好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

ゆるキャン△第10話でちあきちゃんが、
ユニフレームのファイアスタンド2を買っているのをみて思い出しました。

友達が購入したファイアスタンド2を見て、「いいな」と思って、中華の買ったんだった!
KALILIというブランドのものですw

このファイアスタンド系焚き火台は、仕舞寸法が案外大きく、
普段はA4サイズになるものを持って行っており、ずっと物置にしまってありました・・・。

バイクに積むにも、自転車に積むにも、とにかく長いんですよね・・・。

その為、ファイアスタンドを改造して、収納をコンパクトにした上で使っている方も多いようで、
あちこちに改造記事が載っています。
それを参考に、中華のファイヤスタンドも短く収納できるバージョンにしてみました。

あ、ちなみに、
この改造を多くの人がしているからでしょうが、現在は中華製で収納が短いもも出ています。
新たに買う方は、最初からこちらを選択するのもありですね。

 

 

収納を小さくするためにパイプをカットしちゃいます

パイプカッターでパイプをカットしました。
金ノコでカットでも問題ありません。

 

材料を用意。ユニフレームのものとは少し違うみたいです

ユニフレームよりも、KALILIのやつのほうがパイプが太いのでしょうか、
ユニフレームの改造には、鬼目ナットとボルトはM5を使うようですが、
穴の径をはかると、それだとユルい。
KALILIの改造用に、M6のツバ付き鬼目ナットと30mmのボルトを用意しました。

 

ボルトの頭を少し削り、ネジロックをつけて差し込む

ボルトの頭が大きくて、そのまま入らなかったので少しボルトを削りました。
それにネジロックをつけて鬼目ナットにしめつけ、接着剤をつけてパイプにたたき込みます。

 

上側のほうは、鬼目ナットだけ挿入

メス側になる上のほうの部分は、鬼目ナットだけ接着剤をつけて挿入していきます。

 

収納が分割式になりました

足の部分をつなぎ合わすとこんな感じです。

組みたてるとこんな感じです。

 

収納サイズが短くなったので、バイクや自転車で持ち出しやすくなりました。
今度持ち出して、使ってみようと思います!

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません