好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

20171119-DSCF2077-0

付き合いの長いKLR650やXR100でツーリングに出かけはじめるようになると、
昔走った広大な大地が記憶の奥底から蘇ってくるようになった。

あんな所をもう一度走りたい・・・。

・・・・・・・・・そうだ、北富士行こう(笑)

KLR650でフラットダートの直線でアクセルオープン。最高に気持がよさそうだ。
しかし、高速道路を走るだけでも怖くなっている現在、
怖いと思うだけで、気持いいなんて思えないような気もする(笑)

XR100でww

高速使わないで行ける距離だし、支線も探検できるし。

早朝に出発をし、道志道を走り富士山へ向かう。
山中湖についたところで、定番のパノラマ台で写真を撮りながら休憩。
ちょっと山に雲がかかっているけれど、青い空がとても気持いい。

そしてお目当ての北富士演習場へ。

大型アドベンチャーバイクがアクセルをあけられる直線フラットダート、
250cc以下のバイクで遊ぶと楽しそうな荒れた支線、
トレッキングコースのような静けさだけの森の中の道。

どこを走っても気持がいい。

帰らなければならない時間まで、走り倒す。
いや、撮り倒す(笑)

帰り道、北富士でみかけたラリーやツーリングを楽しんでいる
アドベンチャー乗りさんと少しお話。
今を走り倒している人と話すとめっちゃ刺激うけます(笑)

バイクのツーリングはやっぱり楽しいな(帰りの渋滞を除いてw)。
そして、だんだん遠くへツーリングに行きたくなってきたw
やばいぞww

↓楽しかった北富士の写真。たくさん載せすぎw

20171119-DSCF1589-1 20171119-DSCF1592 20171119-DSCF160520171119-DSCF1614-1 20171119-DSCF1625 20171119-DSCF1645-120171119-DSCF1658-1 20171119-DSCF1688-1 20171119-DSCF169020171119-DSCF1698 20171119-DSCF1702-1 20171119-DSCF1737-120171119-DSCF1794-1 20171119-DSCF1808 20171119-DSCF182320171119-DSCF1832-1 20171119-DSCF1892 20171119-DSCF191520171119-DSCF1923-1 20171119-DSCF1939 20171119-DSCF196620171119-DSCF2014-1 20171119-DSCF2037 20171119-DSCF204520171119-DSCF2077 20171119-DSCF2090-1 20171119-DSCF2110-1

 

20171112-DSCF1491-2

 

まずは、撮ってきたバイク写真並べます(笑)

 

20171112-DSCF121620171112-DSCF127620171112-DSCF131120171112-DSCF133920171112-DSCF134620171112-DSCF135720171112-DSCF137720171112-DSCF138820171112-DSCF139420171112-DSCF140720171112-DSCF141720171112-DSCF143320171112-DSCF144620171112-DSCF145120171112-DSCF145420171112-DSCF145620171112-DSCF148320171112-DSCF1491

 

先週壊れたシフトレバーも直り、林道へ行きたくてウズウズ。
伊豆方面へ進路をとり、沼津から海岸沿いを下って戸田へ。相変わらずの海沿いの道は気持ちがいいね^^

戸田からは、達磨山へ向かい達磨山林道へ入る。
達磨山林道へ入ってからは、ワインディングを楽しむバイクもまったく見かけなくなった。
そして、達磨山林道支線へ。
かなり走りやすく、川渡り(コンクリートだけど)的な要素があって走ってて面白い!

今回は一人だったのでバイクの写真を撮りまくりだったのだけど、
達磨山林道支線の杉林で、バイクのスタンドがズブズブっとうまっていく〜〜(笑)
離れたところでなすすべもなく見守る私。そのままコテッ。
「土の地面はスタンドが沈む」そんなことをばっちり思い出したし(笑)

確認すると、ミラーは取れてしまったけど、ダメージは少なく外装もほぼキズなし。
バイクが転けた時の写真撮っておけばよかった〜!
でも、後でそう思うのは、バイクが無事だったからw

修善寺を通り、次は年川林道へ。
川沿いを走る年川林道は、たまーにヌカルミが出てきます。
タイヤがオン寄りなのもあるけれど、そこで両輪ツルッっとすべって焦る焦るw

二股に分かれている部分を右にまがったら、川になって削れたようなガレている道が出現。
ここでは絶対コケられないと重いながら頑張って先へすすんだけど、道間違えてた^^;

Uターンしてコケたらやばいガレ場を通って戻ってくる(笑)
ちょっと650ccでは通りたくない道。汗だくになるの巻w
戻って正しい道へ。荒れて無くスムーズに走れたし。

そして伊豆スカイラインへ。
かつて伊豆へ行けばかなりの確率で帰りに通った道。
走って通り過ぎちゃう事が多いので、いろんなPに立ち寄り。新鮮!

 

20171105-DSCF1174

雨続きの週末が続き、待ちに待ったツーリング。
20代の頃から一緒にツーリングに行っていたAさんのおうちに向かう。

20171105-DSCF1111

お友達へまでの道のりは、どこもかしこも紅葉してて、とても気持ちがいい。

20171105-DSCF1117

Aさんのお家に到着し、奥様のコーヒーをご馳走になった後、Aさんのイマドキなバイクを眺めます。
昔の金属の塊とは違い、本当〜に軽そうだし、見るからに低重心。

20171105-DSCF1119 20171105-DSCF1122

昔はよく走った奥多摩への道・・・。
いろいろ新しい道が出来ていて、アクセスがラクになっているような気がしましたが。
自転車でヒルクライムしている人に気をつけながら、都民の森でちょっと休憩。

20171105-DSCF1140

ここも紅葉がきれいでした。
都民の森の中を歩いても楽しそうだなぁ・・と思いつつ、バイク乗りたいので出発笑

20171105-DSCF1135

柳沢峠への道もほんと紅葉がきれいで、
川と山のコントラストもほんとによかった。
ほぼ写真撮ることなく、走ってしまいましたがw

20171105-DSCF1148

柳沢峠から富士山を眺める。ここも昔は良く来たなぁ。

20171105-DSCF1157

このあたりでお昼だったので、峠を下ってライダーがけっこう来るらしいお店でお昼にすることにする。
お店では馬刺丼を注文。うまうま〜^^

20171105-DSCF1163

そこから河口湖からの富士山を眺めながら、山中湖、そしてパノラマ台へ。
夕焼けタイムまでいたいとこですが・・・、寒くなるのですぐ出発^^;

20171105-DSCF1177

ワインディングをかなり走ったけれど、ま〜ったく乗れてないし、怖いしw
早く走りたいとはもう思わないけれど、怖く感じなくなるまで少し一人で走ろうかな。

津久井をおりて適当なお店で夕食を食べ、お友達と別れて5分後に異常事態が。
シフトペダルがないww いやみたらあったのだが下の方にいっている・・・。
あげるとグニャっとした感触。さげてもグニャっとした感触・・・。

様子みて走ってみたが、信号で止まってローにいれようと思ったらフレームに接触しギアはいらないw
降りて押して歩道へ・・・。

手持ちの工具で応急処置(実はかなりの工具を持ち歩いてますw)。
まずはドライバーのビットをあててみたが、
折れかけているとこにうまくかまないのでグニグニしたまま。

先端がくの字に曲がったスパナとメガネのコンビネーションレンチがあったので、それを咬ましたら強度が出た。
包帯で動かないように固定して、なんとかシフトペダル復活。

折れたら固定ギアで帰らないと行けないので、
極力ソフトに変速し、変速もなるべくしないようにして帰宅^^;
いやー帰れてよかったw

こういうトラブル・・・旅行中みたいで楽しいね♪・・えw

20171105-DSCF1195

部品注文して、他の気になったところも含めて直したいのでしばらく走れませんが、
ツーリング楽しかったのでまた行きましょう^^

20170918-IMG_9888

車検を取ってからの初めての公道。様子みながらバイクを走らせます。
畑がある道を走り、まずは鶴見の子安漁港へ行ってみます。
昭和の雰囲気が残るこの漁港、いずれはじっくり歩いてみたいと思ってます。

20170918-IMG_9898

そこから一路お台場へ。
お台場に来ると言っていたKLR650E(新型)乗りを待ち伏せです(笑)
さすがにKLR650A型とは年式が違うので、エンジンの形状は一緒でも細部が随分違う。
フロントもエンジン回りもスカスカぎみな旧型、当たり前だけど古くさいw
時間がないので、ちょっとだけ話しして帰りました^^;

20170918-IMG_9901

その後、首都高速を使って家へ向かう。入り口でお金を払い、大師で通行券のチェック。
どのくらい乗るかわからないからつけようか悩んでいたETC、ぜったいつけようと思ったのでした。

20151012-DSCF1291

「釣り」か「ツーリング」か悩み抜いた末、ツーリングに行ってくみることにした。
場所は昨日初冠雪を記録した富士山方面へ行って見ることに。

バイクでどこかへ行くのはいったい何年ぶりだろう。
調べてみると、バイクを降りて約10年もの年月がたっていた。

ワインディングを走るの怖いだろうな。足下で地面が動いているのは怖いだろうな。
そんなことを布団の中で考えていたら寝れなくなった(笑)

「いま出れば日の出に間に合う」

そんなささやきが心の中で聞こえてくる。

「えーい行ってしまえ」

夜中の2時、坂道でXR100Rのエンジンを掛けながら、
そのまま道路へ合流してゆく。

少しのスピードでもおっかなくなっているのに、横をすごいスピードで抜けていく車たち。

R246~R16を抜けたところで一旦休憩。
深夜のコンビニにバイクを止め、パンをかじる、そんな何でもないことがとても新鮮だ。

津久井湖の先で道志みちにはいる。
そろそろ走り屋の車は帰る時間。スピードを上げたスポーツタイプの車が反対車線を走っていく。

真っ暗な道を10年ぶりのバイクで走るのだから、慎重に慎重に走っていく。
時折空を見上げると星がとてもキレイ!

しばし立ち止まって眺めてしまいました^^

暗い道だけど、なんとなくコーナーの曲がり具合は感覚で分かるようで、
どういうラインを走ればいいか戸惑いながらも、
道志みちを半分くらい進んだあたりで少しバイクを傾けられるようになってきた(笑)

キャンプ場がたくさんある当たりになると、気温がぐんぐん下がりとても寒くなっていく。
山中湖へ着いた時はもう・・がくがくぶるぶる(笑)

もう寒くて先へ進みたくないので、山中湖にあるパノラマ台で富士山を眺めることにした。
まだ真っ暗なパノラマ台は、写真撮影のおじさんたちでごった返していた^^;

こんなこともあろうかと、小形の三脚をもってきていたので場所取りがてら三脚を設置。
立派な三脚にゴージャスなカメラの中で、古くて低い三脚に小形のミラーレスのいでたち(笑)

朝日が差し込みはじめるが、雲があって赤富士まではいきませんでした^^;
となりのおじさんが「朝日が当たってるだけだなぁ〜」と(笑)

それでも充分きれいでしたよ^^

適当なところで切り上げ、その周辺を少しうろうろ。
コンビニで朝ご飯を食べながら、スバルラインを上るか考えましたが・・・、
眠気もあり家へ向かうことに^^;久しぶりで腰もいたかったので^^;;

明るくなっている来た道を戻っていく。
なんとなくリズムだけは取り戻し、怖いと気持ちいいを感じながら走っていく。
クイッっとクイックに向きが変わり、
アクセルオンでがっちり路面をつかんで加速していくXR100Rの感覚も思い出してくる。

そいて、道志〜R16~R246を走り10時くらいに帰ってきました。
まずは、自分も、全バラしたバイクも無事帰れて良かった(笑)

20151012-DSCF1210 20151012-DSCF1220 20151012-DSCF1295 20151012-DSCF1303 20151012-DSCF1301 20151012-DSCF1307 20151012-DSCF1321 20151012-DSCF1328 20151012-DSCF1326

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss