好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

 

2018/7/29

バイクを直して休憩してたら夕方になってしまったので、夕焼けを見に高台へ行ってみることに!
もちろん、フロント回りを組み直した試走を兼ねてです^^

 

かつて緑山サーキットと呼ばれたワインディング

「この先行き止まり」の看板がある道に入ると、そこは元緑山サーキットw
私が高校生のころ、レーサーレプリカブームも始まっていて、
山の中のコーナーの多い緑山の道は、多くのバイクが走りに来る場所でした。
私は、そのころからツーリング派だったので、あまり来た事ありませんがw
現在は通行止めですが、歩くにはめっちゃいい雰囲気の道になっていました。

 

はるひの付近の高台から夕焼けを眺める

あんまりバイクを撮るには良い所ではありませんでしたが、多摩の街を見下ろせてなかなかいい感じでした。
太陽がなんとなく沈むまでぼやーと見て帰路につきます。
夕焼けは残念ながらそんなには焼けませんでした^^;

 

癒しの黒川の田園地帯

まだ暗くなりきっていなかったので、黒川の田園地帯をウロウロと走ります。
田んぼに囲まれて育ってきたので、こういう風景は特に癒されます^^

 

ちょこっとその辺を走って、バイクの調子を見にいっただけですが、
思いのほか景色を楽しめました^^

写真のほうが好きなので、動画は撮影にも編集にも力を入れいません^^;
手軽な感じでないと、撮ることすらしなくなると思うので、外部マイクを付ける気もありません^^;
それでも、大きすぎるバイクの風切音だけは少し低減させたいと思い、マイク部にモフモフをつけてみました。

仕事帰りの100均で良さそうなモフモフさがし。猫じゃらしが良さげだったのでご購入。

これをカメラに合わせたくらいの大きさにカットして整えました。

そして、両面テープでマイク部に装着。白ボディに白い毛なので目立たない〜^^

風切音がどんな感じかオフロードとオンロードで撮ってみました。
音はもちろん拾ってはしまいますが、マシな気はします。

KLR650のパニアは、日本の道路事情を考え、
運転に気を使わなくてすむ、小さめの21リッターのパニアに変更しています。

このパニアだと、キャンプツーリングで、テントまで入れるのは難しいですが、
テントをパニア外に出して積載しても、小さめパニアの方が走りやすいのでそちらにしました。

パニアが小さめなため、パニアに入らないテントなどを外に積載する物が出てくるわけですが、
そのままシートには縛らずに、使い勝手を考えて防水バッグを一つかうことにしました。

 

パニアにはキャンプ道具などを入れ、宿泊時に室内に持ち込むものを入れ、便利に使いたい

今回の四国ツーリングでは、キャンプをした後、宿に泊まる予定もあったので、
室内に持ち込むための荷物を入れる役割も果たします。

防水バッグにはみ出てしまうテントを入れるのは仕方ないのでいれますが、
キャンプでしか使わないものはパニアケースに入れ、宿に持ち込む着替えなどはこちらのバッグにまとめておきます。
そうすれば、宿泊時には、荷物を一つもっていくだけでラクチンです。

↓必要ないものはパニアに入れて置いてき、防水バッグ一つもって室内へ

 

欲しいバッグは、上からいれて、ゴムで縛るスタイルのバッグ

シートに乗せるタイプでカッチリ目のパニアの代わりになりそうなものではなく、
臨機応変にラフに使いたいので、バサッと入れてゴムで縛るスタイルのバッグをさがしました。

パニアに似た、左右振り分けバッグを愛用していた時、
この手のシンプルなバッグの方が用途に応じて使えたので、自分的には一番使いやすかった。

↓昔で言えば、こういうJTCのCOURSEの防水バッグのイメージのが欲しかった。

 

大きすぎず小さすぎず、調整もできるショルダーバッグ

大きさは2人用のテント、服、その他何か入れて少し余裕が出る大きさのものを探し、
デグナーの防水バッグに目がとまりました。

上から入れるタイプで、折り返しで容量が変えられるので、お土産を最後に大量にかってしまい・・とか、
そんなときにも便利です。

左右幅もシートに縛るのにはちょうど良い大きさ。
ショルダータイプのデザインも好みで、色は黒とカモ。・・・カモに決定。

 

雨天時も問題なし

また、強い雨の中を走りましたが、防水性能もまったく問題なくいい感じでした。
雨とは関係ありませんが、バッグをしばるためのコードも付属しているのも良かったです。

 

 

キャンプツーリングの時の荷物の積載はこんな感じ

2〜3泊以上のソロのキャンプありで、こんな感じに荷物まとまります。
これに加えて、カメラなどを入れる小さめのウェストバッグは持っていっていますが、
私の場合、1ヶ月でも、1年でも、もう少し防水バッグが膨らむ程度で、荷物をまとめられると思います。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss