好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

今年はバイクに乗る時も危険な暑さ・・・日本も走れば涼しいって気温でもなくなってきましたね。
暑い日の翌日にちょっと体調悪くなったこともあって、水分の補給にはとても気を使いはじめてます。

一人のツーリングならは、止まる回数が多い方なので、止まった時に飲めばいいやと思っていましたが、
人数のいるマスツーリングだと、休憩時間にしか水を飲めません。

マスツーリングに参加する前に、ハイドレーションバッグを用意しておいた方が良いかもしれない・・・。
背中に背負って口で水を吸うアレですねw オートバイに限らず、自転車でも使えることだし。

肩がこるのもいやなので、あまり重いものを背負いたくないので、1.5〜2L程度のもので考えました。
バッグは水だけはいればいい。カメラなどはウエストバッグのほうが便利だと思っているので。

中華の安いのを最初は検討していましたが、わりと使う機会はありそうなので、
ネットで比較的評判のよいCAMEL BAK(キャメルバッグ)50OZ 1.5Lにしました。

外観はこんな感じ。

カバンをあけるとこんな感じ。
もちろん中だけかんたんに取り出せます。

飲み口はこんな。
口で噛むと飲み口が割れて水が吸い出せます。

ツーリングで使った感じはとても良かった!
走りながら水分を補給出来るので、
なかなか自分のタイミングで休憩することの出来ないマスツーリングでは気楽でいられるのがいい。

もちろん一人で走っている時も、水を口にできるのはとてもいいですね。
いつでも飲めるようになっていると、案外こまめに水を飲んでる自分がいました。
ハイドレーションないときはあまり意識したことなかったのだけど、やっぱり喉渇いてるんでしょうね^^;
暑い日が続きそうなので、まだ何度も活躍することでしょう。

 

2018/7/29

バイクを直して休憩してたら夕方になってしまったので、夕焼けを見に高台へ行ってみることに!
もちろん、フロント回りを組み直した試走を兼ねてです^^

 

かつて緑山サーキットと呼ばれたワインディング

「この先行き止まり」の看板がある道に入ると、そこは元緑山サーキットw
私が高校生のころ、レーサーレプリカブームも始まっていて、
山の中のコーナーの多い緑山の道は、多くのバイクが走りに来る場所でした。
私は、そのころからツーリング派だったので、あまり来た事ありませんがw
現在は通行止めですが、歩くにはめっちゃいい雰囲気の道になっていました。

 

はるひの付近の高台から夕焼けを眺める

あんまりバイクを撮るには良い所ではありませんでしたが、多摩の街を見下ろせてなかなかいい感じでした。
太陽がなんとなく沈むまでぼやーと見て帰路につきます。
夕焼けは残念ながらそんなには焼けませんでした^^;

 

癒しの黒川の田園地帯

まだ暗くなりきっていなかったので、黒川の田園地帯をウロウロと走ります。
田んぼに囲まれて育ってきたので、こういう風景は特に癒されます^^

 

ちょこっとその辺を走って、バイクの調子を見にいっただけですが、
思いのほか景色を楽しめました^^

写真のほうが好きなので、動画は撮影にも編集にも力を入れいません^^;
手軽な感じでないと、撮ることすらしなくなると思うので、外部マイクを付ける気もありません^^;
それでも、大きすぎるバイクの風切音だけは少し低減させたいと思い、マイク部にモフモフをつけてみました。

仕事帰りの100均で良さそうなモフモフさがし。猫じゃらしが良さげだったのでご購入。

これをカメラに合わせたくらいの大きさにカットして整えました。

そして、両面テープでマイク部に装着。白ボディに白い毛なので目立たない〜^^

風切音がどんな感じかオフロードとオンロードで撮ってみました。
音はもちろん拾ってはしまいますが、マシな気はします。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss