好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

20160814-5D3_7296

金沢からひたすら走って輪島の町はいると、黒い瓦の町並みがまず目にはいる。
とにかくほとんどの家の瓦が黒い。
それが、地域性、素朴さ、力強さ、などとてもいい味わいを町にもたらしている。
もちろん輪島だけでなく、能登の漁村などもこの能登瓦が使われているので、
いろいろなところでこの少しタイムスリップしたような雰囲気が楽しめます。

北陸の厳しい気候に対応した瓦以外にも、
日本ではそれぞれの地方の気候にあわせた瓦が作られているので、
いろいろな地方の瓦を調べても面白そう。

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss