好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

[バイク]

2006年09月09日

修善寺

友達のジヌーと旅行を企画した。朝7時に恵比寿で待ち合わせて伊豆へ向かう。
今日は走りの伊豆でも遊びの伊豆でもなく、観光の伊豆のつもり。でも目的地は何故か西伊豆の雲見なのだが。
最初は普段は通過してしまう修善寺を観光。
伊豆の小京都と言われているそうですが、たしかにそういう風情はある(ミニチュア京都というべきだけど)。
意外と気に入りました。風情のある町を歩いたり、甘味処で甘いものを食べたり。大満足。
韓国人には温泉は珍しいものらしく、温泉を触って喜んでました。

PHOTO

修善寺

PHOTO

修善寺温泉

PHOTO

らっきょう屋さん

PHOTO

甘味処で

 

西伊豆海岸

それから、適当に展望の良さそうなところを寄りつつ。昼飯には三共食堂の小鯵寿司を食う。
旅人の彼には少しツライ値段だったと思うけれど、私が食べたかったから値段のことは勝手に目をつむって行きました。
そして、黄金崎とかも見つつ、堂ヶ島では遊覧船に乗るという王道コース。

PHOTO

戸田

PHOTO

三共食堂 小鯵寿司

PHOTO

小金崎

PHOTO

堂ヶ島

 

沢田公園露天風呂

そしてその後は沢田公園露天風呂へ。ここが一番エキサイティングっぽかったな。
韓国にも公共浴場はあるので、裸で風呂に入るということは普通のことだけれど、
温泉に入るというのは別物らしい。まして、こんな崖の上にあるような風呂なんてそりゃあ珍しいでしょう。
まあ、ここの欠点は狭いのであんまりユックリ入ってられないことですかね。

PHOTO

Caption

 

雲見・自湧泉の夕食

夕方5時に雲見到着。さすがに伊豆は何度もきてるだけあって、時間がピッタリ!
さて本日の宿は自湧泉というところ。1泊6950円。
友達が旅中なので、なるべく安いところで、かつ料理が美味しそうなところをチョイス。
さて、お料理ですが、キンメの煮付けや刺身。そしてトビウオの刺身など、これがウマイ。
伊豆の民宿は、ほんとお料理にいつも満足します。
ビールもたっぷりのんで、いろいろ話をして、朝ゴハンのコールまで、爆睡でした。

PHOTO

夕食

PHOTO

煮付け

[バイク]

2006年08月06日

野沢の朝市

朝ご飯の前に朝市を見学。
案外にぎわっていて、こんなにこの町に宿泊客がいたのかと驚きました。
ついついいろいろ買い物をしてしまいましたが、
買い食いした野沢菜おやきはちょっとハズしましたと思いました。

朝食はオーソドックスながらも、ボリュームが結構ありました。

PHOTO
PHOTO
PHOTO

 

温泉めぐり

午前中は野沢温泉めぐりしました。昨日もいくつか入りましたが、
今日ものんびり温泉天国。写真は大湯というところ。

PHOTO
PHOTO

 

直江津へ

山ばかり走っていたので海のものを食べよう!と直江津まで出ました。
特に何をしたわけではないんですけど・・。

PHOTO
PHOTO

 

[バイク]

2006年08月05日

碓氷峠・軽井沢

1泊2日で友達と野沢方面へツーリングへ行きました。
KLR650とGPZ900RとRG400Γという、微妙に古いバイク達で出発です。
さすがにΓは人気があり、高速SAで止まるたびに声をかけられていました。

碓氷峠の手前で高速を下り、碓氷峠旧道を上っていきます。
久しぶりのワインディングはぎこちない走りでした・・。
やっぱり乗りつけている人にはかなわん。。

途中脇道へそれていったら、軽井沢の商店街の中を走るハメに。
休日の軽井沢は人が多く、バイクで走る所ではありません。
そうそうに走り抜けてしまいました。

PHOTO
PHOTO
PHOTO

 

火山ルート・志賀草津有料道路

軽井沢から火山ルートの方へ進路をとります。
鬼押し出し園の近くを通ったんですけど、ここ一度行ってみたいんですよねぇ。
子供の頃のビデオに映ってるんだけど、行った記憶がないもんで・・。
かみさんに言わせると「ただの岩」だよ。といいますが、
う〜んそれを言っちゃどこの観光地も一緒では?

志賀草津道路はほんとに気持ちがいい。
山の中を遠くまで続く道が見えたり、 景色も良かったり。
日本にもこんなところがあるんだ〜と思わせる道ですね。

PHOTO
PHOTO
PHOTO

 

Land Haus あぜがみの食事

宿泊今日の宿泊は野沢温泉のLand Haus あぜがみという所。
食事がとても多い宿でした!

PHOTO
PHOTO

 

2日目に続く・・

[バイク]

2006年06月04日

昨日、友達と温泉でも行こうと伊豆を調べていたら、
距離がちょうど良さそうなところに行ってみたい温泉を発見。
伊豆の修善寺のちょっと下にある吉奈温泉の東府屋というところ。
立ち寄りで入れる時間が11時30分〜13時30分の間だけということなので、
朝トゥデイで家を出てから、温泉をめがけて出発。

東名の御殿場手前の上りも快調にトゥデイは登ります。
巡航している状態が4速でパワーバンドなので、
上りでも一気に追い抜きが出来るのが感動しました。
またEKワゴンにあおられた時も、加速がんばったら、突き放しにいけました!
でもオマワリさんが多い区間なので、先にいかせましたが・・。

この温泉が開いている時間帯は一番遊んでいたい時間でもあるので、
完全にこの温泉目的のドライブになてしまいました。
12時前に到着すると、宿の人は温泉に入るだけなのに、非常に丁寧に迎えてくれました。
こちらが申し訳なくなく思うくらいの丁寧さでしたよ。
温泉も1時間以上入っていましたが、誰一人入ってこない貸切状態。
お湯の温度も景色もそれは気持ちよく、
長湯が苦手な私でも、何時間も入ってられそうなお風呂でした。
ここは泊まりでも来て、ゆっくりしてみたいと思う旅館でした。
とても贅沢な時間が過ごせそう。

それから、海の幸を食べるため、宇久須へ抜ける。
細いグネグネ道は軽自動車はラクチンです。ただ、2速の3速の間にもう一速ほしい。
町中では快適なワイドなギアも峠だともうちょいクロスしていて欲しいと思った。

宇久須では有名な三共食堂へと思ったんですが、海鮮焼のカンバンにつられてカネジョウという店へ。
海鮮焼を案外リーズナブルに楽しみました。
満腹になった後、土肥から山へ入って西伊豆スカイライン、修善寺、山伏峠、
伊豆スカイライン、箱根という感じで帰ってきました。
山の上の方は霧がすごく、何も見えませんでした。

箱根を下って箱根湯本で、弥次喜多の湯という温泉に入りました。まあ普通ですねここは。
帰りの道路はすいていて、ラクチンでした。この日320kmくらいを走りましたが、
なんと燃費は18km/l!あれだけブンまわしてこんなだと、平地を行くようなツーリングだと
20kmとか行くかもしんない。ちなみに通勤でも15.5km。

トゥデイ 横浜-吉奈温泉

[バイク]

2005年08月20日

昔よくツーリングに行っていたNEMOさんとツーリングに行きました。
今、NEMOさんはツーリングクラブに入っていて今度幹事をやるみたい。
月に一回ツーリングに行っているのは非常に羨ましく感じます。
今回はそのツーリングのルートの下見を兼ねてのツーリングです。
まずは中央高速で小淵沢まで行き、エコーラインを通って蓼科方面へ行ました。
そこからR299で麦草峠まで一気に登ります。
麦草の道はかなりタイトなコーナーがあって面白いんですが、
KLRはタイヤの硬化が思ったよりもひどく、
コーナーは恐いだけで走りに関しては全然楽しめませんでした。
ちょっと路面が悪いとすぐにグリップを失い、タイヤが滑ってヒヤリとします。
タイヤのことはバイク屋からも言われていたし、
この前の信州キャンプに行ったときにも気づいていたんですけれどね。
まあでもその分、景色は堪能しました。
夏らしい気持ちの良い景色の中を走り抜けます。
麦草を抜けてからは県道2号線走りました。
村の間を流れるきれいな川と日本らしい農村の景色を堪能。
道志村のように人が大勢訪れないところらしく、
自然なままの山間の村があって、非常によかった!
また、この道沿いには温泉もあって、350円で入れます。
そして、韮崎から中央高速に乗りますが、5時までにNEMOさんのウチに帰らなければいけないのに、
ここですでに5時。完全に遅刻です。
帰ったときは奥さんはカンカン!?かどうか分かりませんが、
NEMOさんのウチに遊びに来て近所で
ブルーベリー狩りを楽しんだカミサンと子供達と一緒に帰路につきました。

KLR650

PHOTO
PHOTO
PHOTO
  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss