好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

[バイクとクルマ]

1998年06月30日

in British Columbia

PHOTO

木の橋。

PHOTO

このキャンプ場はすごく美しい!

カナダを走ってると、川をよく見るって行ったでしょ。その川っていうのがいかにも「熊が魚をバシャー」って捕ってそうな川ばかりなんだ。昨日のキャンプ場のおじさんにもさ、「熊には気をつけろよ。いっぱいいるからな。」って言われたんだ。そしたら余計にどこにでもいそうな感じでさ、「ああキャンプ場じゃない所ではキャンプしないようにしよう。」って心に誓っちゃたよ。たしかにさ、オーストラリアよりどこでもキャンプは出来そうな感じなんだけどさ、自分が熊に食べられてるところや川で洗われてる事しか想像できないんだよね。もちろんキャンプ場にも熊は出没するんだけどさ。人のいる所のほうが安全そうでしょ?

そんなこと考えて走ってたら、上り坂を登って景色が開けた時にさ黒い物体がいるんだ。「なんだろう。」って思っていたら、動くんだよね。「く、クマだー!」って叫ぶ間もなくクマは林の方へ走っていったんだけど、もうクマとバイクの最接近距離は2m位でさ、すぐにブレーキかけて写真を撮ろうとおもったんだけど、見つめあっちゃてさ、クマと。カメラ出してる隙に近づいて来たらイヤだなーと思って、すぐ発進できる状態でね。結局クマは30秒もしない内に林へ入っていっちゃたんだけど、「クマってやっぱりいるんだ。」って余計キャンプするのが恐くなってきたよ。俺のバイクは小さいからキャンプなしでは行けないんだけどさ。まあでもカナダって野生動物が豊富だよ。シカもクマもリスも何度も見た。クマは一度だけだけど、もう見たくないなぁ。キャンプ場の人に「クマ見た。」って言ったら、「ラッキーだぞ、良いことじゃないか。」っていってたけどね。

キャンプをする上で、クマ対策っていうのがあるんだ。日本でも友達には「クマいるよ。クマ対策は?」って聞かれたことがあるんだけどさ、よくワカンナイじゃない。日本にいるとどうしていいかさ。「どうしたらいいんだろう?」ってそいつに聞いても具体的な方法っていうのは分からないんだよね。でも昨日のおじさんが教えてくれていたんだ。単純なんだけどさ、「テントの中には食べ物を持ち込まないで、木に吊るしておくんだ。」って。そうするとクマはその木に吊るしてあるほうに行くから、テントにはこないんだって。厳密には人間の吐く息も食べ物臭いから、絶対って事はないらしいんだけど、さっそく今日から食べ物は外へ置くようにしたよ。

Meziaden Lakeのメチャ景色のいいクマの出るキャンプ場(走行165.9km)

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss