好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

1998年11月27日

in California

PHOTO

ロスへ向かってGO!

3つの選択があったんだ。明日飛行機が出るから、サンディエゴの空港近くへ泊まるか、サンディエゴからロス空港のシャトルバス乗り場の近くへ泊まるか、ロスの空港の近くまでいってしまうか。一番危ないのはサンディエゴの飛行機らしくて、すぐ遅れるんだって。いままでも何人も乗り換えに失敗してロスからの飛行機に乗れなかったらしい。でもフリーシャトルはとんでもない所から出ていて、宿をその近くに取らないと絶対に乗れないの。平日ならダウンタウンにいればOKなんだけどさ。一番安全なのはロスまで自力で行っちゃう。朝の飛行機だから時間に余裕も出来るし、空港近くの宿は空港まで送ってくれるしさ。

考えれば考えるほどロスへ行くのが一番いいんだけど、大変なんだよね。でもやっぱりロスへ行くことにして、スケボーに荷物乗せて引っ張っていったの。でも荷物を載せててもスケボー乗れるんじゃないかと思ってやったらダメだったから積み方変えて乗れるようにしてみた。これはラクチンかもしれない。ダウンタウンまで一緒に行ってメシをくったトモ君も「それいいっすね。」って。ホントにいいって思ってるかは知らないけど、ラクチンだからいいや。

グレイハウンドのチケット買ってトモ君と別れたんだけど、彼に「日本に帰ったら飲みましょうね。」って言われた時はムチャクチャ感動したよ。彼に言われて嬉しかったね。彼はたぶんキライな奴にはそんな事言わない人だし、俺自身が彼に少し魅力を感じてたからさ。言っとくけど、俺はゲイじゃないよ。人間的にいい奴ってことね。そういえば一緒に映画見に行った女性も彼は良いって言ってたよ。

ロスのバスディーポから市バスで空港へ行こうと思ってたんだけど、タクシーに乗ってみたくなってタクシーに乗ったんだ。もちろん料金は高いけどね。タクシーの運ちゃんはいい奴だけど、アメリカでは低い身分なんだろうね。そんな感じを凄く受けたよ。アメリカは中の上以上の生活しないと暮らしにくいと思うよ。日本よりも断然にそんな身分があると思う。貧しい人は本当に貧しいしね。実力主義って言えばそうなんだけど、貧しい人がアメリカへ来てもほとんど成功しないしさ。良い仕事はアメリカ人とか日本人でもずっとこっちに居る人しかなかなかつけないし、よっぽどがんばらないとウマくいかないと思うよ。甘い夢だけではやっていけないね。でも何かやりたいって人にはチャンスはある国ではあると思うけど、厳しい国だとは思うよ。話しは戻すけどさ、運ちゃんに安い宿聞いて、そこへ連れてってもらったんだ。いろいろ運ちゃんが安いホテルでシャトルもあるとか説明してたけど、案の定ホテルから連れてきた代金を貰ってた。まあ俺は安くて快適だからいいんだけど、こういうのも彼らの生活の足しになってるんだろうなぁ。

LAX近くのホテル

 

韓国食い倒れの旅へ続く・・・

1998年11月26日

in California

PHOTO

スケートの師匠

PHOTO

スケートでココまできたのだ

朝一番でトモ君とサンセットクリフっていうスケボーで30分くらいかかる所へ行く事になったんだ。まあ滑りはともかく久しぶりの運動は気持ちいいね。それにアメリカっていうのがまた気分いいや。サンセットクリフはトモ君に言わせれば、神奈川といえば鎌倉、千葉といえば九十九里、サンディエゴといえばサンセットクリフっていうくらいの所らしいよ。彼は長い間サンディエゴにいるからさ、いろいろ知ってるんだよね。いろいろって言えばさ、彼は22歳なんだけど、かなりしっかりした考えを持ってるし、味がある人だと思うよ。サンセットクリフで海をみながらいろいろ話しをしたんだけど、とても22歳とは思えない。俺が22歳だった時ってもっとダメだった気がする。彼もやりたい事とかはまだ探してるみたいだけどね。でも学生じゃないんだけど流されまくってる学生とは違って、メッチャがんばってるのが良く分かるんだ。見た目はさサーファーっぽいだけなんだけどさ。彼はずっとサンディエゴのホステルにいて、いろいろな日本人を見たし話して、彼の考えるダメな事と良い事っていうのがもう分かってるんだ。それで彼なりに良い方に向かって努力してるの。でも彼と話してマッタクその通りだと思ったんだけど、アメリカってただの旅行者じゃない日本人がすごくがんばってるよ。アメリカで何かやってやろうとしてさ。もちろんただの旅行者もいるんだけど、これは今回の俺の旅行でかなり刺激になったと思うね。トモ君を含めてさ。

何人か日本人はいるんだけど、トモ君も俺も好感を持った日本人の女性とトモ君と映画を見にいったんだ。ミートジョーブラックねブラッドピット主演の。ストリーに関しては聞かないでよ。3人とも英語力不足で3者3様のストリーが出来ちゃったから。もう痛感だね、字幕なしで映画を見れるくらいの英語力がほしいよ。英語力があれば外国人ともっと深い話しも出来るしさ。サンディエゴでもロスでも外人とは話しをしてるんだけどさ、日本人のように話しは出来ないから印象薄いんだよね。ロス、サンディエゴは魅力的な日本人がいっぱいいて、そっちの話しを聞いてる方が楽しいしさ、きっと外国人にもそういう人はいるんだろうけど、良い奴か悪い奴くらいしかわからないもんなぁ。

オーシャンビーチのホステル

1998年11月25日

in California

トモ君っていうサーファーでスケートボーダーの人に付き合ってもらって、スケートボードを買いに行ったんだ。もうどれにするかは決めてたから少し値切って即決!それから少し滑り方を教えてもらったんだけど、面白いはこれは。こっちは舗装が日本よりいいらしいから、スケボーは最高らしい。日本の舗装が決して悪い訳じゃないんだけど、目の細かさが違うんだって。それに日本は雨が多いからさ、それを考えて舗装してるらしいんだけど、こっちは真平らのつるつる路面 だからいいんだって。

でも買ったはいいけど、荷物を大幅に減らさなきゃいけないから、大胆に減らしたよ。まずは一番大きい荷物のシュラフでしょ。使い物にならなくなったコンピューター用品にラジオとか懐中電気とか乾電池の充電器とか三脚とか重そうなものはとにかく日本へ送り返したの。そしたらもう身軽身軽。後はフリースジャケットが邪魔なんだけど、韓国で使いそうだからこれは取っておいたけどさ。

夕方にアライさんっていうハリウッドからここへ一緒に来たメキシコへ行ってた人が遊びに来たんだ。バスの時間があんまりなかったから少しメキシコの話をして別れたんだけど、彼もいろいろメキシコであったみたいでさ、楽しそうだった。彼はILM SUDUDIOを見学につぎは行くんだけど、彼もまた俺と同じでさ、つまり旅でのお金の使い方とか似てるから、つまり使うところでは使うっていうね、だから彼の話しは面白かったよ。彼はワザとボッタクリバーとか行ってたしね。

夜にスケボーを練習しに俺とトモ君ともう一人のトモ君とビーチ付近の道路に繰り出したんだ。当たり前だけど俺が一番ヘタで悔しかった!でもウンチクはいろいろ聞いたから明日練習してやろうっと。

オーシャンビーチのホステル

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss