好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

まずは展望台めぐり

初日は親の日、2日目はコドモの日、3日目は半々にして展望台めぐりと志摩マリンランドへ行きました。
雨があがったところで、まずはパールロードの鳥羽展望台へ向かいます。言わずもがな絶景です。
コドモ達は観光ヘリコプターが気になっていましたが、ケチケチ旅行なので当然それはスルーです。

パールロードの景色を楽しみながら、そして下に見える古い道が気になりながら、
所々展望ポイントや志摩大橋へ寄りつつ、今回私が行きたかった横山展望台へと進みます。
横山展望台からは、入り組んだこの辺り独特の風景が楽しめました。
もう、私、これで満足です。こころおきなくマリンランドへ行けるというもの。

PHOTOClickで拡大

鳥羽展望台より

PHOTOClickで拡大

志摩大橋

PHOTOClickで拡大

横山展望台より

 

ドクターフィッシュがパクパクと

コドモ向けには鳥羽水族館を考えていましたが、マリンランドの株主優待券があるんです。
ショーはなくとも、当然こちらを選択です。

志摩マリンランドはいい意味で落ち着く水族館でした。
近代的な水族館も好きですが、こういう雰囲気の水族館も大好きです。
展示でいえば、干潟の展示が癒されます。何時間でもムツゴロウの顔を見ていられそう。。

コドモにもオトナにも大人気の展示としては、ドクターフィッシュ「ガラ・ルファ」でしょうか。
よく温泉なんかにあって、お金をとっているアレですアレ。やる気はなくとも気になっちゃうアレです。
手を入れると、妙なバイブレーションと共に、手にまとわりつきます。
くすぐったいような・・痛いような・・不思議な感覚・・。
最初はビビっていたムスコもすっかりハマって、手を入れまくりです。

後は、マンボウ水槽が大人気だそうですが、数が多いんですね。
これだけの数の入ったマンボウを見たのは初めてかも知れません。

PHOTOClickで拡大

癒される干潟の展示

PHOTOClickで拡大

ドクターフィッシュ体験

PHOTOClickで拡大

マンボウがいっぱい

 

伊勢うどんと手ごね寿司と

ランチは面倒だったので水族館で食べちゃいました。
伊勢うどんと手ごね寿司のセットを注文。初日に食べるはずだったものをしっかり食べます。
もう気の利いたお店で食べれれば言うことないんだけど・・まあそれはソレ。
名物を食べたというここでヨシとしましょう。
ちなみにムスメにはカツオをマグロと騙しておきました。。

PHOTOClickで拡大

伊勢うどんと手ごね寿司

 

ひやかし賢島

カミサンがパールを少し見たいというので、賢島へ立ち寄ります。
カミサンがウインドーショッピングを楽しんでいる間、コドモ達は私が面倒を見てあげます。
ブラブラと道を歩いていると、ウルトラマンジャックを発見!記念写真をパチリ。
お船を見たり海を見たりしている間に、「もういいや。」ということになって、
キャンプ場で遊ぶため帰路へつくことにしました。

PHOTOClickで拡大

ウルトラマンジャック発見

PHOTOClickで拡大

レトロな松井真珠店

PHOTOClickで拡大

エスパーニャクルーズの船

 

気になった道を通って

キャンプ場への帰り道、パールロードから見えていた道へ行ってみます。
ナビではゼッタイ案内されない道でしょう。部分的にかなり細いところがある生活道路です。
そこには朽ちた水門や、活気のない村、こんなところにも宿がいっぱいあるんだという発見もあり、
非常に楽しい道のりでした。しかし全然クルマが通らないんですね〜。
我が家のクルマにもナビは一応ついていますが、旅行地ではただの地図として大活躍しています。
まれに検索してナビ通りに行くこともありますが、基本的に自分で走るルート作りたいんですよねぇ。

PHOTOClickで拡大

県道47号線

PHOTOClickで拡大

所々に町があります

 

磯遊びが一番楽しいっ

早めにキャンプ場へ戻ってからは砂浜や磯で元気いっぱい遊びます。
コドモ達にはここがイチバン楽しいところでしょう。イキイキとしています。

砂を掘っているウチにムスコが「パパ、コレ」とアサリを持ってきました!
アサリ、いるんです。パパは砂浜をほじくり返したことは言うまでもありません・・
が、やっとのことで3匹見つけたところで手が痛くなって終了〜。
パパもアサリ探しが飽きたので、コドモと一緒に石をひっくり返してカニ探し。
小さいカニがいるわ、いるわ。
昆虫ケースにカニやアサリ、石をいれれば即席トリプー家水族館の出来上がり〜。

海で遊んでいるウチに、あっという間に時間が過ぎ暗くなってきました。
サイトに戻ると、なんと海鮮ナベが出来ていました。
「三重県産タイのアラ」と「三重県産カワハギ」の入った味噌仕立て鍋、こだわりの三重県産です。
このカワハギが絶妙のウマさ。コドモ達もいつになくパクついていました。

PHOTOClickで拡大

網でバシャバシャ

PHOTOClickで拡大

水路?

PHOTOClickで拡大

三重県産魚介入りお鍋

2日目は志摩スペイン村に

昨日、コドモ達はガンバッタ。よ〜くガンバッタ。
なので、今日は志摩スペイン村へ行ってあげよう。GWということで朝8時からOPENしているらしい。
あれれ、でもなかなか起きないゾ。そりゃ〜疲れたよね。無理に起こさず、起きたら出発にしてあげよう。

コドモ達が起きてきて「今日はスペイン村行くゾ〜!」と言ったら、「何ソレ?」・・。
「いや、遊園地みたいなところで・・(汗)」
なんて説明をしながらパンをかじって、朝の8時にキャンプ場を出発です。
到着したときはすでに第二駐車場。風呂セットを持ってシャトルバスでスペイン村へ向かいました。

 

コドモ達はスプラッシュモンセラーがお気に入り

「オレは株主だぜ〜」という顔をしながら、株主優待半額でパスポートをご購入〜。
割チケを送ってくれたHさんありがとうm(_ _)m

入場門をくぐると、キャラクターのダルが歓迎〜(知らないよね〜)。
ショッピングモールをくぐればそこはもう、パルケエスパーニャ・・・だにゃ。

まずは、ピエロ・ザ・サーカス。言うなればスペイン村版マーメイドラグーンかな。
ゴンドラに乗って敵を打つヤツと、消防車に乗って火事を消すヤツに乗りました。
この火事を消すヤツ・・穴の中に水鉄砲で水をいれるだけなんだが、ハマる。
並んでいる時みんな真剣だなぁとおもっていたが、自分も真剣になりました。マジハマる。

その後、ディズニーシーのフィッシュコースターでジェットコースターに目覚めたムスコとムスメは、
あのような乗り物をご所望。
二人とも乗れるものとして、急流を滑り落ちる「スプラッシュモンセラー」という乗り物をチョイス。
なんと1時間待ち。「ゼッタイ乗る!」とうるさいので渋々並びます。
やってみると、えらくお気に入りのご様子。「また乗る〜」と言ってました・・・。
また1時間待ちはシンドイので、いくつかの他のアトラクションでお茶を濁して、昼食タイムです。

PHOTOClickで拡大

スペイン村のショッピングエリア

PHOTOClickで拡大

スペイン村のキャラクター

PHOTOClickで拡大

手前のがコドモ達のお気に入り

 

午後になってもスプラッシュモンセラーがお気に入り

ごはんを食べたらパレードをやっていました。
パレードは山車がとまると、コドモ達が走り寄っていって一緒に踊ります。
参加型のパレードはコドモ達にとっては楽しいでしょうね〜。

以下オトナ的発言・・・ディズニーなんかよりは、おねーさんの年齢が高めに感じます。
・・・決して若いオネーサンがいいと言っているわけではありませんっよっ><
東京より人が集まらないんでしょうねー。人材を集めるのが大変そうに感じました。

さてスペイン風の町並みにさしかかり、カミサンの目の色が少し変わりました。
が、コドモ達は全く興味がなく「おみやげとかみたいんだよ〜」という声を無視して
どんどん先に行っちゃいます。
こちらの奧のエリアの方が後から作られたのでしょうか、作り込みが良い感じです。

アドベンチャーラグーンというジャングルクルーズみたいなのに乗った後は、
「またさっきの水の落ちるヤツに乗りたい!」と言いだしたので、最初のエリアに戻っていきます。
戻る途中疲れたので、ソフトクリームを買ってコロシアムで休憩。
休憩しているうちに、ショーが始まったので鑑賞。
なんだかキャラが分かりませんが、みなソフトをほおばりながら楽しんでいました。

最初のエリアでコドモ達が乗りたがっていた「スプラッシュモンセラー」と
いくつかのアトラクションを楽しんだ後、少しばかりのお土産を買ってから温泉タイムです。

PHOTOClickで拡大

パレードはコドモ達も踊れる

PHOTOClickで拡大

スペイン風町並み

PHOTOClickで拡大

ショー

 

絶景かな、ひまわりの湯で癒される

コインロッカーから温泉セットを取り出して、いざ「ひまわりの湯」へ。
ここでも当然、株主ヅラです。優待券と駐車券を出したら、なんだかとてもリーズナブルになりました。
本当にHさんありがとうm(_ _)m

ひまわりの湯からの眺めはとても素晴らしいく、
少しヌルッっとした肌触りになるお湯が気持ちがよい。
お湯はスーパー銭湯的にヌルメなので、コドモ達にもバッチリです。

このお湯ならばムスメは長湯するハズ・・との予想のもと、
かみさんチームより先に出ないようムスコと露天風呂に入ります。
随分時間がたってから「中のお風呂にも入りたい」とのムスコの一言。
中のお風呂に入ったらもう負けです。ゼッタイゼッタイ熱くなって「出る〜」と言います。
少し入ったら「もう出る〜。」と・・。

着替えさせ、待ち合わせのロビーへ。やっぱりいません。負けました。。
しかし、5分ほどしたら出てきたので、我々男チームも相当ガンバッタ!?

PHOTOClickで拡大

ひまわりの湯

 

御食事は「彩」で

クルマに戻ったときはすでに夕方6時30分。
このままキャンプ場に戻ってもメンドクサイことになるので、食事をしてから帰ることにしました。
さすらいの時間です。
スーパーマーケットで明日の食材を購入してから、テキトウに見つけた御食事処へ入りました。

非常に良い感じのお店だったので宣伝しておきます。
志摩横山駅付近にある「彩(いろどり)」というお店です。

寝ていたムスコのため、女将さんは下に敷く毛布と上にかける毛布を持ってきてくださいました。
これだけでも感激ですが、お料理も絶品です。

私はお刺身定食とコチの唐揚げ、ムスメはからあげ定食、カミサンはヒレカツ定食をご注文。
このお料理、食べる人のための細かい配慮も完璧です。
箸もコドモ用は小さめなのは序の口で、コドモ、女性、男性のご飯のボリュームが違います。
お茶碗の大きさからして違います。
さらに、ムスメの唐揚げ定食は食べやすいように細かく切ってあり、とっても気が利いています。

そして、美味しい上にボリュームがとんでもない。刺身定食でさえ大満足のボリュームです。
そのため、ムスメはほとんど余らせてしまいましたが・・。
もったいないので、お持ち帰り出来るか聞いたところ、快くプラケースに入れてくださいました。
そして、なんと「ムスコさんが起きたら食べれるように、ニギリメシもあったほうがいいなぁ〜」と
ウメボシ入りのおにぎりを2つも作っていただいて・・。感謝です。
お代はお払いするつもりでしたが「おかわりしたら同じだから〜」と、とても気持ちの良い対応でした。

さて、その後少し店主や女将さんや常連のお客さんと、志摩の楽しいお話や裏話をさせていただいて、
大満足でキャンプ場へ向かったのでした。

PHOTOClickで拡大

お刺身定食

PHOTOClickで拡大

御食事所 彩(いろどり)

PHOTOClickで拡大

お持ち帰りした夕飯

深夜の渋滞を走り抜け、伊勢神宮へ

事前の渋滞予測によると、深夜でさえも渋滞があるらしい。
それでも夜中に走って行かないと、丸々と1日が無駄になってしまう。
夜の9時30分、高速へIN。コドモ達は高速へ乗った頃にはすでに熟睡。
長距離移動の足かせがなくなって、いつもよりもグングン距離を伸ばしていきます。
そして、朝の6時前に無事に伊勢につきました。とりあえず内宮の駐車場へ向かいます。
この時間でも、駐車場にはたくさんのクルマが・・・と思ったら、
ガラガラで仮眠を取っている方ばかりでした。
コドモ達はまだ寝ていましたので、まずは駐車場で仮眠・・しよう・・あっ起きた・・
睡眠を取る前に、コドモ達も起きました。
みんなでオニギリを食べて、お約束通り外宮へクルマを走らせます。

 

伊勢神宮(外宮)参拝

入口でお清めをした後、朝のすがすがしい森の中の参道をテクテクと歩いていきます。
朝は人が少なくとても気持ちが良い。コドモ達も玉砂利であそびながら奧へ奧へと進みます。
一番奥へ行くまでに、何カ所もお参りするところがありました。
都度とまってお賽銭とお参りをしていきます。
当然、オサイフの中の小銭がドンドン減っていきます。
言うなればオトナのガチャガチャ・・いやありがたくお参りさせていただきました。
しかし「なんとオサイフに厳しい・・」なんてことを思わせないその神々しい雰囲気。すごいです。

PHOTOClickで拡大

伊勢神宮(外宮)

PHOTOClickで拡大

伊勢神宮(外宮)

PHOTOClickで拡大

伊勢神宮(外宮)

 

五十鈴川で鯉とたわむれ・・

外宮を参拝した後、コドモ達は「キャンプ場へ行きたい!」とブーたれていましたが
そこは無視して内宮へ向かいます。
おはらい町やおかげ横町も歩きたいので、少し遠いところの駐車場に停めて
ひとけの少ない昔の作りの建物の中、テクテクテクテクと歩いていきます。
お店はまだ開店準備中の所が多いのでスルーです。
「もう疲れたー。つまんな〜い」と言っているコドモ達は川を発見し、走り出します。
川では鯉めがけて、石を投げたり、石を投げたり、石を投げたり・・。
見渡すと同じくらいの子連れはみな石を投げています。罰当たりです・・が許してください。。
石を投げながら少しづつ内宮に近づき、入口の所でお清めをして参拝開始です。
川ルートで来てしまったため小銭がまったく増えていません。とってもオサイフに厳しい予感・・。

PHOTOClickで拡大

参道の地下道

PHOTOClickで拡大

伝統的な町並み

PHOTOClickで拡大

五十鈴川

 

伊勢神宮(内宮)参拝

内宮にはいると、人が随分と増えています。いつの間にこんな・・。
内宮は外宮に比べると広々とした感じの作りです。
途中、ご祈祷している親子がいましたが、あのシチュエーションはすごい。
神様がいそうなお庭に神主と親子2人。ヤバいです。雰囲気に呑まれます、きっと。
効き目以前に、いろいろと見透かされそう・・・あまりに神々しすぎ。
そんなシーンを見ながら、お賽銭をあげながら先へ進みます。
すでにこども達には1円玉を渡すようになっています。やはり小銭は必要です。
参拝後、お守りがとても効きそうな気がして、
自分の厄払い、コドモの交通安全、カミサンや実家、妹夫婦にお守りを購入しました。

PHOTOClickで拡大

伊勢神宮(内宮)

PHOTOClickで拡大

伊勢神宮(内宮)

PHOTOClickで拡大

伊勢神宮(内宮)

 

赤福でいっぷく

あまりに広く、かなりの距離を歩いたため、コドモ達は限界です。
そんな時、出口付近にある赤福のお店。反則です。吸い込まれます・・当然。
私とかみさんは赤福と赤福入りのかき氷をシェア、ムスメは赤福、ムスコはソフトクリームを注文。
もちろんペロリとたいらげます。疲れた体に甘いもの・・やめられません。
これで元気百倍!・・とはいかず、こども達はブーたれます。「早くキャンプしたい」と。
そういわれても、おかげ横町は譲れません。歩かせます。
でも、ウィンドーショッピングなんかはできません。ただ雰囲気を味わうのみです。

PHOTOClickで拡大

赤福で

PHOTOClickで拡大

おはらい町

PHOTOClickで拡大

おかげ横町

 

朝熊山の展望台

ムスメは前日遠足+クルマで睡眠だったため、かなり限界ギリギリでした。
夫婦岩は最終日に回し、「カーナビのすすめる道にさからって・・伊勢志摩スカイライン」を通ります。
もちろん、お伊勢さんの駐車場のトイレでゲットした割引券を使用です。
気持ちの良いスカイラインを上っていくウチに、ムスメは眠りにつきました。
なので浅熊山の展望台では、私とムスコで観光です。
壮大な眺めはとても癒されます。ムスコもなんだかお伊勢さんよりも楽しそうです。
ここには展望足湯があって、この壮大な景色を眺めながら足湯が楽しめます。
予感として、足湯にはいると動けなくなりそうだったので、ムスコにも教えず腹ごしらえに走りました。
ムスコはフランクフルトをペロリと一本食べました。相当歩いたからなぁ・・。

PHOTOClickで拡大

伊勢志摩スカイライン

PHOTOClickで拡大

朝熊山展望台

PHOTOClickで拡大

朝熊山展望台

 

なぜかカッパ寿司

ムスメも目覚め「お母さん、お寿司か伊勢うどんがいいんだよ〜」「お寿司ならいい。寿司がいい!」
「じゃあ、お刺身がのっている手ごね寿司でいい?」「カッパ寿司がいい!」
という議論が白熱していますが、議論は平行線のようです。
そんなところへカッパ寿司の看板が・・・。「あそこがいい!」・・・決まりです。。
いやいや、昨晩、午前とムスメはガンバッタ・・と思う。好きなもの食べさせてあげましょう・・かねぇ。
しかし、ハラが減ったそのカラダにカッパ寿司のウマいこと。
新鮮かもしれない名物のカツオのニギリは絶品だった・・・ような気がしました。

 

やっぱり海遊びがイチバン

鳥羽で買い出しをしてから、宿泊地の鳥羽キャンプセンターへ向かいます。
コドモ達は「テントがいい!」と言っていましたが、
今回は観光メインなので手間のかからないバンガローです。
とりあえずバンガローに備え付けのテーブルの上にタープをかけて、目の前にある海へGO!
コドモ達はイキイキとしています!やっぱりコドモ達にはお伊勢さんよりも海です。
海に足だけ入って石を投げたり、カニを捕まえたり。
お伊勢参りの疲れもなんのその。夕暮れまでしっかり遊びました。
遊んだ後は温泉へGO!かんぽの宿にお風呂だけ入りにいきました。
そして、夕飯はキャンプの定番、カレーです。当然レトルトです。
まわりの人たちが炭火で何かやっていようとも、今回は手間をかけることは御法度です。
でも外で食べるカレーは美味しい〜の一言。
ご飯を食べたらみんなすぐに眠くなって、すぐに就寝しました。

PHOTOClickで拡大

キャンプ場の海

PHOTOClickで拡大

キャンプ場の海

PHOTOClickで拡大

バンガローの中

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss