好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2011年03月26日

地震発生のとき

同僚は何か虫の予感があったのか、その日はお休みだった・・・。
一人でオンボロマンションの一室で地震にあう。めっちゃこえかった!

高層化された作業部屋はあまりに恐ろしく、低層の会議室に待避。
自然と机の下に隠れるくらい揺れた><
揺れは長く、マンションが壊れるんじゃないかと思ったよ。。

そして揺れが収まった後、作業部屋に戻ると、いろんなものが落ちまくり><
その程度で済んで良かったけどね。。

とりあえず荷物をそのままにしてマンションの外へ出る。
外へ出るときに2軒隣りの人と話したが、そこは窓が割れたらしい><
歩道にも飲食店などから外へ待避している人が多数いた。

photo 01Clickで拡大

散乱した書類

photo 02Clickで拡大

落ちたパソコン

 

お台場へ

やることあったので、仕方なく職場に戻って作業><
しかし、夕方になって、お台場にいた友人から難民になってるので
来てくれとのメールが入った><

ゆりかもめに乗ってる時に地震にあったらしい。。
グワングワン揺れて、ビルもグワングワンゆがんでたらしい。。。
ゆりかもめで地震・・おっかなすぎる?><

仕事はストップしてたから、道路状況を調べてピックアップに出動。
首都高は通行止めだったけど、レインボーブリッジの一般道は渡れた。
ちなみに、到着したときは、
レインボーブリッジの歩道も通行止めだったらしい。

電車は全部止まっていたから、そのままピックアップして送迎。
渋滞がヒドイね。大きな幹線道路を横切るのが大変でした><

歩道には、ひたすら歩く人達が大勢いたし、
諦めてビールを大量に買って職場で飲む人たちもいた。
コンビニは大盛況で、すぐに食べられるものは全然なかった。

photo 03Clickで拡大

渋滞の道

 

自宅では・・

自宅の方では長時間の停電が起こっていたらしい。
自宅は停電で情報が何にも入らないので、私の実家へ行っていたらしい。
クルマに乗ってる時も思ったけど、こういうときラジオって頼りになるね。
電気がダメなとき、一番情報を集めやすいのを実感。

家族と連絡は取れたので、安心して事務所にお泊まり決定^^;
あまりに渋滞すぎて、帰ったら大変だったし、やることあったし><

photo 06Clickで拡大

停電中の家

 

物と交通が・・

原発事故で、とにかく電気がない。
そして、計画停電というのをやるということで、
不安から乾電池や日持ちのする食料、水などがなくなりました。

かみさんが買い物に行ったとき、
近所のスーパーで、おじいさんがアイスを買い占めようとしたらしい(笑)
奥さんに「そんなもの買ってどーするの!」と怒られて、
「冷蔵庫に入れておけばいいじゃない・・・」と言ったら、
「電気がとまったら溶けるでしょ!」と言われてたらしい^^;

不安で、皆冷静じゃなかったんだね^^;;
幸いウチは米だけはあったので、慌てずすんだけど。

ガソリンも不足でスタンドには長蛇の列だった。
製油所もダメなとこが多かったっていうのもあるけど、
普段乗ってない人もこぞって入れにいってたんだろうな。

並ぶのもイヤだし、未だに動いていなかった電車に乗るのもイヤなので、
1週間ほど自宅作業に切り替えました。
停電3時間中は仕事にならないけど、通勤に普段の倍かけて行く気はしなかった^^;

物流はちゃんと動いていたので、近いうちに品不足は解消されると思い、
あるものでテキトウに生活してましたが、
首都圏ですらこんな感じだから、東北の物資は相当足りてないでしょうね。
ちゃんと東北に届いてほしいもんです。

photo 04Clickで拡大

スタンドの行列

photo 05Clickで拡大

すぐに売り切れ

 

計画停電

我が家は地震発生時に長時間の停電を経験してるので、
たった3時間の計画停電では慌てないですが、
停電を経験してない家の方が不安が大きいみたい。

でも3時間なので、別に平気だよ。
昼間なら、特に何の必要もないし、夜なら若干の明かりが必要なだけ。
寝ちゃえばいらないし^^;
ポットにお湯を入れとけば暖かいものも飲めるしね。

ただし、停電中の地域にはクルマであまり出歩かない方が良いですね。
信号まで消えてしまうから><

真っ暗な住宅街は不思議な感じだけど、
山ばかりで街灯がなかった子供の頃はこんな暗さだった気がする^^;

いまだに電力は足りず、みな節電してるので町は暗いですね。
長期になると、犯罪とかの問題はあると思うけど、不自由な感じはないなぁ。
ちなみに高速もインター周りしか電気を付けてないようです。

photo 07Clickで拡大

停電の住宅街

photo 08Clickで拡大

停電の交差点

photo 09Clickで拡大

停電中の町並み

 

トイレ

うちは、家建てるときに予算の都合で
安いタンク式のトイレだったから普通に使えるんだけど、
実家と妹の家は、タンクレス。。。バケツ使わないと流れない^^;
これって、電気ないとダメなんだね〜><

photo 10Clickで拡大

我が家のタンク式

photo 11Clickで拡大

実家のタンクレス

 

自粛ムード

そんなこんなで
電気は長期にわたって足りないだろうし、今なんか放射能不安もあるし、
かなり復旧は長引きそう。

イベントなども自粛ムードが漂い、
やってもいいんじゃない?というイベントも中止されている。
そして、ついにイベント会社が倒産かぁ><

そういう私も、友達の印刷会社も、イベント自粛の波をかぶってたり。。
弱小なとこは運転資金が少ないし、自粛ばっかりだとツライっす><

たしかに、東北の惨状を考えると、気分ではないのはあるけれど、
東北の大変さを支えるためには、自粛しなくていいものは自粛しないのも大切だよね。

複雑な心境ではあるけど><
みな共倒れにならないようにしないといけないと思う今日この頃。。
無駄なことはしないで節約することも大切。
通常の経済活動をしていけるムードも大切。

 

これから

今は放射能が水道で検出されてから、水が品切れ状態。
不安だからストックしときたい気持ちは分かるけど、
ちゃんと小さい子供に行き渡らせてあげたいね。

デマも多いけど、さまざまな有用な情報が仕入れやすい時代だから、
しっかり情報を仕入れて、落ち着いて対処していきましょう^^
そして、元気な日本に戻るのだ^^

コメントを書く

*

  • ひらの

    ご無沙汰です。
    そうでしたか。こちらも地震当日は家族の安全が確認できたので腹をくくって朝までオフィスに居るつもりでしたが、私鉄と地下鉄は終夜運転してくれたので、明け方に帰りました。
    パソコンが落ちるほど揺れたんですね、びっくりしました。

    首都圏でも震災/原発のニュースをみてPTSDになる人が増えているほどなので、なかなかパッと何かをやるとの気分にならないのかもしれませんが、せめて非被災地では従来どおりの経済活動を続けるようにしたいものです。それが結果として被災地復興に繋がると思いますので。

  • トリプー

    >ひらのさん

    こんにちはー。

    遅い時間に東急が動いて助かった人も多かったですね。
    パソコンは高価な液晶モニタが落ちなくてよかった(笑)

    仙台に実家がある友人の兄が、津波を体験して人が流されるのを見たりもしたらしい><
    テレビでも壮絶な絵ですが、実際に生の話はそれはもう・・・。
    いまだに大変そうですが、はやく悲しみを乗り越えて復興してほしいですね。

    いろいろ考えちゃうことはありますが、
    笑顔のあるいつもの日本へ、すこしづつ戻していいきましょう^^

  • FEED

    • My Yahoo!に追加
    • follow us in feedly
    • tripoo_takasをフォロー
    • rss