好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

日本で2年間発売され、米国でベストセラーになったKLR650A型、
ヨーロッパ向けに作られたKLR650C型、現行のアドベンチャーKLR650E型、
そして、A型をベースにパリダカカウルを装着し装備が豪華になった
KLR650B型、通称「天涯」の4種類があります。

販売台数こそ少なかったKLR650B・天涯では、
当時のバイクALLカタログ的なものにも小さく載る程度でしたが、
ごく一部での人気はすごかった。

天涯というネーミング、パリダカなスタイルもあって、
米国で大成功したKLR650A型よりも雑誌に取り上げられることが多かった。
可哀想なA型(笑)

後に新車で手にいれたKLR650A型を私はとても気に入っていますが、
「天涯」というワードとスタイルに惹かれ、欲しいと思ったことが何度もありました。

その天涯を、もう何年も前ですが、友だちが天涯を手に入れました。
同じ年代のカワサキ好きなバイク友で、
「天涯いいよねぇ」と話しをしていましたが、まさか本当に手にいれるとは。
買ってからはほとんど乗ってはいないのがもったいないですが。

ガレージ保管されている友だちの天涯を久しぶりに眺めながら、
「走れるようにしたら、乗らせてね!」と言いました。
そして、「売るときは、声掛けてね」とも(笑)

2018/6/23

赤レンガと並んで人気のある、夜の撮影スポットの象の鼻パークに行ってみました。
ちらっと赤レンガも見ましたが、バイクや自転車の人など同じ趣味の人達が何組も集まっていました。

もはや、夜な夜な友達と集まって・・・という歳でもないですが、
あんなところで友達と話していたら、楽しい時間があっという間に時間すぎていくでしょうね。

バイクでも、釣りでも、写真でも、人が集まるところは、何かと問題が起きてしまいがち・・。
雰囲気がよく気楽に集まれる場所は、それぞれ気をつけながら大切にしていきたいですね。

ちなみに私は、友達と真夜中の城ヶ島へ行き、缶コーヒーを飲んでくるのが定番でした(笑)

クルマでのデートが全盛だったころ、
アルバイトの先輩に教えてもらった、ベイブリッジが見える横浜のデートスポットです。

道路の脇にクルマを横付けして、横浜の港が見ることができ、
週末、港が見えるスペースには、いつもクルマが停まっていました。

住居も近くになあり、狭い一般道でしたので、書籍などに紹介されることもなく、
インターネットもない時代でしたので、なんとなくクチコミで伝わっていったスポットなのだと思います。
横浜に住んでいた同世代の人はけっこう懐かしい場所ではないでしょうか?

気晴らしにバイクで横浜でフラッと行った時に、港の見える丘公園の近くを通ったので、
その場所へフラッと立ち寄ってみました。

週末の深夜、道路の脇にクルマは一台も居ませんでした。

たまには誰かくるのかもしれませんが、
今の時代に、住居が近くにある道路脇に駐車するのもどうかとも思いますし、
そもそも、みなとみらい地区が再開発され、夜の街や港の景観は圧倒的にあちらの方がキレイです。

みなとみらい地区がまだ真っ暗だった時代は、デートスポットとして人気のある場所でしたが、
ただベイブリッジが見える場所になってしまいました。

本牧へ抜け、山下公園前を走ります。
ナンパスポットとして、二重駐車で走りにくかった山下公園前の道も、いまではガラガラ。

バイクを走らせ、少し昔を懐かしんできました笑

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss