好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

眠り続けるKLR650B型 「天涯」 KLR650シリーズには、 日本で2年間発売され、米国でベストセラーになったKLR650A型、 ヨーロッパ向けに作られたKLR650C型、現行のアドベンチャーKLR650E型、 そして、A型をベースにパリダカカウルを装着し装備が豪華になった KLR650B型「天涯」の4種類があります。 販売台数こそ少なかったKLR650B天涯は、 当時の

記事を読む

マディーな道でゴムステップは滑る! ヌタ道を少し走って、ステップを換えようと決心しました。 昔はこれでなんとか行ってたような気もするのですが、 泥が付着したブーツをステップ乗せると滑りまくって気持ち悪く、 いろいろ頼むついでに買ってしまおうということに。 ノーマルのゴムステップはこれです。   SW-MOTECH デュアルポジション フットペグ ゴムラ

記事を読む

ひとりで行った伊豆の林道で、急に出てきたヌカるみがかなり恐ろしかったので、 思い切ってオフ寄りのタイヤをいれることにしました。 これから林道に行く率高くなりそうですしね。 ディスクローターのボルトが外れなかったホイールも使えるようにしたので、 このホイールにオフ寄りのタイヤを入れようと思います!   タイヤはピレリMT21にしました 17インチのホイールサイズが

記事を読む

KLR650の樹脂製スキッドプレートを、 アルミ製スキッドプレートに交換しました。   樹脂製の穴が多いものから、丈夫なアルミ製のものに KLR650のノーマルスキッドプレートは樹脂製です。 樹脂といってもかなり固いんで、 跳ね上げた石が少しあたるくらいは問題ありませんでしたが、 穴が多いので、けっこう石があたってるんだろうなぁと気になってました・・・。

記事を読む

KLRのスクリーンはコンパクトでも、かなりきっちり風を受け流してくれますが、 なんとなくスクリーンを変えてみました。   作りは純正の良さが光る 大きさ以外では、純正のボルトの穴の作り込みがすごい。 ぴっちりっとはまって気持ちいいです。 もちろんMRAスクリーンの質が悪いわけではなく、 社外スクリーンは、ここまで凝った設計にすることは考えられないので、 純

記事を読む

バイク走行時の動画撮影時の風切り音がすごいので、 モフモフを取り付けて風切り音の低減をしました。   100均の猫じゃらしで、風切り音を低減 写真のほうが好きなので、動画は撮影にはあまり力を入れていないので、 外部マイクを装着するなど面倒なことはしたくありません。 接続するコードなどは少なく、手軽に撮れる方がありがたいのです。 それでも撮るからには、バイクの

記事を読む

ビッグオフローダー達で走る、伊豆林道ツーリングに参加してきました。 雨が降るとマディになる林道もあったので天気を気にしていましたが、当日は晴れ予報! このところずっと雨も降っていないし、 これならオン寄りタイヤでも大丈夫と思いながら出発しました・・・が。   集合場所へ向かう時、雨が降ってきた・・・ 早朝に家を出て、集合場所の伊豆の天城に向かいますが、 御殿場を

記事を読む

時間はないけれど気持ちのリフレッシュをしたくなり、 東京とは思えない自然がある小野路のあたりへバイクを走らせました。   鳥の鳴き声を聞きながら、癒やしの時間を過ごす 小野路付近は、緑豊かな自然の中を走る道がたくさんあります。 軽自動車しか通れないのでは?という道を、緑を感じながらバイクで走るのもいいものです。 東京都町田市にあるとは思えない、 自然

記事を読む

夜のバイク撮影スポット、象の鼻パーク 赤レンガと並んで夜のバイクスポットとして人気のある、象の鼻パークに行ってみました。 行く途中で赤レンガもチラッと見ましたが、 バイクや自転車の人など、同じ趣味の人達が何組も集まっていました。 深夜に夜な夜な友達と集まって話しをする・・・という歳でもないですが、 横浜の美しいスポットで友達と話していたら、 楽しい時間があっという間にすぎていく

記事を読む

KLR650にPIAAのLEDフォグランプ(セロー専用)を流用して装着しました。 かなり路面を明るく照らせるようになり、いい感じです!   暗くて見えない夜の走りを快適にしたい KLR650のライトはレンズカットがある時代のもので、それほど明るくありません。 そして年式の古さもあってか、車検での光量チェックはギリギリです。 まわりを走る車のライトが明るくなった

記事を読む

  車を横付けして、ベイブリッジを眺めることが出来た場所 車を横付けしてベイブリッジを眺めることが出来る、かつてのデートスポットへ行ってみました。 ここは、クルマでのデートが全盛だった20代の頃、地元民が知るスポットでしたので、 横浜に住んでいた同世代の人はけっこう懐かしい場所ではないでしょうか? 道路の脇にクルマを横付けして、 彼女と横浜の港や出来たばかりのベイ

記事を読む

規制前のRG50Γ RG50Γ初期型に乗っていたのは高校生の時。 すでに原付のリミッターによる60kmの規制がはじまっていましたが、 初期型の規制前RG50Γは、90kmの速度メーターが付いており、 50ccながら95kmを出す事も可能なバイクでした。 ブレーキはたいして効かないのに、限界まで出せてしまうスピード。 そんなバイクに筆記試験だけの原付免許で乗れてしまうという・・。

記事を読む