好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

冬が近づいてくるとメジナのお刺身がとても美味しくなってくるので、
11末〜12月あたりはメジナを釣りたくなってきます。
最近多くやっている、太刀魚、アジ、サバ釣りとは違う引きが楽しめるのも良いですね。

 

大潮の急激な下げ。短い地合でなんとか25cmを1匹確保

福浦の八景島前に到着して、仕掛けを準備。

回りをみわたしてみると、太刀魚釣りをやる人の多いこと。
数年前までは、一番奥だけしかやっている人いませんでしたが、今はかなり手前まで太刀魚の人です。

さて、いつも夜は、まぁまぁ重めな棒ウキの仕掛けでやるのですが、
軽めなものでやりたくなり(すごく軽量ではないですが)、円錐ウキの仕掛けではじめました。

はじめて早々にアタリが出て、ヒット&バラし・・。
たぶんメジナで、そこそこなサイズっぽかったので、ああ〜と声でちゃいました。

しばらくしてウキが入り、本命のメジナが釣れました。サイズは25cm。
もうちょいサイズが欲しかったですが、メジナの引きは強く楽しめました!

その後、消し込むアタリがあり、
まぁまぁのサイズっぽかったですが、またバラしてしまいました。残念感がすごかった。

竿に伝わる引きでサイズ感は分かるので、
サイズが良さそうなものをバラすとホント悔しいんですよね・・・・。

ここからひたすら沈黙で、時たま出るアタリで釣れる魚は、カサゴやフグばかり。
特にフ今日はグが多かった。
個人的なジンクスですが、ウミタナゴが釣れる時は期待して、
フグが多い時はダメかなと思っちゃいます。

フグのことは置いておいても、流れや波の雰囲気がまったりしていてダメそうな感じになりました。
大潮で水位だけ急激に下がっていくパターンですね。
このパターンの時はアタリが出ないので、ほどほどなとこで終了。

釣りはじめた時間の短い地合で1匹釣れて良かったです。

釣行日:2018/11/24

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません