好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

20160212-IMG_9061

ヒノキ材の壁の板にカビが生えてきました。白銀化も進んでいます

浴室のドアだけでなく、壁に貼ってあるヒノキ材にもカビが生えてきました。
また、白銀化してきている部分も、年を追うごとに濃くなってきています。
白銀化はともかく、カビとをなんとかしないといけません。

 

ヒノキの漂白には何がよいのだろう?

お風呂のヒバ製ドアがカビてしまった時、カビスケにて漂白をしていました。

このカビスケは漂白力はとても強いのですが、
漂白力を求めて原液に近い濃度で使ってしまうと、木が白くなりすぎるのが欠点。

ヒバは白っぽい木なので、それほど気になりませんでしたが、
やや赤みのあるヒノキが白くなってしまうのは、なんだか勿体無い気がします。

そして、いくつか薬剤を試してみようと思い立ちます。

 

カビ取り、白銀化を目立たなくしたい部分

浴槽からタイル4枚を経て、天井まで貼ってあるヒノキ板が今回カビ取りをしたいところです

このヒノキ板は、10年以上ノーメンテでも、あまりカビもはえませんでしたが、
さすがに10年を超してくると、浴槽窓の結露で水がかかる部分や、
シャワーの水がかかる部分のカビが目立ちはじめました。

また、カビではないのですが、白銀化してきている部分がかなり増えて、
木材が古い感じに見えてきています。

 

3つのカビ取り・漂白剤をためします

白銀化は味と思えばまだ良いのですが、カビはしっかり落としたいところです。
そのカビを落とすため漂白剤を使うと、白銀化部分も漂白され色が変わってしまうので、
しっかり吟味してから壁全体に使おうと思いました。

ヒノキの赤みを帯びた色味が大好きなので、漂白して白くしすぎることはしたくないのです。

3つほど薬剤を取り寄せて、試してみることにしました。

カビ部分だけを漂白しても、その部分だけ色がかわり目立ってしまうので、
壁面全体に薬剤を塗布して、木の持つ雰囲気を損なわない薬剤がベストです。

エントリーは・・・

●ミヤキ カビスケ
●信越化学工業 ウッドリカバリー
●アサヒペン 白木漂白クリーナー

サンダーで削るということも考えましたが、
ホコリがすごそうなので薬剤でなんとかしようかと思います。

 

ヒノキの板張りの目立たない部分に塗って試しました

ちゃんとした比較写真は撮ってないのですが、目立たないとこで何度かテストしました。
どれも漂白能力はあるのですが、特徴がそれぞれです。
木材の種類、薬剤の濃度によって、木との相性があるのかなと思いました。

●カビスケ
カビスケは漂白力がすごい。カビがしっかり消えますが、ヒノキ板も白くなってしまう印象。
白い色のヒバへの使用はあまり気にならなかったのですが・・。塩素臭はややきつめです。

●ウッドリカバリー
ヒノキの木の色がそれほど変わりません。
白銀化部分やカビ部分は、やや赤みがある感じに変わりましたが、
ヒノキがもつ色合いは一番大事にされている印象です。
カビの取れ方はマイルド。

●白木漂白クリーナー
酸素系で、粉と液をまぜて使うのですが、ヒノキの色がくすんだ色になってしまいました。
ちなみに、杉でできた洗面台では、色も変わらず3つの中では一番いい感じでしたので、
相性があわなかったということなのかなと思います。

結果、ヒノキ板にはウッドリカバリーが自然な感じに私は思いました。

 

ウッドリカバリーを使うことにして、ヒノキ材の壁に塗布していく

ウッドリカバリーがヒノキの雰囲気を壊さず漂白出来そうなので、メインに使うことにしました。
カビ取りに関してはややマイルドな面もあるので、
しつこいとこは削るか、別の薬剤を使ってなじますか、みたいな感じでやってみようと思います。

タイミング的には朝しかやるタイミングがないので、何度かにわけて施工します。

 

お風呂の窓際のカビをウッドリカバリー

2度塗りの状態でかなりきれいになってくれました。
ウッドリカバリーだともう赤っぽい点々は取れないようなです。
これ以上やるならば、たぶんサンダーで削るのが一番いい気がしますが、
もう一回塗ってみて、この状態で諦めるかな・・。

20160206-IMG_9011

20160211-IMG_9024

 

天井部分をウッドリカバリー

2回塗りの状態です。
天井部分のやや黒っぽいところが白銀化していた部分ですが、
黒が薄くなって赤みがプラスされてるので、写真でみるよりも違和感少ないです。

また写真だと分かりませんが、木の白身部分は若干くすんだ感じになりましたが、
施工前の壁と比較しないと分からない感じなので、違和感は少ないです。

20160212-IMG_9060

 

側面部分をウッドリカバリー

上が白銀化がすすんだ壁。下がウッドリカバリーした壁です。

こんな感じに色が元の色に近くなっていきます。
色味も違和感ないのが分かるでしょうか。

何度か塗っても、木自体の色味はそれほど大きく変わらないみたいなので、
下の状態からもう一度だけ薬剤を塗布して、
やや黒いところを目立たなくして終わりにしました。

 

カビスケで塗った部分

一番浴槽に近く、シャワーの水がかかる部分は、
なかなかカビが落ちなそうなので、カビスケを使いました。

何度か塗っていたら、真っ白になってしまいました^^;塗った部分がムラに^^;
(ヒノキ面はまだウッドリカバリーしていない状態で白銀部分が多々あります)

上部はウッドリカバリーした後、
ムラになった部分はペーパーなのでなじませてごまかすつもりです^^;

20160129-IMG_8965 20160211-IMG_9027

 

保護のために、ミヤキの木肌一番を塗りました

木の漂白が終わってから、保護のためミヤキの木肌一番を塗りました。
撥水性がよく、その撥水性も割と長持ちしました。

当分、壁は平気でしょうが、またカビなどが進行してきたら、
ウッドリカバリーを塗布したいと思います!

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません