好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

たぶん、林道走行中にタイヤがヒットして、ナンバープレート部分が落下させてしまいましたっ>< 幸い、後続の人がナンバーを拾ってくれたので事なきを得ましたが・・・。 ナンバーにタイヤが当たってしまったのは、 純正サイズ130/80-17のところ、130/90-17のタイヤを付けたからだと思います・・・。 装着前に海外サイトで何か問題は出ないか調べましたが、 問題なく装着できる

記事を読む

2018/7/13 ヌタ道を少し走って、ステップを換えようと決心していました。 スタンディングはあまりしないほうなので、昔はこれでなんとか行ってたような気もするのですが、 ブーツを地面に付けた後にステップ乗せると滑るって気持ち悪く、いろいろ頼むついでにということで・・。 ノーマルのゴムステップはこれです。 装着は差し替えるだけなのでかんたんです。 ステップ位

記事を読む

2018/7/11 先日行った林道も少しヌカっていましたが、最初からヌカってると分かっていたのでまだ良かったのですが、 ひとりで行った伊豆の別の林道で、いきなり出てきたヌカるみがかなり恐かった。 これから林道率高くなりそうなので、ここは思い切ってオフ寄りのタイヤをいれましょうか。 ディスクローターボルトでトラぶっていたホイールも復活して転がっているしw   タイヤ

記事を読む

2018/7/8 KLR650のノーマルスキッドプレートは樹脂製です。 もちろん、樹脂といってもかなり固いんで、 跳ね上げた石があたるくらいは問題ありませんでしたが、穴が多いのがなんとなく・・・。   純正でもいまのとこ問題ないと言い聞かせてましたが(実際そうなのですがw)、 KLR650購入当時からアルミにしたかった部分。 せっかく海外から高い

記事を読む

2018/7/8 KLRのスクリーンはコンパクトでも、かなりきっちり風を受け流してくれますが、 なんとなくスクリーンを変えてみました。 大きさはけっこう違うので、風防効果は大きい気はしますが、路面の点前は見づらいのかもしれません。 まだ乗ってないので分かりませんが・・・w 大きさ以外では、純正はボルト装着部分の作り込みがすごいw シールドをとりつけて、ステッ

記事を読む

KLR650のライトはレンズカットがある時代のもので、もともとそれほど明るくありません。 そして古さもあってか車検での光量チェックでは、けっこうギリギリ。 まわりを走る車のライトが明るくなったことや、自分の目が加齢で衰えていることもあり、 ライトが付いているか分からないこともあります。 暗くて見えない夜の走りを快適にしたくて、 いま流行のフォグランプ(アシストランプ)を装

記事を読む

そもそもは、キャブOH後にスロット全閉で急制動するとエンジンがストールするようになりました。 規定値に回しておいたつもりですが、もしかしたら間違えて余分に回していたりしたのかもしれません。 エアスクリューを調整すれば解決するのですが、キャブを車体に取り付けてしまった後では、 KLR650は、キャブ調整用のワイヤー式のドライバーはもちろん、薄いL型のドライバーでも入らないスペースな

記事を読む

スムーズにローターボルトが取れたリアでしたが、フロントは苦戦しました。 最終的に、ボルト全部なめました(笑)   ヒートガンで熱して、インパクトで一気に回すが、回らない ラスペネもして、リアと同様の作業で、 インパクトドライバーで一気に回しますが、ボルトはビクともしない・・・・。 なめてしまいそうなので、別のボルトを試しますが、それも全く回りません・・・。 順番

記事を読む

6勝0敗とわざわざ書いたのは、フロントが0勝9敗だったからです(笑) まずは普通の作業で取れたリアから。   ラスペネつけておく いちおうラスペネをボルトに吹いておきました。   ヒートガンであたためる ボルトのネジロックを無効化するため、ヒートガンでボルトを熱します。 前はガスバーナー使ってたのですが、ヒートガンのほうがやりやすいので買

記事を読む

サイドスタンドの設置面積を大きくしておかないと、 砂やフカフカの土などで、サイドスタンドが沈み、そのままバイクがゴロン・・・。 昨年車検を取ってから、すでに1回やってしまいました。 設置面積がノーマルの場合は、 石を置いてスタンドを乗せたり、ダートでの駐輪にはとても気を使うのです。 設置面積を拡大するのに、他車種ではヘプコ&デッカーとかのキットが割とメジャーなようですが、

記事を読む

車検とったときから、チョークを引いた時にアクセルを開けると、エンジンが止まるという状態でしたw キャブが思ったよりキレイだったから、 適当に穴を吹いて終わりにしてしまったのがいけなかったわけですが・・・。 チョーク戻せば普通に走れるし、 「フューエル1入れて適当に走ってればなおるんじゃね?」と思って走ってましたが、 1本目ではだめで、2本目使ってもすぐ良くなるかは分からないの

記事を読む

社外品のキャリパーサポートに付属していたボルトで、キャリパーを止めていましたが、 取り付けて雨の日に走ったら一発で錆びましたw メッキではなく、黒塗装のボルトだったので錆びるとは思ってましたが、 あっと言う間に錆びすぎました・・・。 フォークオイルを交換するついでに、このボルトを純正のものに変えてしまうことにしました。 長さを測ると、リアキャリパーのボルトと同じ長さだった

記事を読む