好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

冬に向け、夏タイヤとスタッドレスタイヤの入れ替え作業をしました。 自分で交換するなら、安物トルクレンチを1本持っているだけで安心感が違います。   タイヤ交換時に便利な安物トルクレンチ 自分でホイール交換をするとき、 一番不安になるのはホイールナットのトルクではないでしょうか? ホイールナットの規定トルクは、メーカーごとに若干異なりますが、 一般的に普通車は

記事を読む

先日外しておいたキャリパーを加工して、 買ってあったEagle Mileのキャリパーサポートに装着出来るようにしました。 そして、キャリパーの清掃をした後、バイクに装着。 KLR650A型の純正1PODキャリパーからKLR650C型の2PODキャリパーに戻ります! →過去記事 その1:部品をゲット   キャリパーホルダーの穴の溝を削る Eagle Mikeの

記事を読む

以前付けていた2PODキャリパーの効きはスゴかった 20年ほど前に、KLR650A型のFブレーキの効きに不満を持ち、 KLR650C型のキャリパーをオンオフキャリパーサポートを使って装着。 ブレーキローターもワンオフで310mmのものを装着していました。 この2PODキャリパー+310mmローターは、怖いほどに良く効きました。 サスペンションのセッティングを変えないといけない位に

記事を読む

「冬は防寒用品もボックスに入れておく余裕が欲しい」、 「夏はドリンク類を多めに持つので余裕がない」、 「帰りにお土産を買ってボックスにしまいたい」、 「車載工具が増え、空きが少ない」、 そんな思いもありリアボックスを新調することにしました。   以前から愛用しているGIVIにしよう リアボックスをバイクに付けるのはダサいと言われ、 スクーターなどにしか付ける人

記事を読む

1本出しだったロッドホルダー を、2本出しに改良しました。   たも網もごくマレに必要だから、玉の柄も持って行きたい 先日ロッドホルダーを制作し、竿が1本運べるようになりました。 (→制作過程:釣竿をバイクで運ぶため、ロッドホルダーを製作しました) 40mmの塩ビパイプを使って作りましたが、これだと竿が1本しか持ち運べません。 竿は1本で良いですが、マ

記事を読む

ヘルメットホルダーがなかったので、キジマの汎用ヘルメットホルダーを取り付けました。   ツーリング先で不便なので、ヘルメットホルダーを取り付けたい 元々バイクに付いていたヘルメットホルダーは、 パニアラックと ETCの取り付けによって取り払われ ヘルメットホルダーがない状態でした。 少しの時間、ミラーにヘルメットをかけてそのまま行ってしまったり、 バイクから

記事を読む

フロントホイールのスポークを手に入れました サクッと前後のタイヤを入れるつもりでしたが、 ホイールに難があり、時間がかかっています>< まずはフロントホイールですが、 サビはあまり発生していないものの、スポークが一本ない・・・。 このホイールのものであろうパーツを検索し、 純正部品を打ち込んでみましたが、もう部品は出てこないようです・・・。 長さが

記事を読む

買っておいたホイールの状態が非常に悪かった 「さぁ、スパイクタイヤ入れるぞ!」と 地道に時間をかけて探して手にいれたホイールのタイヤをを外して、愕然。 まずリアホイールは、サビがすごい^^; リプテームでしっかり巻いてしまうにしても、少しはサビ取らないとダメそうな感じです^^; リアは置いておいて、フロントタイヤも外してみるとき、 スポークが一本足りていないのに気づ

記事を読む

125cc未満のバイクは、なんとスパイクタイヤOK 随分と昔に、粉塵問題で禁止になったスパイクタイヤですが、 125cc未満のバイクは、なんと法律で禁止されていません。 新聞配達や郵便屋さんなど、 冬でもバイクを使わなければならない仕事に配慮してなのでしょうか? すっかりクルマでは見なくなったスパイクタイヤですが、 スパイクのピンを買って、オフロードタイヤに自分で打ち込むこ

記事を読む

バイクに取り付けるロッドホルダー が欲しい 先日バイク釣行をしましたが、釣り道具はリアボックスとリュックに分けて入れ、 竿はケースに入れてゴムでしばって持って行きました。 何回かバイク釣行をしましたが、長い竿を毎回ゴムでしばるのは案外手間なんです。 短めの振り出し竿はカバンに刺して走れるのでいいのですけれど・・・。 「ロッドホルダーがあれば!」 荷物をサクッとバイクに積んで

記事を読む

モーターサイクルジャッキを購入しました。 少し重いですが、使い勝手はなかなか良いです。   車高がないバイクで使えるジャッキが欲しい 少し前まで、昔々に友達からもたったオフロードスタンドを使っていましたが、 スタンド自体に高さがあるため、今のバイクの下にはいりませんでした。 XR100は軽いので、持ち上げてスタンドに乗せるようにしたり、 KLR650は後輪を

記事を読む

ウェーブローターだと、組む時に毎回ブレーキパッドが落ちてしまう オンの友達と出かける予定もなく、次に出かけるときはオフ走りたいということで、 前後のタイヤをピレリのMT21に戻しました。 オン寄りのタイヤから、オフ寄りのタイヤへは、 ホイールごと換えるのでそれほどに大変ではないのですが、 ウェーブローターが、キャリパーにうまく入らず、 毎回ブレーキパッドがキャリパーから外れてし

記事を読む