好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

1998年07月17日

in Alaska

PHOTO

夏は普通に走ってるんだけどねぇ。

風邪があんまりよくなんなくてさ、もう一泊することにしたんだ。暇だったんでちょっと気になっていた車の前から出てる電気のコンセントについて聞いてみたんだ。電気のコンセントがこっちの車からビローンて垂れてるのが多いんだけど、俺の予想ではアレは寒い時に車のセルモーターが回らなくなるから、それを補助するものかなと思ってたんだけど、実際はバッテリー充電用のコンセントであり凍ったオイルを溶かすヒーターのコンセントでもあるみたいだったよ。でもあれを使って毎朝20分間の充電をしなきゃいけないらしいんだ。毎朝だよ。朝起きてはじめにすることが車のコンセントに電気をつなぐコトなんだって。それからゴハン食べて、シャワー浴びて、出る頃には充電が完了していてエンジンがかかるらしい。冬に見たわけじゃないから実際にどのくらいエンジンのかかりが悪いのかはわからないけど、まあマイナス65度とかいっちゃうトコだからあんなモンがついてるんだろうね。でもそうまでしないと車は走らないんだから、ホントは車の走っちゃいけないところなんだろうなきっと。あとこの辺の人は冬の衣料費がずいぶんかかるみたいだね。どっかの資料館でアラスカの人の平均の生活費とかが出てたんだけど、「冬の衣料代は含まれておりません。」ってマジで書かれてたから相当なもんじゃないかな。

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss