好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

富士山の麓でキャンプをし、バイクの荷物を置いてダートへ行くために、
河口湖駅にあるコインロッカーを利用しました。

事前にインターネットで調べた情報は、駅にコインロッカー、駅の手荷物預かり所、
駅周辺のレンタサイクルやお土産屋さんでも手荷物を預かってくれるとのこと。

値段や利用時間も調べましたが、現地で見た価格とはちょっと違っていました。
シーズンでの違いや価格改定もるとおもいますが、
2018年9月23日の三連休中日に見た価格と利用状況を書いておきたいと思います。

 

1:「河口湖駅近く、着物屋さんのコインロッカー」は空きに余裕があり。400円〜600円

今回利用したところです。駅から順番に見て回って、最終的にここにたどり着きました。
駅を背にして左側、きものの丸宗というところです。

 

歩いてもすぐですが、電車利用で荷物1つなら、なるべく近いところがいいのでしょうか、
駅のロッカーは空きゼロなのに、ここのロッカーはガラガラでした。

バイクの荷物を置くなら、ここが一番良い気がしました。
値段的なこともありますが、ロッカーの前にバイクを停めれることが大きいです。
駅前は少し停めずらかったので。

向かい合わせに2箇所ロッカーがあり、小さいロッカーは400円、中が500円、大が600円でした。
ちなみに、私の荷物は400円のロッカーで入りました。

手荷物預かりだと、3個口になって割高なので、ロッカーがあって助かりました!

 

 

下記に、他の手荷物預かり所のことも書いておきます。

 

1:「河口湖駅のコインロッカー」はハイシーズンは空きなし。400円〜700円

駅に2カ所のコインロッカーがありましたが、どのロッカーもいっぱいでした。
見た時間は11時半くらいですので、皆すでに観光に回っているのだと思います。

ロッカーは大きさによって400円〜700円。
平日やハイシーズンでなければ空きがあるのかもしれませんが、3連休などは厳しそうです。
ひっきりなしに外国の方達がロッカーを見に来ていました。

 

2:「河口湖駅の手荷物預かり所」は1個700円で9:00〜17:00まで。

駅の中に有人の手荷物預り所があります。荷物一つにつき700円。
時間は9時〜17時まで。
駅にあるので、駅に戻って電車に乗る人は便利だと思いますが、
バイクの人にはあまりメリットはなさそうです。

 

3:「駅前付近のお土産店、レンタサイクル店」は1個500円が相場のようです。

営業時間はお店により、17時までだったり、19時までだったり。
どのお店も1個につき500円というのが相場のようです。
レンタサイクルとセットだと300円のところもありました。
駅のまわりを見渡して少し歩けば、どこかしらすぐ見つかると思います。

 

バイクで身軽に走りたくて、預けられるところを探しましたが、
河口湖駅はどの店も英語表記。
富士山観光への入り口として、河口湖駅にいかに外国の方達がくるか、今更ながら知りました。

そんな外国の旅行者に混じって、荷物を預けるところを探すのも、
意外と楽しかったです(笑)

2018/9/23

2日目は北富士演習場を案内することになっていました。
軽い状態で走りたいので、キャンプ道具を預けるために、河口湖駅に向かいます!

 

河口湖駅で荷物を預ける。

北富士演習場がフラットな道とはいえ、
荷物積んで走るより、荷物を下ろして走ったほうが楽しいのは間違いありません。

河口湖駅の手荷物預かり場・コインロッカー事情は、別記事を書きたいと思います。

キャンプの荷物は、コインロッカーに預けることにしました。
400円のロッカーに全部がすっぽり!

 

荷物を預けて一安心。駅近でほうとうを食べる。

荷物を預けたら、お昼近くになっていました。
駅の真ん前にほうとう屋さんがあったので、そこに入ります。

頼んだのはもちろん「ほうとう」。しばらく待って出てきた「ほうとう」デカっ!
食べきれずに少し残してしまいました^^;

 

北富士演習場に入り、広大なすすき原を眺める

河口湖駅を出発し、道の駅富士吉田の近くのゲートから入りました。

そのゲート付近の路面は、少しフカフカな石。
概ね固い路面なのですが、ここらへんだけ締まっていません。
オンでも大丈夫と吹いておきましたが、この辺だけははちょっと厳しそうだった^^;

まずは入り口すぐの適当な所で、風景を眺めながら少し休憩。

 

外国ちっくな直線道路へご案内

足慣らしに外周路ずっと走って、外周路の一本内側の直線道路へ行きました。

広大な大地の直線道路は、ちょっと外国にいる気分になれます。
ここでコーヒー飲んでるだけで幸せ。

 

少し休憩して、セローに乗せてもらいました。
直線だけではなく、その後も少し乗せてもらいましたが、走りは快適。
XR100に1日半乗っているからか、セローが思ったより大きく感じましたが^^;

 

 

RL射座の道を行ってみる。

直線道路から、高台のあるところをご案内。
以前富士山バックで写真を撮ったところでした。

ここまではだいたい自分が行ったことがある所でしたが、
まだ行ったことのない場所も行ってみたいので、RL射座という看板の道を入ってみました。

進んでいくと、ブロック製の建築物が出現。なんだかかっこいい・・・・。

 

友達が写真を撮っている間に、支線に入っていってみる。

今回、支線はほとんど入っていないのですが、
友達が写真を撮っている間にちょっと入ってみました。
あっという間に太い道にぬけてしまいましたがw

 

ススキが少ないと、また違う雰囲気!

大部分がススキの中を走る道なのですが、道路の脇にススキが少ないと、趣が違います。
広大なエリア内でグルグル回ってるだけですが、それでも景色に変化があって面白い。

 

見晴らしのよい低い丘で撮影タイム。

丘ってほど丘でもないですが、
少し高いところに上ると、道路が見えなくなっていい感じです(笑)

 

雲がかかっている所に富士山があるのですが、見えていたら最高なんですけどねぇ。

 

マトのようなものがあったので見。

マトのようなものを見つけたので、バイクを止めて見学しました。
遠くに見える部分に撃つところらしき場所がありましたが、あそこから撃つのかな?

 

撃つほうからマトを見てみる

標的の看板を撃つ側から見てみました。富士山に向かって撃つ感じですね。
富士山みえませんがw

 

外周路上から下の出口まで、一気に下って北富士を後にする。

太い道をウロウロしていただけですが、いい時間になってしまったので、
いったん一番上に上って、下まで一気に下って帰ることにしました。
外周を走っても広いと感じますが、真ん中を下りてきても広いって感じますね。

 

北富士は、広大な風景もすごいですが、
RPG的なこんな所を見つけたみたい楽しみがあります(笑)
支線などの散策も楽しそうなので、いずれ支線散策をしてみたい。

 

荷物をピックアップして帰路につく。

コインロッカーから荷物をピックアップして、友達と別れ、帰路につきました。

 

おつかれさまでした。

 

2018/9/22-23

ふもとっぱらキャンプ場の受付を済ませ、設営場所を探します。

バイク組はどこでもテントを張れるのですが、
雨の後でぬかるんでいる所もあり、
後からくるファミリーが張りやすいところ探すため、うろうーろ。

入り口からだいぶ離れたところでよそそうな場所を見つけ、場所決定!
30分遅れでファミリーが到着し、設営を開始します。

 

この前のキャンプに続き、まさかの二度目のポール折れ!

自分のテントを張る位置を決め、ポールをテントに通して立て始めました。

「パキッ」・・・・あ・・・・ネタが増えた瞬間です(笑)

先日直したものではない方のポールが割れました。真ん中あたりの部分です。
ポールの中心付近は、曲がりがきついので、だいぶ金属疲労も進んでいるのでしょうね。

しかし、今回は慌てずにすみました。予備ポール作ってありましたから!

ショックコードを切って、割れたポールの外し、作っておいたスペアポールを取り付け。
もう一度折れたらやばいと思いながら、恐る恐る立てましたが大丈夫でした。ホッ。

今度は予備ポール2本作っておこうw

 

ここをキャンプ地とする

ポール折れでドタバタでしたが、無事にみんな設営も終わりました。

改めて見渡すとすごいテントの数!
いったいどのくらいのテントが張ってあるのだろう?

テントを張る場所を探している時は、うわぁという感じでしたが、
張ってみると、隣とはあまり近い感じはしません。

狭い区画のキャンプ場なんかと比べれば、案外隣も気にならないし快適です。
見渡すとすごい人なのに、自分の周りは快適って不思議な感覚w
広いってすごい。

ただ広いのにも欠点はあって、
管理棟から離れていくと、場所によっては水場が少ないのが難点でした。
バイク組は一泊だけしか食器使わないので、家で洗うと決めてたので問題なかったですが。

トイレは比較的用意されていましたが、
和式がだめな人は設営場所を考えたほうがいいかもと言う感じ。

 

 

飲み会会場はここ!

本日の飲み会会場はこちら!
バイク組は、空の下の地面から低いところでこぢんまりと。

 

アヒージョと焼き肉をふるまう

ファミリーは何も作っていないので(笑)、私はアヒージョ、友達は焼き肉を振る舞います。
買いすぎた我々の食材を減らすべく友達に振る舞いまくり!

お酒は各自必要な量を買って来ましたが、この歳になると自分の飲む量は分かってるようで、
十分に飲んだのに、余らず、ぴったりの量でした(笑)

 

改造ファイアスタンドデビュー

足を切って継ぎ足し式にしたファイアスタンドもどきを組み立てたき火タイム。

→改造したファイアスタンド

薪はファミリーが買ってきてくれていました^^
足が折れることもなく、無事にお役目をつとめてくれました。

 

子供たちに大人気、マシュマロ焼き

大人たちは2個くらい食べれば満足ですが、子供たちは面白がってどんどん食べます。
買って良かったマシュマロ(笑)

 

朝は富士山は見えず、残念

朝の富士山が見たくて、5時頃に起きました。
テントから外を覗いて、空一面の曇り空を見てしまいます。
テントのチャックを閉め、再度睡眠(笑)

結局、昨日今日と富士山は顔を出しませんでした><
キャンプ場からの富士山見たかったなぁ。
友達に聞いたら、月曜朝はきれいに見れたみたいですが・・・

もう一度空いている時期に、富士山を見に来てみたい。

 

湖だと思ったものは池だったw

陽が昇ってから
きれいだったよ〜とスマホの画面で見せてくれた景色を探しにプラプラ散歩します。

スマホ画面で見て、勝手に湖だと思っていたのですが、
その景色は、キャンプ場が作った池でしたw
写真って怖いわー、すごく違う印象に感じるw

池の向こうに、雲に隠れて富士山がドーンとそびえ立ってます。
みたかったぜー。

 

キャンプ場散策を終えて出発

池の次は、某アニメには出てきた置物の所へ行きました。
誰か見に来ている人いるのかと思いましたが、だれも見に来ていませんでしたw

 

散策を終え、テントを撤収。
今日は友達を北富士に案内します。

2日目・北富士につづく

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss