好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2000年07月31日

TAKA

実感が沸かないままに行った新婚旅行。今でも写 真を見ると、あんなコトがあった、こんなコトがあったと思い出せます。しかし日本で時間が経っていくにつれ、アレは夢ではなかったんだろうか?と考えてしまいます。しかしまあ無事に帰ってこれて良かったと思います。

30代での2ヶ月という期間はいろいろと重みがあり、日本へ帰ってからキツイだろうという予想の通 りでした。でもまたいつかそのうち自分の知らない世界をみてやろうと思ってます。情報が氾濫している時代だからこそ、自分の目で見たり耳で聞いたりすることが、新鮮だし発見もたくさんありますからね。

親兄弟、静かにこの旅を見守ってくれていた人 に感謝!!

2000年07月30日

in Utah

TAKA

PHOTO

戦利品のおみやげ

今日はお土産を買うデー。日曜だからあんまりお店が開いてるのは期待できなかったんだけど。まずは宿から少し戻って、イエローページで調べたスノーボードショップへ。ここでまずはスケートボードをゲット。スノーボードのブーツも日本に比べてズイブン安いから欲しかったんだけど、時期ハズレで品揃えがなかったのでパス。Mっぺもウェアを見てたけど、品揃えが薄くあんまり良いものがなかったみたいね。そしてその近くのモールへ。そこは改装工事中かなにかで閉まっていたので、途中で見かけたウォルマートへ。ここはディスカウントストアだね。有名なところではKマートっていうのがあるけど、今はウォルマートの方が元気なんじゃないかな?カナダにも進出しまくってるし。ここでは、くだらないものをたくさん買って、それを入れるカバンも買ったんだ。こんなこと書いてるとお土産を期待されちゃいそうだけど、後で見返すと、どうしようもないものが非常に多い気がする。

ウォルマートを見終わったら、もう12時を回っていたので、すぐ目の前にあったデニーズで食事したんだ。そしたら1時近くになってしまって、もうソルトレイクに行って宿を取ってプールにでも入ろうってことになったんだ。ソルトレイクでの宿は最後を締めくくるのにふさわしい宿にしようってことで、ホリデーイン(エキスプレス)。チェックインして荷物を整理して少し休んでから、宿についてるプールへ。気温が40度もある中はいるプールって気持ち良いね。

 

Mっぺ

とうとうこの旅の最終日。明日は日本へ帰る日なのね。なんだか長かったようで短かくも感じた旅でした。やっぱり楽しい事は早く過ぎていくね。始めはバイクでカナダ横断なんて出来るのか心の中では不安もあったけれど、一人じゃないって言うのは不安も半減していいよね。おかげさまで、無事にこの旅を終える事が出来そうです。

今回は私自身でも最長日数の旅でもあり、思いで深いものとなりました。こんな機会を与えてもらって本当に幸せだなと思います。日本へ帰ってからの生活がかなり心配ではあるんですがね・・・・。

今日一日はいままで出来なかった思いっきり買い物!といきたかったんだけど、いままでの貧乏性がたたってしょぼいものしか買えないのね。だって行ったところが「WALMART」っていうディスカウントストアだもんね。どうもブランド系のお店には縁がないみたい。こんな汚い格好で入れるところでもないけれどね。WALMARTには欲しい形の扇風機やらトースターやら目に入って手が出そうになるんだけど、持って帰れそうな大きさでもなくこればっかりは諦めました。でも、こっちはいろいろ家庭用品が本当に安いのだ。
とにかく今日はTAKAさんはずーーっと欲しがっていたスケートボードをゲットできたんでホクホク顔。運転しながらニヤニヤしてるんだよ。まったく子供じゃないんだからね。
そんなショッピングも終えて今日のお宿はホリデーインエキスプレス。モーテルよりも少し豪華で、ホテルよりはランクが落ちるのかな。暑くてたまらないし、今日は時間もあったからプールでノンビリ。久しぶりにゆっくりした一日を過ごしました。

 

宿泊:ソルトレイクのモーテル泊  天気:晴れ

in Utah

TAKA

PHOTO

アーチーズナショナルパーク

前に行って非常に素晴らしく感じたアーチーズナショナルパークへ行ったんだ。相変わらず素晴らしかったけど、前ほどは感動できなかった気がするなぁ。っていうのは、2回目っていうのもあるのかもしれないけど、今回は似たような岩岩地帯を通って来て、そういう風景に慣れてしまったんだと思う。前は森林地帯を抜けて、急に岩岩砂漠地帯に来たから余計に凄く感じたんだろうね。でも逆に今回はクルマで峠道を上って、緑が多くなってきた時に「いいなぁ」と感じたね。人間ってどんなに素晴らしい事を体験しても、同じような体験ばかりだと慣れてしまんだと思ったね。そうだよね、日本から海外に行くと、様子とか体験出来る事が違って最初は感動するし、長く海外にいて、日本に帰ると日本でのショックが大きいっていうのと同じなんだよね。今はなんかこういう環境に慣れてしまっているから、日本へ帰ることが不安で仕方ないよ。

それにしてもアーチーズも暑かった。ラスベガスよりは涼しいんだけど、トレイルを歩いていると、景色よりも暑いっていうことが先に来ちゃうんだ。そんなに激しいトレイルは行ってないんだけさ。前に来たぐらいの時期が一番いいのかもしれない。後は冬に一度きてみたいかな。えらく寒い気がするんだけどさ、ザイオンもグランドキャニオンもアーチーズも雪の被った岩岩もズイブンと違う趣があると思うから。

クルマでのドライブは交代してくれる運転手がいるから楽だね。眠くなったので運転を変わってもらって、ガシガシと進んだら、ソルトレイクの近くまで来れてしまった。なんだか終わりな感じが本当にしてきたぞ。

 

Mっぺ

PHOTO

ソルトレイク近郊

今日の観光スポットはアーチーズナショナルパーク。TAKAさんおすすめのところ。確かに不思議な形の岩たちがたくさんあって、魅力的なところなの。アーチーズって言うくらいだから、アーチ型をした岩がたくさん点在しているんだけど、くり貫いたように侵食していくなんて本当に不思議ね。このアーチもいずれ崩れてしまうものなんだろうな。まえにカナダのプリンスエドワード島で「エレファントロック」の鼻が崩れてなくなっていた様にね。それから面白かったのはバランスロックっていう岩。名前の通りに岩の上に更に大きな岩がバランスをうまくとってのっかっている感じなの。今にも落っこちそうな感じがヒヤヒヤしちゃう。このナショナルパークは自分の車で奥まで進めるんだけれど、肝心の岩のところまではやっぱり歩いていかなくてはならないのね。でも、外はかなりの暑さ。必ず水を持っていって下さいと但し書きがあるくらいだからね。すれ違う人達の表情がその辛さを物語っていたので、無理しない程度のトレイルで今回は済ませてしまったけれども、もっと気候が過ごしやすい時期だったらもっと岩の付近まで行ってみたかったなぁ。

ここからはひたすらソルトレイクシティまで走るんだけれども、左ハンドルの右側走行はやっぱり変な感じで恐いね。バイクでは右側走行は慣れてはいたんだけれども、クルマでしかも運転するとなると話しは別。なんか鏡を見て走っているようでどこを見て良いのやらわかんないの。運転初心者に戻った気分だったよ。でも私の運転した道は車の量が少なかったし、信号もほとんどなくて直進ばかりだから大丈夫。これでいきなりボストンとかニューヨークとか運転しろって言われても無理かもね。左折したら反対車線に入ってしまいそう。でもこんな体験もなかなかできないからおもしろかったな。

 

宿泊:LEHIのモーテル泊  天気:晴れ

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss