好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

KLR650のパニアは、日本の道路事情を考え、
運転に気を使わなくてすむ、小さめの21リッターのパニアに変更しています。

このパニアだと、キャンプツーリングで、テントまで入れるのは難しいですが、
テントをパニア外に出して積載しても、小さめパニアの方が走りやすいのでそちらにしました。

パニアが小さめなため、パニアに入らないテントなどを外に積載する物が出てくるわけですが、
そのままシートには縛らずに、使い勝手を考えて防水バッグを一つかうことにしました。

 

パニアにはキャンプ道具などを入れ、宿泊時に室内に持ち込むものを入れ、便利に使いたい

今回の四国ツーリングでは、キャンプをした後、宿に泊まる予定もあったので、
室内に持ち込むための荷物を入れる役割も果たします。

防水バッグにはみ出てしまうテントを入れるのは仕方ないのでいれますが、
キャンプでしか使わないものはパニアケースに入れ、宿に持ち込む着替えなどはこちらのバッグにまとめておきます。
そうすれば、宿泊時には、荷物を一つもっていくだけでラクチンです。

↓必要ないものはパニアに入れて置いてき、防水バッグ一つもって室内へ

 

欲しいバッグは、上からいれて、ゴムで縛るスタイルのバッグ

シートに乗せるタイプでカッチリ目のパニアの代わりになりそうなものではなく、
臨機応変にラフに使いたいので、バサッと入れてゴムで縛るスタイルのバッグをさがしました。

パニアに似た、左右振り分けバッグを愛用していた時、
この手のシンプルなバッグの方が用途に応じて使えたので、自分的には一番使いやすかった。

↓昔で言えば、こういうJTCのCOURSEの防水バッグのイメージのが欲しかった。

 

大きすぎず小さすぎず、調整もできるショルダーバッグ

大きさは2人用のテント、服、その他何か入れて少し余裕が出る大きさのものを探し、
デグナーの防水バッグに目がとまりました。

上から入れるタイプで、折り返しで容量が変えられるので、お土産を最後に大量にかってしまい・・とか、
そんなときにも便利です。

左右幅もシートに縛るのにはちょうど良い大きさ。
ショルダータイプのデザインも好みで、色は黒とカモ。・・・カモに決定。

 

雨天時も問題なし

また、強い雨の中を走りましたが、防水性能もまったく問題なくいい感じでした。
雨とは関係ありませんが、バッグをしばるためのコードも付属しているのも良かったです。

 

 

キャンプツーリングの時の荷物の積載はこんな感じ

2〜3泊以上のソロのキャンプありで、こんな感じに荷物まとまります。
これに加えて、カメラなどを入れる小さめのウェストバッグは持っていっていますが、
私の場合、1ヶ月でも、1年でも、もう少し防水バッグが膨らむ程度で、荷物をまとめられると思います。

左がGIVI E36、36リッター。右がGIVI E21、21リッターのパニアです。
高さももちろん違いますが、幅が大きく違います。

カナダへ行った時は36リッターで行きましたが、日本では幅があって気を使うので、
XR100でも使えそうな大きさが手頃な21リッターのものを買いました。

先日、E21を両側に付けて走った感じですが、幅をあまり感じませんでした。
すり抜けしようと思うとどうか分かりませんが、E36と比べれば普通に運転できる感じです。

ちなみに、E22にしなかったのは、E21のうちの古めのバイクに合いそうなデザインと、
PP製なところも良かったので。

使い勝手も悪くなさそうで、
日本を旅するなら、このくらいのバッグで充分だと思って買いましたが、
どのくらい入るのか、ちょっと検証してみました。

 

E21にテントを入れてみる

私のテントは、2人用のヨーレイカというメーカーのテントですが、いちおう入りました。
フタの部分が少し盛り上がっているので、
コンロ、コッヘルくらいなら、まだ入りそうな感じです。

 

E21にシュラフとマットを入れてみる

シュラフは、羽毛のものです。天山といういまはなきブランドですが、
大きさ的には、モンベルのダウンハガー#3と同じくらいです。
マットは180cmのサーマレストのインフレータブルマット。
タテにいれると横があくので、細かいものがまだ入りそうです。

 

ちなみにE36に入れてみる

テント、マット、シュラフ、全部余裕で入っちゃいますw

 

テントをシート上に出してしまえば、長期でもいけそうです

トップボックスにもいろいろ入れられるので、
この装備でも1〜2泊くらいなら、全部E21のバッグの中に入れられそうです。

3泊以上や、焚き火台を持って行きたいとかなっても、
テントを外に出すくらいで対応できそうです。

E36で車幅気にして走るより、E21でテントを外に出したほうが幸せですねw

バイクもそこそこ古いということもあり、なんとなく工具を持っていないと不安な私ですが、
これだ!というツールケースにいままで出会っていませんでした。

バイクも乗れるようになり、また長距離も出かけたい今日このごろ、
なんか良いものないかなと思い探して、見つけたのがこれでした。

トップの写真は、どんな感じに収まるかなと思い、
なんとなくいつも持って行く感じのものを試しに入れてみたものです。

実際は、写真の工具に加え、六角もう1〜2本、バイスプライヤー、タイラップ、テープなども
追加されますが、私的にはちょうど良い大きさです。

比較的新しいバイクで、人がいるところを走るなら、こんなにはいらないでしょうけれど・・^^;

 

まず、どんな工具入れ(ツールケース)が欲しいのか考えました

私の工具入れは、初期の頃は、袋にただつめるだけでした。
ごっちゃに入っているので、出し入れはイマイチ。
金属がすれて金属粉が出てしまうのもイマイチでした・・・。

次に、出し入れしやすい方が良いかなぁと思い、ロール状のものを使ってみました。
これは案外かさばりました・・・・。
工具を入れる部分と工具のサイズがあわなくて、
きっちり収まらず、無駄なスペースが多かったのも残念なところでした。

私の場合、工具はリアボックスにつっこんでしまうので、
形状を考えたら、薄めの箱形。そこに工具が見える形で置かれるのが理想。
リアボックスの底面に置いてかさばらないものがいいなと思いました。

そんなのあるんかいな?と思って探したら、良さそうなものを発見。
サイズはLサイズにしました。

 

格子状のゴムでどの工具もフィットする

ゴムが格子状になっているので、縦にも横にも刺せます!
そしてどの位置にも刺せるので、隣の工具との間をあけずにきっちり刺せます!
スペースを無駄にっしないで並べられるのがとてもいい。

一本足スタンドが入る長さも絶妙。

試しに、空気入れ(旧型のロードモーフ)も入れてみましたが、
若干膨らむものの、これもなんとか収めることは可能でした。
もう小さめの空気入れならもう少し綺麗に収まりそうな気がします。

 

さすがに、これだけ入れると重いので、背負ったりするのは厳しいですし、
バイクの収納ボックスに入る大きさではないかもしれませんが、
リアボックスの下に入れておくには、
広げても工具が出しやすく、形状も大きさも、本当にばっちりでした。

自分の中では、かなりのヒット商品^^

 

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss