好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

X-M1で、EFレンズ/EF-Sレンズを使いたい

一眼デジカメはキヤノンユーザーですので、
EFレンズやEF-Sレンズを、それなりに持っています。

ただ、バイクや自転車では、一眼は持ち歩くのが大変なので、
色味などが気に入っているフジのX-M1をメインに使っています。

メーカーが違うとレンズに互換がなく、
キヤノンのレンズをフジに使えたらいいのに・・・とずっと思っていました。

フジにももちろん良いレンズはあるのですが、
キヤノンもフジも買うのは金銭的に難しく、
X-M1を使う時は、気軽さを重視してキットレンズばかり使っていました。

 

キヤノン-フジ 変換アダプターFE-FX10は、AFも使える

昔は電子接点のないAFが使えないアダプターリングばかりでしたが、
Fringer FR-FX10は接点付きで、案外普通にAFが使えると評判で気になっていました。

古いレンズがイマイチ使えなかったり、
ズームの望遠側のAFがダメだったりする場合もあるようですが、
単焦点は使えるレンズが多いらしいです。

メーカーがちゃんと対応レンズを発表していたり、
ファームウェアで対応させたり、精度を上げたりしているのも好感が持てますね。

対応リスト
https://www.fringeradapter.com/#compatible

若干お値段はするので躊躇してましたが、
かなり使えそうな感じなので、思い切ってご購入!

さっそく、使いたかったレンズをX-M1に装着してみます。

 

EF24mm f2.8 ISをX-M1に装着

まずは、EF24mm f2.8 IS。
アダプターの厚みの分だけレンズが長くなりますが、
この大きさならば許容範囲です。

気になっていたAFは、ちゃんと動作しました。

このレンズを使えると、35mm換算で36mmのレンズになるので、
使い勝手のよいオールマイティーなレンズになります。

また、EF24mm f2.8 ISは、レンズ内手振れ補正が付いていて、
シャッタースピード1/4とか1/5とかでもぶれずに撮れるので、
手持ちで滝を流して撮ったりもできるのですが、
X-M1でもそのような芸当ができるようになったはず。
フジでちゃんと機能するか、はやく試してみたいです。

EF24mm f2.8 ISは、被写体に近づいてもピンが合うので、
FUJIのキットレンズより使い勝手は良いと思います。

 

EF-S10-22mm f2.8 ISをX-M1に装着

次に使いたい10-22mm f3.5-4.5を装着してみました。

部屋の写真を撮るのに便利につかっていました。
もちろん外で撮っても超広角は面白いです。

それほど大きなレンズではないので、
カメラとのバランスも問題ないですね。

キヤノンのカメラではAPS-C機でないと使えないので、
あまり出番がなくなっていましたが、出番がまた増えそうです。

こちらもAFはちゃんと動作しました。

 

EF24mm f2.8 IS + X-M1をツーリングに持ち出してみた

AFも問題なさそうなので、実際に外に持ち出してみることにしました。
レンズは、X-M1にcanon 24mm f2.8 ISです。

この装備だと、バイクツーリングでも小さめなウエストバッグでいけるで
大きさも問題ありません。

16-50のキットレンズだと少し甘い感じがありましたが、かなりきっちり写りますねぇ。
合焦までの速さも問題なく、たまに合焦ミスしますが、問題なく使えました。

使い勝手良かったので、X-M1のメインレンズはこれになってしまいそうです。

 

ズームや望遠はおいおいテストします

大きなズームレンズを使いたい時、望遠を使いたい時は、
一眼を使うと思うので、ぶっちゃけあまり使う機会はないと思います。
しかし、X-M1を持って行く時に、
1本望遠をしのばせていけるというメリットはあると思いますので、
近々試してみようと思っています。

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません