好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

先日劣化して割れてしまったテールランプですが 明日のキャンプツーリリングに修理がなんとか間に合いました。   ヤフオクに同じテールランプが出ていてラッキー! 割れた部分の補修で行くことも考えましたが、 たまたま、こんなくそ珍しいランプがヤフオクに出てました! KTMにつけていたようで、KTMのシール付き。   部品取りして、レンズのみ交換

記事を読む

キャンプの準備をしようと、XR100に装着してあったパニアケースを取りに行くと、 テールランプのレンズが割れているのに気づきました。 イタズラ、跳石、劣化・・・理由はいろいろ考えられましたが、 レンズを触ってみると、どんどん割れそうなほどなので、明らかに劣化でした。 今週使うのでなんとかしますが、どちらにしろ新品に変えた方がよさそうなので、 何を付けるか検討してみました。

記事を読む

現在装着しているKLR650のタンクは、長期保管していたものです。 おろしてからそれほど年数もたっていないので、サビは比較的大丈夫なのですが、 まるっきりサビがないわけでもなく年式も古いので、 保険として燃料フィルターを取り付けることにしました。   鉄粉を除去できる可能性のあるマグネット付きに XR100につけたのと同じ、比較的小さいタイプでマグネット付きしまし

記事を読む

ビゴーレには、リア12-27T 10Sというギアを付けていました。 12-27Tというのは、数年前の10速時代ではヘタレ仕様のギアです・・。 しかし先日、農村ポタに行った時、痛烈に脚のなさを実感しました。 通勤にしか使っていない脚では、このギアでは山を走るのは無理に感じました。 大きなギアをつけるのが普通の時代になっていました 以前も大きなギアはつを付けようと思えばつけれ

記事を読む

ヘッドライトガードは見た目もかっこいい 前のバイクが跳ね飛ばした石で、ライトを割っている人がいたので・・・、 というのは言い訳で、 見た目がかっこいいヘッドライトガードを付けてみたかったんです。 買ったライトガードは、3カ所のボルト止めなので、お手軽に装着でできました。 ボルトを締めると、カウルにステーの跡がついてしまいそうですが、 それは仕方ないですかね。 取り

記事を読む

ビッグタンクに戻ったXR100を走らせる 大きくなったタンクの感触を確かめたくて、近所を走ってきました。 もちろん、ビッグタンク仕様に戻ったXR100Rの写真撮影を兼ねてです。 XR100には土と緑が似合うので、近場で緑がありそうな場所へGO! 細身のXR100のタンクと違って、ジェベルタンクは幅があるので、 足というか・・膝が落ち着きます! 小型のバイクには変わり

記事を読む

便利だったフロントキャリアを再装着 タンクをビッグタンクに戻し、1998年に旅をしたXR100Rの姿に近くなりました。 さらに元通りの姿に戻したくなり、フロントキャリアも付けることにしました。 フロントに重量のあるものを付け、 そこに荷物を載せたら、ハンドリングに悪影響はあります。 しかし、荷物を載せられる量が限られる小さなバイクだから、 非常に重宝した逸品でもあります。

記事を読む

XR100RにもUSB電源を付けたら、とても便利なはずですが、 XR100RはAC12Vのバッテリーレス車なので、 そのままUSB電源のキットをつなぐなどということは出来ません。 DV12Vに整流しUSBのキットを取り付けました。   1998年当時は、100Vコンセントを付けていました 1998年の北米ツーリングに行った時に、ノートパソコンや乾電池を充電したくて

記事を読む

XR100ノーマルタンクと、ジェベル125タンクは取り付け方が違います。 XR100はボルトで固定するのですが、ジェベルはゴム台座にはめ込みます。 正面からみると全然違うのがわかると思います。 右のタンクを再び乗せるための車体のステーを作っていきます。   ビッグタンク装着のためのステーを復活させる ノーマルタンクを戻す時に、 ビッグタンク用のステーがあると付か

記事を読む

タンクの中の錆び取り剤を出し、水洗いしてヒートガンで乾燥。 タンクの中をじっくり観察してみると、底の方に錆びがまだのこっています・・・。 ギリの希釈でやったので、時間をかなり長めにやったけど、希釈しすぎだったかも・・・。   原液のサンダーグレイで底部のサビ取り 汚れた花咲かGをタンクの中に戻したくなかったので、 以前コーティングのためサビ取り失敗したときに使った

記事を読む

北米ツーリング時のXR100Rの特徴は、なんと言ってもビッグタンク。 あのときのビッグタンク仕様になんとか戻したい! まずは、タンクの錆を取らないとね。   XR100Rのビッグタンクはジェベル125のタンクを改造 XR100Rにはもちろんビッグタンク設定もなく、社外品もありませんでしたので、 ジェベル125のタンクをカットしたり、 へこませたり、留め具をつけた

記事を読む

「1998年に北米縦断ツーリングをした時の仕様に戻したい」と思い続けていましたが、 各パーツの状態があまりに悪く、ノーマルに近い状態で乗っていました。 しかしノーマルのXR100Rにまたがって走ってみると、やっぱりコレじゃない感がすごい。 一番大きな違いはビッグタンクとノーマルタンクの違いなのですが、 その他の部分も北米縦断仕様になるべく戻していきたいなと思ってます。 &

記事を読む