨーレイカ 純正のポールを手にいれるのは難しいので、
そのくらいの長さのものを探したらありました。

343cm、370cm、391cm、430cm、496cmの長さがあり、すべて11節。
カットして417cmになりそうな430cmのものなのですが、430cmのものは1本が42.3cm。

純正34cmに対して、42.3cmの長さがあると、純正収納バッグに入りません。
実はこの短めの長さでの収納が気に入っているのもあり、却下です。

 

長さを合わせてカットし、1節だけ交換する方針にしました

収納バッグに収まるサイズで、まるまる1本変えるのは難しそうなので、
太さのあうポールを買って、長さを合わせて、折れた部分を交換することにしました。

いくつかヒットしましたが、
全長3.6mで11節、1本の長さは36cmというものの中から選ぶことにしました。
たぶんどれも強度は同じくらいなもんでしょうから、価格で選択w

1本セットで1本しかはいってない商品もあるみたいでしたが、
買ったものは、2本はいっていました。

 

おまけに収納袋付き。
この手のは、内容物もはっきりしないのですが、今の袋の代わりに使えるのでありがたいw

 

長さをあわせてポールをカット

ショックコードを切りバラしてから、1本の長さを34cmに合わせてカットしていきます。
カットはパイプカッターを使いましたが、このくらいのサイズなら金のこでもすぐ切れると思います。
色がちょっと濃いですね。見えなくなるので関係ないですがw

 

切ったものがこちら。
長さが私のテントのポールと同じ長さになりました。

 

ショックコードを通して組み立てる

ショックコードも傷んでいるので交換です。

細めなので伸びるの早いかもしれませんが、繋がってればなんでもいいということでw

 

先端を8の字結びにして、コードを通していきます。
コードの長さはポールの長さより20cmくらい短めが基本みたいですが、
コードが引っかかる部分が少し奥にあるので、ポール全長より25cmくらい短くしました。

新しく買ったポールの位置は、強度はよくわからないので端っこのほうにしておきました。
修理完了〜。バッチリです。

 

今回買ったポールで、もう一つ同じ長さのものを作って予備ポールにして持ち歩こうと思います。
これでまた設営中に折れても安心!(笑)

しかしまぁ・・・何度折れても平気なほどのポールのストックになりました^^;
リア友で予備ポールが欲しい人は、あげるので声かけてください(笑)

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss