好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

20170502-5D3_9208

「GW、どこか子供と二人でどこか行ってきたら?」

下の子供は小6。中学に入ったら部活などでどこかへ行くチャンスも減る。
私の休みがGWくらいしかまとまって取れないこともあり、
二人で旅行に行くチャンスは最後かもしれない!

自転車でどこか行ってみようかと少し考える。
山は無理だ・・・二人で楽しく走れそうなところ・・・・!・・・しまなみ!

さすがにしまなみは行くまでに時間かかりすぎるでしょ・・・
・・・と、カレンダーを見てみると思いのほか休みが長い。

何にも計画は出来ていないけど、まずは息子をうなずかせないと。
自転車以外のハイキングなどの選択肢をいくつか考えて息子と話し合い。

移動の嫌いな息子は今まで遠くへ行くのは渋ってしまって難しかったのだが、
その選択肢の中から、割とすんなりしまなみ自転車旅行を選んでくれた!

さて・・・選んでくれたのは良いのだが、すでに4月にはいっている。
自転車のレンタルはどこも難しい。宿ですら空きがほぼなく厳しい状況。
輪行も子供の力を考えると難しいだろうし・・・。

車か・・・。

自分一人なら宿などなくても車中泊でもなんでも行けるのだが、
子供がいるとそうもいかない。

日程、泊まる町、走った後の自転車の回収をどうするか、など考えはじめる。
3日尾道泊、4日しまなみのどこかの島泊、5日今治泊が理想という結論に。

予定を組んだのが遅すぎて、宿がなかなかとれないのだけど^^;
あとは実現に持って行く!

3日の尾道と、4日の島の中の宿は厳しかった。
なので、3日は福山にして、4日は車の人がこれないキャンプ場でなんとかという感じ。
もっとも、このキャンプ場は私がものすごく行ってみたいところなので、
4日の宿はすぐ諦めましたが(笑)

計画
2日 夜 出発
3日 午前 尾道到着 福山泊
4日 しまなみ街道自転車 身近島キャンプ泊
5日 しまなみ街道自転車 今治泊 
6日 てきとうに観光しながら帰路へ
7日 午前 横浜着

バスやフェリーでの自転車の輸送はけっこう子供的に厳しい。
キャンプ道具などの大量の荷物もあるので、ホテルに自転車と荷物を預かってもらって、
身一つで尾道に停めてあるクルマを取りにいくことにしました。

キャンプ道具を積めるようにキャリアを装着した自転車2台を車に詰め込んで、
2日夜 20:00 自宅を出発。

夜中走って、朝の7:30尾道に到着。
夜型人間すぎて、案外夜走るのつらくないというねwww

起きた息子に「つかれたか?」と聞く。
「ずっと寝てたから疲れてない」と息子。
「おれ疲れてるので、少し寝るから!」と言い放ち睡眠(笑)

数時間後、仮眠からムクリと起きて、息子との二人旅のはじまりました!

コメントを書く

*

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません