好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

in British Columbia

PHOTO

気持ちの良い高原RUN。

PHOTO

道端で休憩中に。

北上するほどに気温が高くなっていくんだ。これは「北へいくほど寒くなる。」っていう俺の常識を覆されたよ。バンクーバーとかウィスラーとかで「これ以上寒くなったらどうすんだよ。」とか思いながら走っていたのがウソのようでさ。針葉樹林帯だったのにここは広葉樹もかなり混じってる。広葉樹が混じりはじめると、空気が温かくなってくるんだ。これはバイクじゃなきゃ味わえないことだよね。この北上するルートの今日は北海道のような牧歌的な風景で、北海道のすごくキレイな所がズゥーと続くの。それにどこでも美しい湖や川が見れるんだ。俺は日本は「水と緑の国」だと思ってたんだけど、ここにはかなわないね。いやきっと日本もこんな国だったんだろうな。でも日本は人が多すぎるよね。誰かが言ってたけど「水のある国は栄える可能性がある。炭坑とか鉱山とかでは一定のところまでしか栄えない。」って。日本も水が豊富だったから栄えたんだろうけどね。

そう言えばさっき、北海道みたいな所だって言ったけど、ここはライダーがかなり走ってるんだ。バイクが反対側から向かってくると、手を挙げて挨拶するの。北海道のようにピースサインじゃないんだけどさ。それに町とかで止まってると、ライダー同士いろいろ話せるし、アラスカからアメリカへ行く人とも話したよ。
レンタカーでキャンピングカーを借りて回ってる人も多いんだ。適当に走って、適当なところで泊るの。家族づれもけっこういたなぁ。歳をとった人が多いんだけどさ、俺もそういうのやってみたいなぁ。

Pr Georgeの安ラブホテルみたいなMOTEL(走行352.5km)

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss