好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

前回の漂白から3年ほどで檜板にカビが生えてきましたので、
再びヒノキのカビ取り漂白をしました。

水分に侵されない部分はカビてこないのですが、
アルミサッシ付近で結露する部分、シャワーの水がかかる部分、
タイルの少し上はどうしてもカビが発生しますね。

 

ウッドリカバリーで、天井部分のヒノキのカビ取り

前回漂白した時に3種の漂白剤を試しましたが、
ヒノキ部分にはウッドリカバリーでの漂白が良かったので、
ウッドリカバリーを使用しました。

→ヒノキ板のカビ取り剤を3種類試した記事はこちら

ウッドリカバリーを指定の倍率で水を薄めて準備をします。
ちょっと黄色がかった透明の液体ですね。

薬剤は、屋外専用ではないようですが、
換気をしっかりしないで広い面を塗ると、目や喉の調子が悪くなります。
ですので、扇風機も使って換気をしっかりした上で施工していきました。

天井部分に液を塗り、夜まで放置。
カメラで撮るとまだ目立ちますが、カビ部分はかなり薄くなり、
離れて見る分にはさほど気にならなくなりました。
もう一度、目立つところに塗れば、もう少し薄くなると思います。

この部分は、他の部分が終わったら、まとめて撥水処理する予定です。

 

シャワー付近の部分のカビ取り

この部分も手入れをしにあいとカビが生えてきてしまいます。
以前いろいろ薬剤を試してしまって、木に少しムラがあるのですが、
ヒノキ部分はウッドリカバリー、ヒバ部分はカビスケを使っていきたいと思います。

少し作業はしたのですが、終わった時点で追記したいと思います。

 

タイル付近のカビ取り

シャワー付近以外もタイル付近の水分が多めの部分は、うっすらカビが生えてきました。
こちらもシャワー付近と同様に、
ヒノキ部分はウッドリカバリー、ヒバ部分はカビスケを使っていきたいと思います。

こちらも作業が終了したら追記していきます。

 

 

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません