好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

1つ前の型のDEデミオ、現行のDJデミオは、ラゲッジスペースがフラットではありません。
くぼんでいるのです・・・・。

荷室をシンプルに、軽量にして、運転の楽しさを優先・・、
絞ったテールで荷室容量をかせぐためと言われているようです。
もちろん価格を抑えめにしたいということもあるのでしょう。

しかし、
段差が出来るので大きな荷物を載せにくい、
深さがあるので、荷物の出し入れがしにくいなど、
荷物を乗せるにはあまりいい形状をしていないのですね。

ラゲッジスペースの使い勝手をもう少し良くできないか、
お友達に相談されて少し調べてみました。

 

DJデミオは、ゲッジフラットボードという純正オプションがありました

お客様の要望が多かったのでしょう、
現行のDJデミオは、ラゲッジフラットボードというのが純正オプションとして追加されました。

DJデミオなら、これ買うのが手っ取り早いですね。値段もそれなりにしますが。
ちなみに友達のはDEデミオなので、これは使えません。

 

DEデミオも、UKマツダからトランクルームオーガナイザーボックスが出ていました

日本では出ていなかったようですが、UKマツダから出ていたようです。
今でもMAZPARTSさんで輸入できるようです。

MAZPARTS

DEデミオも、コレを買うのが手っ取り早そうですね。
これもそれなりに高いですがw

 

高いので、DIYで作っている人もたくさんいました

→発砲スチロール+板でやった人

→コンテナボックスでやった人

→発泡スチロールでやった人

→木でやった人

→ラゲッジトレイ+木でやった人

などなど探すと、それぞれ工夫を凝らして、自作しています。
上のリンク以外にも、いろいろありました。

 

現車が手元にないので、ラゲッジトレイ+木でやることに

自分のクルマでやるならば、オール木にしていたかもしれませんが、
クルマが手元にないので、
型を取りやすそうな、国内用のフタのないラゲッジトレイを使う方法を第一に考えました。

もしラゲッジトレイが手に入らなかったら、オール木で作る予定でしたが、
現物合わせで調整する機会がないので、型取りとかかなりしっかりしないと、
一発できっちり収まるものを作るのが難しそうですし、
下手すると、何度も持ち帰って修正になってしまう・・・^^;

ま、木だけで作る場合、クルマ借りてくるしかないと思ってましたが、
たまたまラゲッジトレイが予算内で手に入ったこともあり、
最初の予定通り、ラゲッジトレイ+木でやることにしました。

 

その2に続く

2018/10/7

オンの友達と出かける予定もないし、
次に出かけるときはオフ走りたいということで、タイヤを前後MT21に戻しました。

ホイールごと換えてるので、そんなに大変ではないのだけど、
ウェーブローターって、ブレーキディスクの間に入れにくい・・・。

フロントはなんとかなるのだけど、リアはブレーキ付けたまま入れられたためしがない・・・。
片側が固定されてないタイプだから、入れようとしている間にパッドがポローンと落ちてしまう・・・。

やっぱだめか・・と、ブレーキ外して入れるのだけど、
普通のディスクプレートは、普通に入れられた記憶があるんだよねぇ。

2018/10/7

神奈川県内に3カ所(金沢区・港北区・横須賀市)あるラウンドアバウトのうち、
港北区新横浜のラウンドアバウトを訪ねてみました。

ラウンドアバウトは、信号のない交差点で、右からくるクルマが優先です。
交差点に進入し、行きたい方向へ抜けていけます。

日本では実験的な交差点が多く、数が少ないみたいですが、
以前旅行したオーストラリアは、ラウンドアバウトだらけで、
円が大きく交通量の多いラウンドアバウトも、たくさんありました。

信号がないので、クルマが途切れれば、スムーズに交差点に入ることができ、
交差点進入への待ち時間が少ないのが特徴でしょうか。

それなりのクルマの台数がスムーズに通れるラウンドアバウトは、
円が大きくなり、土地をかなり使うため、日本には不向きのようですが・・・。

新横浜のラウンドアバウトは、裏通りにあり、クルマ通りが本当に少ない!
実験的に作ったのでしょうが、この交通量では・・・・^^;

用事の途中だったので、
交差点を一周して、元来た方向に戻って、帰路につきましたー。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss