好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

20151022-IMG_7297 

「どこからか出てきたとのことで使ってみて。」と渡されたカメラ、オリンパス PEN。
1967〜1972年に売っていたカメラです。カビもほとんどなくて年式かんがえたら綺麗。
電池はいってなかったので露出計がちゃんと動くのかもわかりませんが。
セルフタイマーは途中で止まってどうにもならなくなり、
シャッター押せなくなりいきなり使えなくなったかと焦りました^^;;

ハーフサイズのカメラなので35mmフィルムの半分のサイズで縦に写ります。
もちろんAFはありませんし、一眼ではないのでピントは距離を目測で数字で合わせるタイプです。
そういうのなんだか懐かしいです(笑)

F1.7の明るい大径レンズついてますが、カンでピントあわせのタイプなので、きっと絞りを絞らないとピンボケします^^;
今のカメラのようにフィルム感度が上がるわけもなく、
ハーフサイズということを考えるとISO100で撮るので微妙なピント合わせが必要な被写体はとても難しそうです^^;

ちなみに露出計と連動して自動で1/15〜1/500で切れるようです。

電池は製造中止の水銀電池MR-9。
調べてみると、電圧が少し違うので露出計がオーバー目になってしまうけれど安価なP625Uなどのアルカリ電池を使うか、
高価な電池アダプターでLR44などを使えるようにするかしないとダメなようです。

一度使ってみたい気はするけれど、使用頻度はないので・・・アルカリ電池を手に入れて、
ISO感度ダイヤルで(ISO100フィルムだけど設定はISO50)など露出補正して撮ってみるのがいいかもね。

そのうち一回撮ってみようと思います。
実は置物が一番いい使い方かもしれないけど(笑)

20151022-IMG_7291 20151022-IMG_7287

 

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss