好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

サイドスタンドの設置面積を大きくしておかないと、 砂やフカフカの土などで、サイドスタンドが沈み、そのままバイクがゴロン・・・。 昨年車検を取ってから、すでに1回やってしまいました。 設置面積がノーマルの場合は、石を置いてスタンドを乗せなければならなかったり、 ダートの駐輪でとても気を使うのです。 設置面積を拡大するのに、他車種ではヘプコ&デッカー等のキットが割とメジャーな

記事を読む

車検通したときから、チョークを引いた時にアクセルを開けるとエンジンが止まるという状態でした。 キャブレターは思ったよりキレイだったから、 穴をパーツクリーナーで吹いて終わりにしたのがいけなかったわけですが・・・。 チョーク戻せば普通に走れるし、 「フューエル1入れて適当に走ってればなおるんじゃね?」と思ってやってみましたが、 1本目ではだめで、2本目使ってもすぐ良くなるかは分

記事を読む

キャリパーサポートに付属していた黒塗装のボルトでキャリパーを止めていましたが、 取り付けて雨の日に走ったら一発で錆びました。見栄えが悪いので交換しました。   黒塗装のボルトから、ユニクロメッキのボルトに交換 黒塗装のボルトだったので錆びるとは思ってましたが、あっと言う間に錆びました・・・。 フォークオイルを交換するついでに、このボルトを純正のメッキのボルトに変える

記事を読む

ブレーキキャリパーとローターを変更し、効きがマイルドになったので、 フォークオイルのセッティングをノーマルに戻しました。   ブレーキ強化していたので、硬めのオイルを使用していた KLR650A型は、 1podキャリパー・260mmローターというパーツが純正ノーマルです。 重量ある車体を止めるのには本当に貧弱で、 アクセルをひねればドンとスピードが上がるパワーが

記事を読む

オフ車の外装などに使われている未塗装PP樹脂のコーティング材、 ワコーズ スーパーハードを試してみました。 かなり良い結果が出たので、大満足しています!   塗装が向かない、未塗装のPP樹脂パーツ 登録から20年を超えた私のバイクKLR650は、未塗装PP樹脂の白化がとても目立っていました。 未塗装PP樹脂はオフロード車の外装によく使われていて、 グニャっと

記事を読む

雪道ツーリングに憧れて、スパイクタイヤを購入予定ですが、 タイヤを取り付ける17インチと14インチのホイールを準備しました。   雪中ツーリングがしたい バイクでの雪道の経験は、富士山方面で数回ほど友達と走ったことはありますが、 バイク+雪の世界は、私には無縁と思っていました。 北海道最北端で年越しをしたり、雪中キャンプをしたり、 寒いのが苦手なこともあり、

記事を読む

ゴム類が劣化してトラブルになった、 イグニッションコイル、プラグ、ヘッドカバーボルトガスケットを交換しました。   プラグキャップと、イグニッションコイルを変えました プラグキャップカバーが割れて、ヒビが入った部分から雨が浸入し、 エンジンが失火して止まってしまう不調になりました。 不調の原因部分はプラグキャップのカバーで、ヒビ割れがありました。 水が入ると

記事を読む

新品ホイールに320mmの大径ローター付けました。 ディスクローターに付属のキャリパーサポートはダメダメな代物でした。   ネジ穴がバカになる ディスクローターにノーマルキャリパー用のキャリパーサポートが付いていたので、 キャリパーをセットし、ネジを回していきますが・・・クルクルクル・・・。 キャリパーサポートのアルミが、あまり硬いものではなかったようで、

記事を読む

海外タンデムツーリングするときに使った45リッターパニアを持っていますが、 マフラー側は特に張り出しが大きく、日本では不便そうだったのでパニアラックは外していました。 45リッターのパニアはGIVIのPP製ですが、 先日XR100用に買った26リッターのGIVIのパニアも、45リッターと取り付け形状が同じです この小さいパニアもKLR650に使えるならということで、再びパニアラ

記事を読む

車検の時に時間がなくて出来なかったキャリパーの清掃をしました。 フロントは、長期保管してたノーマルの1ポッド、 リアは先日まで使っていた1ポッドキャリパーです。1ポッドなのでラクラクww   フロントキャリパー清掃 こちらは20年ほど使っていなかった1ポッドキャリパー。 比較的早い時期に外してしまったので、パッドは減っているもののまぁまぁ綺麗です。

記事を読む

あまり状態の良くない前後ディスクローターを交換したかったところまで話はさかのぼり ます。前側が特注の鋳鉄ローターで、後ろは純正なのだけど、前側がどうやってもはずれません。 ボルトを焼いて、エアインパクト使っても頭が負け、タガネで叩いても頭が削れていくだけで・・・。 ボルトに溝をきってインパクトで再チャレンジしてだめなら、 頭を削り落としてローター外してからなんとかするしかないの

記事を読む

サスペンションの下部に入っているバンプラバーがボロボロになっていました。 ネットで検索すると、けっこう自作してる人も多く、 サスペンション自体はオイル漏れもないので、延命させることができるようです。 余談ですが、このサスペンションは、2000年くらいだと思うのですが、 北米ツーリングで出会ったIさんが、アメリカ留学から帰ってくる際に、 KLR650用のホワイトパワー(現在はW

記事を読む