好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/8/29

ビゴーレには、リア12-27T 10Sというギアを付けていました。
12-27Tというのは、数年前の10速時代ではヘタレ仕様のギアです・・。

それなりの頻度で自転車に乗っていたときは、このギアで坂道も大丈夫でしたが、
通勤にしか使っていない脚では、このギアでも、山はまず無理に感じます・・・。
農村ポタに行った時、痛烈に脚のなさを実感><

 

以前も大きなギアはつを付けようと思えばつけれましたが、
ロードコンポにはなかったのでかっこ悪いイメージがあり、誰もつけていませんでした。
見た目も大切なロードですしね。

それが、11速12速時代になり、今はなんと、ロードでも大きなギアを付けているのです。
大きなギアを1枚増やしても、ギアの間隔があきすぎないから、走りやすさはそのままに使いやすい。

タイヤが25Cが主流になったり、フロントシングル化が出てきたり、
カッコ良さの常識はどんどん変わっていくものです^^;

・・・・理由は違えど、先行ってたな、私(笑)

さ、そんな話は置いておいて、リアのギアを坂道もラクラクのギアに変えてしまいます。
なるべく軽いギアが欲しいので、ここは思い切って、11-34T(10速ですがw)にしました。

写真はカードをフォーマットして無くなったので、画像入りでw

(AMAZON)

 

12-27Tと並べてもデカく感じましたが、さすがに34Tはホイールにはめてみてもデカいw
あたりまえですが、チェーンの長さが足りませんので、チェーンを新調。
装着してあった古いチェーンは、かなり新しいので通勤車に使いましょうか。

 

リアの一番大きなギアとフロントの一番大きなギアにチェーンを回して、1コマ余らせてカット。
チェーンを装着してみると、当たり前ですが、ディレーラーの能力が足りません^^;
リア小、フロント小にすると、チェーンがダラーンと(笑)
乗っていない娘のGIANTから、XTを拝借することにしました。

 

 

装着したら調整。いろいろやってなんとか決まりました。
仕組みは一緒のハズなのに、どうもこのシャドウディレーラーのXTの調整が苦手^^;

 

近場の坂を走ってみると、かなり軽くていい感じ!
これなら今の脚でも、峠もいけそうです^^むしろ、久しぶりに峠を走りに行きたくなってきます!

しかし見た目は・・・大きなギアとロングケージのディレラーで
だいぶリア周りが重ったるいイメージにはなりました。

こうなってくると内装変速で、シンプルな見た目にするのもアリだなぁ。
内装変速好きのお友達、ずいぶん時代の先を行ってたのに今頃気づく(笑)

海外に自分のバイクを持って行き、ツーリングするとき、
「カルネ」という書類を使うことによって、
バイクを持ち込んだ後、国外へ持ち出すことを条件に免税で一時輸入することができます。

 

クルマやバイクの場合、JAFでカルネを作り、
国際ナンバープレートとJマークを装着し、カルネを使って海外へ輸出するわけです。

 

そのバイクに装着するナンバープレート、
陸運局管轄のバイクに関して(125ccを超えるバイク)は、
国際ナンバーの番号は、現在ついているナンバーと同じものの英語表記のもになります。

たとえば 「横浜 と 1318」だと、「KNY TO 1318」 という具合に。
KNYは神奈川横浜の略みたいです。

陸運局の管轄ではない原付・原付二種のナンバーも、陸運局で申請しますが、
陸運局が登録してくれた番号は、あまりに長過ぎて、
ナンバープレート制作業者から、文字が多すぎて作れません!と言われました(笑)

結局、JAFと陸運局で話していただくことになるわけですが、
原付・原付二種は、管轄の場所表記の後は、
申請順の通し番号でやっている場合が多いということもあり、
最終的に「KNY 1」という登録番号になりました。

しかしこの「KNY1」という番号、
オーストラリアを原付二種で同じ番号で走ってきた人を知っておりました(笑)

紙ベースでしか記録がなかったでしょうし、申請も少なかったので仕方ないと思いますが、
同じ番号になってしまったのです^^;

彼はもう帰国していますし、問題はまったく起きないと思いましたが、
あまりのお粗末さに大爆笑。

同じ番号を持っていたK氏に連絡を取り、同じ番号の国際ナンバーをつけ2台で記念写真となりました^^
国際ナンバーで日本を走ることは出来ないので、走ってはいませんよ笑

 

この「KNY1」というナンバー、なんだか嘘くさく見えませんか?
この嘘くささのおかげで、
普通に走っているだけで何度も警察に停められ、「このナンバーは偽物だ!」とまで言われる始末。
楽しい経験が出来たました(笑)

2018年08月30日

アウトライダー再度休刊を聞いて、久しぶりに買ってきました。
復活前のミリオン出版時代は、よく買っていた雑誌で、
いろいろな旅先の写真や楽しい企画を見るのが大好きでした。

バイクの旅やアウトドアをメインにした雑誌は珍しく、
旅にはまっていた私には、どの記事も魅力的に感じたものです。
綺麗な写真も魅力的な雑誌でしたね。

自分が日本全国を旅し、海外ツーリングに手を出し始め、
実は一度、記事かかせてもらったこともあるんですけど、
アウトライダーをだんだん買わなくなっていきます^^;

当時、企画がマンネリになってしまったとか言われていましたが、
アウトライダーを買うような旅人は、
自分で旅やツーリングをし、自分のスタイルも出来上がり、
記事にワクワク感を感じなくなってしまったのかもしれません。

私も、自分の旅やアウトドアのスタイルが出来てくると、
違うスタイルの記事は全く読まなくなっていました。

また、すでに行ったことある所は、ちゃんと読もうという気もあまりおきず、
だんだん読むページが減っていった気がしています^^;

しかし、間違いなく強く影響を受けた雑誌でした!

ミリオン出版時代のアウトライダーが休刊し、立風書房からアウトライダーが復活。
こんな時しか買わなくて申し訳ないですが・・・、復活は自とても嬉しく、ご購入。
記事は見てももはやワクワク感はなかったけれど、嬉しかったのは確かです^^;

この頃はすでにネット時代。
WEBで、自分としての熱い情報が入りやすくなり、
そちらの方が見てワクワクするので、そちらばかりを見ていました^^;

さて、発行が立風書房から、
学習研究社時代を歴て、バイクブロスへとなった現在のアウトライダー、
休刊が決まった92号を読んでみた感想は・・・ム、ムズカシイ(笑)

テーマを作って、読み物のようになっていて、
気楽にアハハハと読む感じとはちょっと違いました。

ライターさん、編集者さん、読者も含めて、年齢上がってるんでしょうが、
ライターさんの考えや、興味の方向が、深いほうへ行っていて・・・みたいな感じで^^;
そのテーマに読み手も興味もてるかは、別だなぁ・・と感じてしまいました^^;

ただ、綺麗な写真を出して紹介して、ここいいでしょ!っていうだけでは、
インスタで十分という話になるので、
どのように個性をだして、買ってもらえるものにすぐかは、なかなかムズカシイですね。

それから、
コピーは格好よくないといけない時代の雰囲気で、記事のタイトルなどは時代を感じました。
良く言えば、古き良き時代のあの感じなのですが^^;
今はこの時代ではないんだろうなぁ・・と思えてしまった自分がそこに・・・^^;

かといって、あの文章の感じをなくすとアウトライダーではなくなる気もします。
アウトライダーを愛してきた人達が、新しい要素も取り入れつつ、
アウトライダーの世界感を、試行錯誤しながら守ってきたのでしょうが。

いろんなところで苦労が見えてしまうのも、
自分も年寄りになったからですかねぇ・・・^^;

アウトライダー休刊は寂しいですが、
雑誌を作り上げてきた方々には、雑誌にこだわらずとも、
これからも、それぞれの旅やアウトドアの世界感を見せ続けていただきたいものです!
ひとまず、みなさまお疲れ様でした!

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss