好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

ハピソンの針結び器が動かなくなったため、手動で使いやすいように改造しました。
海水や雨で壊れすい針結び器ですが、モーターを外せば手動器としてストレスなく使えるようになります。

 

モーターが入っていると抵抗があり、手で回すには固い

手で針を結ぶのは大変なので、だいぶ前から針結び器を使っています。
1台目も今回と同じ改造をして使っていましたが、友達にあげてしまったため、
今のは2台目の針結び器です。

その2台目も動かなくなりました。
海水や雨などによって、電池の接点がダメになったり、モーターがダメになったり、
たいてい動かなくなります。

電池で動かなくても、手で回して使えるのですが、
内部のモーターの抵抗で、「ギギギギ」と固くて手で回しにくいのです。

 

モーターを外して、手動で使いやすくする

まずカバーをはずしますが、
電池のフタと背面のビス4本を外すだけで、とてもカンタンです。

ビスを外したら、表向きにしてカバーを外します。
内部にあるモーターから出ているギアが、糸を回す部分に噛んでいるために固いので、
モーターを外してしまえば、糸を巻く部分の抵抗がなくなり、手でカンタンに回せるようになります。

モーターを押さえているバネを取り、モーターの配線を切ってモーターを外しました。
モーターと、モーターを押さえているバネ以外の部品は、そのままでOKです。

カバーを元に戻し、背面のビス4本と電池カバーを取り付ければ完成。
回す部分が手でスムーズにまわるようになり、ストレスなく使えるようになりました。
糸が一番上に来た時にロックがかかる機能はそのままなので、使い勝手も変わりません。

この手回し仕様のものは、電動である必要はまったくないよねと思えるほどに快適で、
電池の心配もいらないのも良いですね。

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません