好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

4月のある日にね、学生の時に沖縄を旅した時の知り合いの佐藤ってヤツからE-MAILが入っていたんだ。佐藤とはスノーボードにいったりキャンプに行ったり、よく遊んでいたヤツなんだけど、そいつがねハワイで送別会っていうか見送りをしてやるから「一緒にハワイへ遊びに行こう。」って言うんだ。「他の沖縄で出会った友達も何人か参加するからさ。」って。そいつが言うにはさ、何人かでコンドミニアム借りて「パァーと騒ごうぜ!!」って。

でもね、正直なところ佐藤とは違って俺はもう無職で収入がないしさ、日本へ帰ってからお金が入る人とは違うから「パァーと騒ぎたい!」けど、パァーと騒いでお金を使いすぎるのはイヤだなって思っていたんだ。ところがさ、何日か経ったら話しが変わっててさ「みんな行けないって。」って言われてた。みんな休みが取れなかったり、お金を無駄 に使いたくなかったりで。

それはそれでちょっと残念だったけど、「まあでも本当はハワイは行くハズじゃなかったし、お金も節約できるし、まあいいかな。」って思ってた。そしたらさー、佐藤は「俺は一人でもいくよ。」って言うんだよ。それなら俺くらいは行ってあげないと可哀想じゃない。でもハワイから日本へ戻ってくる気はなかったから、佐藤には「航空券にちょうどいいヤツがあったら、俺も行くよ。」って返事をした。

5月になって、旅行会社に「ハワイ経由でカナダのバンクーバーに行けるチケットはありますか?」って聞いたんだ。そうしたらさ、なんとあったんだよ、そんなチケットが。佐藤に「俺も行くよ。」って返事をした。そしたら佐藤も平然とした態度をとっていたけど、嬉しそうだったね。

ハワイなんて正直、俺には縁のないところだと思っていたんだ。海はキレイで気候はいい所かも知れないけど、「日本人だらけ。」とか「カップルだらけ。」ってイメージがあってどうも「俺には合わないんじゃないかな。」って先入観があったの。でもハワイのガイドブック買って見てみたら、ハワイって本当は面白そうな所なんだよね。もちろん海があるからマリンスポーツなんて何でも出来るし、素晴らしい自然なんかもいっぱいあるんだよね。もちろんショッピングも天国のようじゃないのかな?1ドル140円の今じゃそうでもないのかな?俺はブランド物とかは興味ないから、ショッピングなんかはどうでもいいんだけどね。あっ、でもカッコイイTシャツなんかはちょっと買いたいね。旅の資金を貯めている時なんか、ホント服なんか買わなかったから。それくらいはいいんじゃないかなと思ってる。もちろんサーフブランドね。サーファーじゃないけど。

サーファーって言えば、ハワイでは俺もウインドサーファーになるかも知れない。その佐藤っていうヤツがウインドサーファーなんだよ。佐藤はどうやら、ハワイの計画は俺の見送りなんかじゃなくて、ホントは自分がハワイでウインドサーフィンがしたかったからみたいなんだ。電話で「ハワイでウインドサーフィンしようよ。ちゃんとショップも調べといたからさ。」って。初心者の講習とレンタルの値段まで調べてくれたんだよ。でも佐藤の調べてくれた店って、どうやらウインドサーフィン界ではかなり有名な店みたいでさ、ちょっと値段が高いんだよ。お金のコトばっかり言ってる俺もちょっとイヤだけどさ、でも俺はハワイでお金使いすぎると後が辛いのが分かっているから、ついついシビアになっちゃうんだよね。でも、俺もウインドサーフィンってやってみたかったスポーツだったから「まあいいよ。」って言った。

佐藤には「その店でウインドサーフィンを借りるか分からないけど、やる海が一緒なら一緒にできるんだろ?講習って店によってかなり違うの?」って聞いたら、「どうせ教えるコトは一緒だし、それほど大差はないんじゃないかな。それにやる海が一緒なら、借りた後は自由だろ。俺はボードにこだわりたいからソコで借りるけど。全然大丈夫だよ。」だって。俺は一度もやったコトないから、ボードとかなんでもいいんだけど、ヤツには相当重要なコトらしいよ。まあ俺も趣味のものには、かなりこだわっちゃう方だからヤツの気持ちも分かるけどね。

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss