好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

サイドスタンドの設置面積を大きくしておかないと、 砂やフカフカの土などで、サイドスタンドが沈み、そのままバイクがゴロン・・・。 昨年車検を取ってから、すでに1回やってしまいました。 設置面積がノーマルの場合は、 石を置いてスタンドを乗せたり、ダートでの駐輪にはとても気を使うのです。 設置面積を拡大するのに、他車種ではヘプコ&デッカーとかのキットが割とメジャーなようですが、

記事を読む

車検とったときから、チョークを引いた時にアクセルを開けると、エンジンが止まるという状態でしたw キャブが思ったよりキレイだったから、 適当に穴を吹いて終わりにしてしまったのがいけなかったわけですが・・・。 チョーク戻せば普通に走れるし、 「フューエル1入れて適当に走ってればなおるんじゃね?」と思って走ってましたが、 1本目ではだめで、2本目使ってもすぐ良くなるかは分からないの

記事を読む

社外品のキャリパーサポートに付属していたボルトで、キャリパーを止めていましたが、 取り付けて雨の日に走ったら一発で錆びましたw メッキではなく、黒塗装のボルトだったので錆びるとは思ってましたが、 あっと言う間に錆びすぎました・・・。 フォークオイルを交換するついでに、このボルトを純正のものに変えてしまうことにしました。 長さを測ると、リアキャリパーのボルトと同じ長さだった

記事を読む

KLR650A型のは、1podキャリパーで260mmローターという時代を感じるものがついています。 あの重量の車体を止めるのには本当に貧弱で、 アクセルをひねればドンとスピードが上がるのに、コーナーではなかなか止まりません。 特に舗装路の峠で怖いので、私のKLRはブレーキを2pod、ローターを310カスタムしてありました。 ブレーキは鬼のように効くようになったのですが、 ノー

記事を読む

KLR650も登録から20年を超え、未塗装のPP樹脂部分の白化がとても目立っていました。 未塗装のPP樹脂はオフロード車の外装によく使われていて、 オンロードに良く使われているABS樹脂と違って、 グニャっとなっても割れないなどの特徴がありますが塗装ができません。 厳密には出来ないことはないですが、塗装のノリが悪くキレイに仕上がらないか、 キレイに仕上がったとしても、どっちに

記事を読む

お正月にバイクで北海道最北端に行って年越ししたりする人もいますが、 バイク+雪道の世界は私には無縁と思っていました。 (若いころはやってみたいと思っていましたがw) また、バイクで雪道を走り、雪中キャンプをしたりする方もいますが、 雪のあるところまでが遠いからか、自分にはあまり関係のない世界だと思っていました。 (寒いのが苦手なのもありますがw) バイクでの雪道は、富士

記事を読む

KLR650のパニアは、日本の道路事情を考え、 運転に気を使わなくてすむ、小さめの21リッターのパニアに変更しています。 このパニアだと、キャンプツーリングで、テントまで入れるのは難しいですが、 テントをパニア外に出して積載しても、小さめパニアの方が走りやすいのでそちらにしました。 パニアが小さめなため、パニアに入らないテントなどを外に積載する物が出てくるわけですが、 そ

記事を読む

2018/5/6 針テラスで旧友と再会し、青山高原ツーリングに 高松を早朝に出発。淡路島経由で大阪を抜け、名阪国道で帰ることにしました。 帰り道が決まったので、関西の友達に連絡。 名阪国道の道の駅「針テラス」に見送りに来てくれることになりました。 会うの何年ぶりだろうか。道の駅でのおしゃべりが楽しい。 私が帰り道だったこともあり、名阪国道を亀山まで走ろうと言ってくれたのですが、

記事を読む

2018/5/26 四国ツーリングの時に分かったのですが、 プラグキャップカバーが割れ、雨の日にリークしてエンジンが失火して止まってしまう不調になりました。 そのままでは雨の時にエンジンが不調になるので、テープを巻いて応急処置をしてツーリングを続けていました。 その補修の時にタンクを外してみたら、ヘッドカバーのボルト部分からのオイルにじみもありました。 最近まで平気だった

記事を読む

2018/5/5 最終日は関東まで走らなければいけないので、ビジネスホテルに泊まることにし、 高松へ向かいました。 泊まったお宿は、イーストパーク栗林。 繁華街からは少し離れていますが、バイクの駐輪も大丈夫で、リーズナブルだったので選びました。 お部屋は普通のビジネスホテルで問題なし。 [rakuten] 1Fの駐車スペースにバイクを停めて2Fで受付し、お部屋

記事を読む

2018/5/5 若者の旅の宿として、まだユースホステルに勢いがあったころ、 四国の大豊町に定福寺ユースホステルという宿がありました。 自らを「笑い地蔵共和国」と名乗り、5大修行というレクリエーションを開催し、 3つの修行で国民栄誉賞、5つ全部を制覇すると人間国宝の称号がもらえる 四国で人気を集めていたユースホステルでした。 修行という名が付いているとおりに、 峠

記事を読む

5/20(日) 箱根で開催されたAX-1のミーティングは、 80年代90年代のデュアルパーパス車もWELCOMEだったので、ちょっと顔を出してきました。 そしてAX-1ミーティングを終えてから、北富士演習場へ3台で行ってきました。   箱根ターンパイク 集合場所が大観山だったので、普段は通らないターンパイクを通ってみることにしました。 KLR650でターンパ

記事を読む