feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

PHOTO

今日のごちそう

PHOTO

テスとトシ

PHOTO

プルコギバーガー

サムーイサムーイ朝だった。テレビをつけたら氷点下4度。「寒いなぁ。」って言いながらもなんだかんだ言って寒いのを楽しんでるんだけどね。昨日の相談で、シンヨンサン電気マーケットっていうまあ日本で言えば秋葉原みたいな所へ行ってみようって事になったの。俺もトシもハングルの読み方表片手に、町中に溢れるハングルをアーダコーダ言いながら読みながら進んで行く。マクドナルドはハングルでちゃんとそう書いてあったよ。そしたらさ、韓国のマクドナルドも行かねばなるまいって事になって、朝ゴハンがてらマックへはいったの。そこではビックマックを頼んだんだけどさ、それを食べてる時に同じようにハングル読んでたら、「プ、、ル、、コ、、ギ、、バーガー。」って読めたものがあったんだ。お互い顔を見合わせて「シマッター!」って。すかさず1個注文して半分づつ食べたけど、テリヤキバーガーみたいでそんなに美味しくなかった。少し甘かったし。ちなみにバーガーキングのハングルを読んでたらプルコギワッパーっていうのがあるみたい。まあどでもいいんだけどさ、ハングルがもっと読めるようになったら、楽しいだろうね。

電車に乗ってシンヨンサン駅へ。そこは秋葉原よりも規模は小さく小さい商店が軒を連ねてる感じだったよ。でも路上でCDとかゲームとか売ってる雰囲気は日本とソックリだね。アメリカのコンピューター屋は似たような場所に専門店がパラパラとある感じだったけど、こちらは日本と同じでゴチャゴチャしてるんだ。そこでトシはマスゲンっていう友達から頼まれたMP3のプレイヤーを探したいらしい。何件も何件も見せを回るけど、専門店の集まりでマザーボードとか各種ボードとか組み立てコンピューターとかコンピューターのケースとかしか見つからない。でもねその中でコンピューターケースは日本で売っているシンプルなものではなくて、デザインされた言ってみればオーディオのようなケースがかなり目立ってたんだ。トシに「こんなの売ってないよ。買っていったら目立つしカッコイイジャン。」ってそそのかしたらさ、その気になって「俺買ってくぜ。」って。電気街を出る時に彼はケースをしっかり買ったんだけど、結構ケースなのに重くてトシは「持ち運びがシンドイゼ。ここは秋葉原だからカートも売ってる筈だ。ちょっと荷物見ててくれ。」って言って、人に聞いてカートを買いに行ったよ。十分くらいしたら、嬉しそうに笑顔で走りながら彼は帰ってきたんだ。

荷物を置く為に一度宿に戻ってさ、少し休憩してから、近くにあるT−ZONEっていう大型コンピューター店に行ってみたんだ。そこにはMP3再生プレーヤーのMP3 MANってのが置いてあったけど、マスゲンの求めてる記憶媒体が何らかのメディアってのではなくて、日本でも怪しい店には売ってるっていう話しの、メモリ内蔵タイプだった。ちなみに値段は64Mメモリが4万5千円くらいでメチャ高い。トシは「止めよう。カタログをお土産に持って行ってやろう。」だって。

5時にカナダで会った韓国人のTAE−SOOと待ち合わせしてたから、待ち合わせ場所のパゴダForeign language schoolへ。ここは昼間にマクドナルドの店員に聞き込みしておいて場所は分かってたんだ。時間に彼はいたんだけど、俺はあんまり顔を覚えてなくて、「アイツかな。」って思って少し遠くにいたら、あっちからTAKA!って寄って来てくれて助かったよ。テスとトシとまずレコード屋に行って、トシがCDを買った。それからトシは明日帰国だから、寝袋を買いに行きたいって言うから、みんなで南大門市場へ。そこの近くにはキャンピンググッズを売ってる店があるんだけど、テスが精力的に値段とモノを見てくれてトシは1万円でなかなか暖かそうな寝袋をゲットしたよ。そして買い物が終わってから、宿の近くへ戻ってメシ。俺もトシもデジガルビがもう一度食べたかったから、まずそれをソジュを飲みながら食べたんだ。それからサムキョプサルっていうテスおすすめの肉を食べたよ。それもなかなか美味しかった。それにしても韓国のゴハンはみんなで食べた方がより美味しいってつくづく感じるよ。一人だとこんな店に来てもこんなに頼めないしさ。食べるもの限られてくるしね。それにしても楽しいね。やっぱり現地の人と話しながらいるってのは。発見もあるし、いろいろ教えてもらえるし。

テスとは明後日の夜にもう一度会う事になったんだ。焼き肉してる時に、犬を食べるのかって話しになって、彼と犬を食べに行く事になったから。彼もバイトの時間を割いて来てくれてるから感謝しないとね。

ソウルの旅館泊

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る