feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

in Alaska

朝から雨が降っていたのでもう一日出発を遅らせたんだ。バンクーバーを出てから始めてまともに日本語を話したよ。彼はアメリカのシアトルから入って旅をしてるんだけど、彼は病気らしいんだ。血液の病気で日本だと100万人に2人くらいしかかからない病気になってしまったらしいんだ。脳の視床下部が犯され、、、。彼からいろいろ話しを聞いたんだけど、日本はその治療に関して後進国らしい。どこへの病院へ行っても、検査だけで実際には何にも分からないんだって。ナントカってホルモンが分泌されなくなって、飲んだ水分が体に吸収されることなく体外へ出てしまうらしい。だからトイレがものすごく近くなるし、脱水症状にみまわれるんだって。彼は結局アメリカの患者会を頼って問い合わせをしたりしたらしいんだけど、それで日本での臨床持ってる医師を紹介してもらったりさ。彼はやっぱり日本って医療後進国だっていっていた。そういう話を聞くと「ホントにそうなんだろうなぁ。」と思うよ。彼が旅していられるのももちろん薬のおかげなんだけど、「日本の医師はなにも知らないし自分で調べるしかなかった。」って言ってた。今では医者よりもその病気に関して知ってるくらいだって。彼は日本へ帰ったら、患者会のホームページを作って情報交換する場をもうけたり、日本で初めてその病気に関しての会が設けられるので、その手伝いをアメリカの患者会や医師たちとするっていってた。

身近なところにそんな人がいないから、日本の医療についてあんまり疑問をもったことなかったんだけど、たしかに日本の医療って海外よりやること遅いよね。まあでも自分の健康に感謝!しつつ彼にもがんばってもらいたいね、いろいろと。

Billie’s B&B(走行0km)

コメントを書く
  •  

  • Nordlys

    この病気は尿崩症といいますが、かなり正確に書かれてますね(笑)。病気持ちの私自身が他人の病気や境遇になかなか関心や同情を寄せたりすることができずにいますが、読み返してみると我ながら旅先で出会った人によくここまで自分の境遇をべらべら喋ったものだと思います(笑)。それをマジメにしっかり聞いてくれてありがとうね、TAKAさん。患者会の方は日本での立ち上げ早々に私がタイに移住してしまったので一時は自然消滅状態になってしまいましたが、幸いある主婦の方に引き継いでもらって今でも活動は継続しています。去年は私も日本で参加させてもらいました。

  • TAKA@トリプー

    ナントカホルモンで正確ですか(笑)この後の旅の中で、別の方からアメリカの医療問題も少しながら聞くことも出来ました。この時に話しをしていなければ心には引っかからなかったんだろうなぁと思います。さすがに私も歳をとってきて、まわりで大なり小なりの病気をみることが多くなりました。自分のことに精一杯で、なかなかチカラにはなれないんですけどね・・・。その気持ちを分かって、接する事が出来るような努力はしたいなと思ってます。

  • Nordlys

    ナントカホルモンは「抗利尿ホルモン」ですが、それ以外の記述はかなり正確ですよ。私だったらメモでもとらない限りそこまで覚えてられない(笑)。それにしてもTAKAさんはDIYの日曜大工にキャンプ、サイクリングとかなり健康的な生活をしてますねー。お子さんも逞しく育つことでしょう。パソコンの前に座ってるだけじゃダメですよね、ホント。私はこっちへ来てからますます不健康な生活に。。。アラスカ旅行以来太る一方で結婚してからは特に太りました!。

  • TAKA@トリプー

    その日に日記としてメモしてるから覚えているんですよー。私も一時期太りましたよ。自転車初めてから少しは痩せましたが、でも仕事はパソコンの前に終日座っているだけなので、基本的に運動不足。もっともっと遊びたいんですけどね〜。


  • ページのトップへ戻る