好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

だいぶチェーンスライダーが減っているなぁ・・と思って、前から交換したかったのですが、
この部分、スイングアームを外さないと交換できません・・・。

そこまで外すなら、サスやリンクのチェックはもちろん、だいぶくたびれているチェーン交換など、
リア回りをきっちりメンテナンスしたいところです。

 

リアサスを外したら、底部のバンプラバーはボロボロでした

KLR650の分解なんて、誰も必要ないから細かく書きませんが、
リンク部分のボルトを外してスイングアームをフリーにして、サスの下のボルトを緩めて、
サスの上のボルトを外して、下のボルトを外せば、ぱかっと取れます。

バンプラバーが劣化してボロボロです・・・。
この部分の補修はどうするんだろう?と思って検索したら、
ホムセンで適当にゴムかってきて、穴の大きさあわせて、半分に切って、
タイラップや接着材でとめてる人多いみたいです。

 

スイングアームを外す

サスが取れてれば、ボルトとネジ外せば、ぱかっと取れます。
チェーンでだいぶゴムがだいぶ削れてます。
もともとはこの部品を交換したかったのでした。

 

リンクのシャフトはけっこう錆びてました。

エアインパクトでナットを外して、反対からシャフト叩いて抜いて行きます。
真ん中付近から左半分にかけて錆びてました。
ひどいところは写真で見るよりひどいので、磨かずに、シャフト交換しちゃいましょうか。
さらに錆びて中で固着とかいやですしねぇ。
リンク自体の動きは悪くないので、清掃して組めばいいかなと。

 

今回外したものに加え、ブレーキやローターもリフレッシュ予定です。
部品全部そろってないので、まずは清掃ですかね。

昔ながらのエンジンガードは、見た目的に付ける気がしませんでしたが、
最近流行のガードは、形状がかっこいい!

KTMやアフリカツイン、KLR650のクラッシュガード付きの写真を見るたびに欲しくなっていきます。

このところ650で林道も行っているし、何かと部品が心配な年式でもあるので、
そういうリスクを少しでも減らすためには、あったほうがいいかな?と思う装備です。

KLR650A型に付くもので買えそうなのは、
SW-MOTECHのもの、HAPPY TRAILのもの、GIVIのもの。

SW-MOTECHの今風でかっこいいものか、
HAPPY TRAILのラジエターまわりを完全にガードするものか、この2つに絞りました。

何日も画像を眺めていると、
今風でスタイリッシュなSWモテックのほうに、心惹かれはじめます。

ただ、モテックのほうは、旧タイプのKLR650A型のは廃盤で、
ほとんどKLR650E型用しか売っていません・・・。
たぶん加工すれば付くのでしょうが・・・、勝負には出たくない。

USAのサイトをいろいろ検索してたら、
KLR650A用にマウント用のフィッティングセットを一緒に売ってる店がありました。
店も信頼できそうなので、ぽち。
そして、海外から部品が到着。送料は高いですが、いい時代になったものです。

さて、取り付けです。

エンジン前方、ステップのところ、リアフレームの付け根に固定するだけですが、
リアフレームのとこの六角ボルト、回すとめちゃ固い!

ここはネジの頭が見えないので、ナメちゃうと厳しい場所なので、エアインパクトで外しました。
ネジロックが塗ってありましたが、
マニュアルみたら、ネジロック指定ではなかったのだけど?・・・たぶん。

 

リアフレーム取り付けの部分は、くぼみにスペーサーをはさんでボルト止め。
ステップのとこは、センタースタンドも挟まなければいけないので、
クラッシュバー、センタースタンド、ステップの順で取り付けました。

そして、試乗。
街中を走っている分には特に重さを感じることもなく、いい感じでした。
見た目的には、やる気感が増しました(笑)

20171224-DSCF2487

冬休みを前にして、やっとタイヤをスタッドレスに入れ替えました。
ブリジストンはちょっと高めなので、うちはヨコハマ率が高いですが特に困ったことはありません。
タイヤはまだ2シーズン目のiceGuard。ホイールは最初についていた純正鉄ホイール。
黒い鉄ホイールは、ホイールカバーを外したほうがかっこいいと思っているので、むき出し状態にしてあります^^

20171224-DSCF2491

この冬タイヤと夏タイヤの入れ替えは自分でしていますが、その時に使う工具の安物トルクレンチと21mmのソケットは、
タイヤ交換以外に使い道もないというのもあり、車載工具としてクルマに乗せています。

安物トルクレンチは、20年〜25年程前に3000円くらい(記憶あいまいですが安物)で
買ったようなものですが、これで締めてクルマ屋さんで確認してもらっても
だいたい同じくらいのトルクで締まっているので、特に問題なくず〜っと使えてるもの。
ソケットは一応ブランドものですが(笑)

いままで2〜3度、緊急タイヤに外で交換していますが、
メーカーが車載してあるレンチはちょっと締めすぎないか、緩すぎないか不安なんですよね^^;

タイヤは車種やメーカーによって規定値が若干違いますが、
だいたい100N・m(10kg/m)前後でナットを締めますので、
そのくらいのトルクレンチを持っていれば、いざというときも安心です。

最近は緊急タイヤがついていないのが普通なので、
JAFなどを呼んで修理してもらう人が多いでしょうが^^;;
スタッドレスと夏タイヤを入れ替えたり、パンクしたときに緊急タイヤを自分で替えたいという人は、
1本安物のトルクレンチを車載工具にいれておくと安心感が違います。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss