好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

左がGIVI E36、36リッター。右がGIVI E21、21リッターのパニアです。
高さももちろん違いますが、幅が大きく違います。

カナダへ行った時は36リッターで行きましたが、日本では幅があって気を使うので、
XR100でも使えそうな大きさが手頃な21リッターのものを買いました。

先日、E21を両側に付けて走った感じですが、幅をあまり感じませんでした。
すり抜けしようと思うとどうか分かりませんが、E36と比べれば普通に運転できる感じです。

ちなみに、E22にしなかったのは、E21のうちの古めのバイクに合いそうなデザインと、
PP製なところも良かったので。

使い勝手も悪くなさそうで、
日本を旅するなら、このくらいのバッグで充分だと思って買いましたが、
どのくらい入るのか、ちょっと検証してみました。

 

E21にテントを入れてみる

私のテントは、2人用のヨーレイカというメーカーのテントですが、いちおう入りました。
フタの部分が少し盛り上がっているので、
コンロ、コッヘルくらいなら、まだ入りそうな感じです。

 

E21にシュラフとマットを入れてみる

シュラフは、羽毛のものです。天山といういまはなきブランドですが、
大きさ的には、モンベルのダウンハガー#3と同じくらいです。
マットは180cmのサーマレストのインフレータブルマット。
タテにいれると横があくので、細かいものがまだ入りそうです。

 

ちなみにE36に入れてみる

テント、マット、シュラフ、全部余裕で入っちゃいますw

 

テントをシート上に出してしまえば、長期でもいけそうです

トップボックスにもいろいろ入れられるので、
この装備でも1〜2泊くらいなら、全部E21のバッグの中に入れられそうです。

3泊以上や、焚き火台を持って行きたいとかなっても、
テントを外に出すくらいで対応できそうです。

E36で車幅気にして走るより、E21でテントを外に出したほうが幸せですねw

バイクもそこそこ古いということもあり、なんとなく工具を持っていないと不安な私ですが、
これだ!というツールケースにいままで出会っていませんでした。

バイクも乗れるようになり、また長距離も出かけたい今日このごろ、
なんか良いものないかなと思い探して、見つけたのがこれでした。

トップの写真は、どんな感じに収まるかなと思い、
なんとなくいつも持って行く感じのものを試しに入れてみたものです。

実際は、写真の工具に加え、六角もう1〜2本、バイスプライヤー、タイラップ、テープなども
追加されますが、私的にはちょうど良い大きさです。

比較的新しいバイクで、人がいるところを走るなら、こんなにはいらないでしょうけれど・・^^;

 

まず、どんな工具入れ(ツールケース)が欲しいのか考えました

私の工具入れは、初期の頃は、袋にただつめるだけでした。
ごっちゃに入っているので、出し入れはイマイチ。
金属がすれて金属粉が出てしまうのもイマイチでした・・・。

次に、出し入れしやすい方が良いかなぁと思い、ロール状のものを使ってみました。
これは案外かさばりました・・・・。
工具を入れる部分と工具のサイズがあわなくて、
きっちり収まらず、無駄なスペースが多かったのも残念なところでした。

私の場合、工具はリアボックスにつっこんでしまうので、
形状を考えたら、薄めの箱形。そこに工具が見える形で置かれるのが理想。
リアボックスの底面に置いてかさばらないものがいいなと思いました。

そんなのあるんかいな?と思って探したら、良さそうなものを発見。
サイズはLサイズにしました。

 

格子状のゴムでどの工具もフィットする

ゴムが格子状になっているので、縦にも横にも刺せます!
そしてどの位置にも刺せるので、隣の工具との間をあけずにきっちり刺せます!
スペースを無駄にっしないで並べられるのがとてもいい。

一本足スタンドが入る長さも絶妙。

試しに、空気入れ(旧型のロードモーフ)も入れてみましたが、
若干膨らむものの、これもなんとか収めることは可能でした。
もう小さめの空気入れならもう少し綺麗に収まりそうな気がします。

 

さすがに、これだけ入れると重いので、背負ったりするのは厳しいですし、
バイクの収納ボックスに入る大きさではないかもしれませんが、
リアボックスの下に入れておくには、
広げても工具が出しやすく、形状も大きさも、本当にばっちりでした。

自分の中では、かなりのヒット商品^^

 

ミラーレスカメラをバイクツーリングに持って行く時は、小さめなウエストバッグで全然問題ないのですが、
一眼レフカメラを持って行きたい時に、ウエストバッグだとバランスがイマイチ。
かといって、背中に背負うデイパック・リュックだと取り出しが面倒です。

私は写真を撮りたいところでは頻繁にバイクを停めてカメラを出すので、
取り出しが面倒なタイプを使いたいと思いません。

取り出しが面倒なタイプで持ち運ぶくらいなら、
むしろカメラを持ち運びやすいものにして、撮る頻度を上げていきたいと思ってしまいます。

しかし一眼レフカメラを持って行きたい時もあるのですよね・・・。

私の持っている一眼レフカメラ(Canon 5D markIII)と
ツーリングで持って行くと思うレンズ(Sigma 24-60 f2.8)が入る条件でカメラバッグを探しました。

 

片方の肩にかけるスリングバッグで取り出しラクラク。

撮影したい場所で、バッグを身につけ、バイクを停め、カメラを取り出し撮影し、
カメラをしまって、また走り始める・・・・という動作を繰り返す。

この使い方では、
走る時は背中側に回し、撮る時は胸側に回して取り出せる、スリングバックが良さそうです。

 

右肩にかけるか、左肩にかけるか。私は左肩派。

斜めがけのカバンだと、右肩派と左肩派が存在します。
よさそうなモノがあっても、自分が好きな肩にかけるものでないと、
なんとなく違和感を感じて落ち着かないもの。

私は左肩にかけるのが好きなので、そっちのもので探しました。

 

一眼レフカメラ+普段使うレンズはしっかり入る

大きすぎず、小さすぎずというのも大切です。
ずっと一眼を肩にかけてると重いですから・・・。
また、バイクだと、あまり厚みがないほうが助かるってのもあります。

とにかく持ってるものを入れてみました。

まず、私が持って行く想定の一眼レフ。
Canon 5D markIII+Sigma 24-60 f2.8。

レンズごとそのままつっこめる中敷きみたいなものがついているのですが、
それはさすがに使用できず。
フードは収納しないと入りませんが、この組み合わせだと余裕があります。

他に持っている同程度のレンズとして、
Canon 5D markIII+Cannon 28-70 f2.8も試してみます。

こちらのレンズはかなり大きめですが、なんとかいっぱいいっぱいで入りました。
本当にぎりぎりな感じなので、取り出しにくい気はします。(写真撮ってませんw)

 

サイドポケットに望遠レンズも収納可

サイドポケットにCanon 70-200 F2.8も入れてみます。
このレンズもけっこう大きいですが、これもなんとか入ります。

本体+ズームレンズ2本だとめっちゃ重そうなので、
ここに入れてバイクで移動することはあまりしないと思いますが、
広角から望遠まで持って行けないことはないですね。

私はここにペットボトルをいれていそうな予感(笑)

 

ミラーレスカメラを入れてみる。

レンズを中敷きみたいのに突っ込んで、途中で止まっているので、
取り出しやすしスペースも余裕。レンズには注意しないとですが底部にも何か入れられそう。

ちなみにミラーレスだと左右にも余裕ができ、小さな三脚を入れて運ぶことはできました。

 

その他のポケット

メインと大きめなポケットの他に、電池がちょうど入るくらいの小さなポケット、
薄めのポケットがついています。

また大きめな三脚は、一番外側がマジックテープではさめるようになっているので、
そこに収納できるようです。

 

ほど良い大きさで、自転車、スキー、散策にもいい

バイクメインで考えて購入しましたが、スキーや普段の観光にも使える大きさです。
サイクリングにも良さそうですね。実際スキーではかなり便利に使えました。

スリングタイプのバッグだと、
最近使ってるアクションカメラをクリップでベルトに付けられるのも
私的にはポイントが高かった。

3.8Lというサイズは、本気で色々持って行く人には物足りないサイズでしょうが、
あまり大きなものを持ちたくない私にはちょうど良い大きさでした^^

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss