好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

11月に、古い大型のドラグ付きリールを5Mほどの高さから落としてしまい壊してしまいました。
大型のドラグ付きは投げ放置の時に便利なので、修理すべく分解。
故障箇所は一目瞭然で、部品が割れてました><

1980年代のリールなので部品があるか怪しいものの、聞いても良かったんですが、
まずはダメもとでパテでやってみることにしました。

とりあえず元のカタチに戻して部品を組み込んでみるが、ビスがしっかり締まりません^^;
仕方ないので、え〜いとパテで固定してしまいました^^;;

まぁそんなで強度的には疑問ですが、ちゃんと動作。
試しに使ったところ、小物なら問題ありませんでした(笑)

photo 01Clickで拡大

割れた部品

photo 02Clickで拡大

元のカタチに

photo 03Clickで拡大

パテで埋める^^;

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません