好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

1つ前の型のDEデミオ、現行のDJデミオは、ラゲッジスペースがフラットではありません。
くぼんでいるのです・・・・。

荷室をシンプルに、軽量にして、運転の楽しさを優先・・、
絞ったテールで荷室容量をかせぐためと言われているようです。
もちろん価格を抑えめにしたいということもあるのでしょう。

しかし、
段差が出来るので大きな荷物を載せにくい、
深さがあるので、荷物の出し入れがしにくいなど、
荷物を乗せるにはあまりいい形状をしていないのですね。

ラゲッジスペースの使い勝手をもう少し良くできないか、
お友達に相談されて少し調べてみました。

 

DJデミオは、ゲッジフラットボードという純正オプションがありました

お客様の要望が多かったのでしょう、
現行のDJデミオは、ラゲッジフラットボードというのが純正オプションとして追加されました。

DJデミオなら、これ買うのが手っ取り早いですね。値段もそれなりにしますが。
ちなみに友達のはDEデミオなので、これは使えません。

 

DEデミオも、UKマツダからトランクルームオーガナイザーボックスが出ていました

日本では出ていなかったようですが、UKマツダから出ていたようです。
今でもMAZPARTSさんで輸入できるようです。

MAZPARTS

DEデミオも、コレを買うのが手っ取り早そうですね。
これもそれなりに高いですがw

 

高いので、DIYで作っている人もたくさんいました

→発砲スチロール+板でやった人

→コンテナボックスでやった人

→発泡スチロールでやった人

→木でやった人

→ラゲッジトレイ+木でやった人

などなど探すと、それぞれ工夫を凝らして、自作しています。
上のリンク以外にも、いろいろありました。

 

現車が手元にないので、ラゲッジトレイ+木でやることに

自分のクルマでやるならば、オール木にしていたかもしれませんが、
クルマが手元にないので、
型を取りやすそうな、国内用のフタのないラゲッジトレイを使う方法を第一に考えました。

もしラゲッジトレイが手に入らなかったら、オール木で作る予定でしたが、
現物合わせで調整する機会がないので、型取りとかかなりしっかりしないと、
一発できっちり収まるものを作るのが難しそうですし、
下手すると、何度も持ち帰って修正になってしまう・・・^^;

ま、木だけで作る場合、クルマ借りてくるしかないと思ってましたが、
たまたまラゲッジトレイが予算内で手に入ったこともあり、
最初の予定通り、ラゲッジトレイ+木でやることにしました。

 

その2に続く

2018/10/7

神奈川県内に3カ所(金沢区・港北区・横須賀市)あるラウンドアバウトのうち、
港北区新横浜のラウンドアバウトを訪ねてみました。

ラウンドアバウトは、信号のない交差点で、右からくるクルマが優先です。
交差点に進入し、行きたい方向へ抜けていけます。

日本では実験的な交差点が多く、数が少ないみたいですが、
以前旅行したオーストラリアは、ラウンドアバウトだらけで、
円が大きく交通量の多いラウンドアバウトも、たくさんありました。

信号がないので、クルマが途切れれば、スムーズに交差点に入ることができ、
交差点進入への待ち時間が少ないのが特徴でしょうか。

それなりのクルマの台数がスムーズに通れるラウンドアバウトは、
円が大きくなり、土地をかなり使うため、日本には不向きのようですが・・・。

新横浜のラウンドアバウトは、裏通りにあり、クルマ通りが本当に少ない!
実験的に作ったのでしょうが、この交通量では・・・・^^;

用事の途中だったので、
交差点を一周して、元来た方向に戻って、帰路につきましたー。

海外に自分のバイクを持って行き、ツーリングするとき、
「カルネ」という書類を使うことによって、
バイクを持ち込んだ後、国外へ持ち出すことを条件に免税で一時輸入することができます。

 

クルマやバイクの場合、JAFでカルネを作り、
国際ナンバープレートとJマークを装着し、カルネを使って海外へ輸出するわけです。

 

そのバイクに装着するナンバープレート、
陸運局管轄のバイクに関して(125ccを超えるバイク)は、
国際ナンバーの番号は、現在ついているナンバーと同じものの英語表記のもになります。

たとえば 「横浜 と 1318」だと、「KNY TO 1318」 という具合に。
KNYは神奈川横浜の略みたいです。

陸運局の管轄ではない原付・原付二種のナンバーも、陸運局で申請しますが、
陸運局が登録してくれた番号は、あまりに長過ぎて、
ナンバープレート制作業者から、文字が多すぎて作れません!と言われました(笑)

結局、JAFと陸運局で話していただくことになるわけですが、
原付・原付二種は、管轄の場所表記の後は、
申請順の通し番号でやっている場合が多いということもあり、
最終的に「KNY 1」という登録番号になりました。

しかしこの「KNY1」という番号、
オーストラリアを原付二種で同じ番号で走ってきた人を知っておりました(笑)

紙ベースでしか記録がなかったでしょうし、申請も少なかったので仕方ないと思いますが、
同じ番号になってしまったのです^^;

彼はもう帰国していますし、問題はまったく起きないと思いましたが、
あまりのお粗末さに大爆笑。

同じ番号を持っていたK氏に連絡を取り、同じ番号の国際ナンバーをつけ2台で記念写真となりました^^
国際ナンバーで日本を走ることは出来ないので、走ってはいませんよ笑

 

この「KNY1」というナンバー、なんだか嘘くさく見えませんか?
この嘘くささのおかげで、
普通に走っているだけで何度も警察に停められ、「このナンバーは偽物だ!」とまで言われる始末。
楽しい経験が出来たました(笑)

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss