好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

[バイク]

1998年07月25日

in Alaska

PHOTO

北極海へ続く道。

PHOTO

野営地の前には、トナカイがたくさんいた。

Coldfootっていう中間地点をすぎると、けっこうな山岳地帯に入るんだ。そこは雨が降っていたんだけど、デナリナショナルパークのように綺麗なところなんだ。その辺から木がなくなり始めてさ、その山岳を越えると一面の草原なの。丘が続いてるね。さすがにこんな所まで来ると、北へ来たなと感じるよ。オマケに晴れていれば暑かった今までと違って、晴れてても結構寒いんだ。バイクに乗っている時も休憩してる時も同じくらいにね。もちろん俺はほとんど真冬の装備で乗ってるからまだいいんだけどね。

そして更に進むとね木と呼べるような草までなくなって、本当に低い草と木だけになるんだ。そして丘が続いていたところが、フラットな大平原のように変わっていくんだよ。「久々にこんなに大きな空をみたな。星でもみたいな寝転がって。」とか思ったんだけど、もうきっとここは日没がないんだよね。ちょっと残念!でもここまでくると本当にずっと低い草ばかりだから、今まで見たツンドラ地帯とは訳が違う気がするんだ。今まで見たのは低い木って呼べるものがあったんだけど、ほとんど99%が草なんだ。こんな草木しか生えていないところに動物がワンサカいるんだから、生命ってすごいな。

Deadhorseっていうほとんど終点の町から40kmくらいまで来たらさ、あまりにキャンプするに良さそうなところがあったから、町に行くのがもったいなくなってさ、それにその町には安い宿がないっていうことのあったんで、キャンプすることにしたんだ。ちょっと風が強いんだけど、テントから外を見ると、カリブー(トナカイ)の群れとかが見えたりして「ああ自然の中にいるんだ。」って妙な実感が湧いてきたよ。キャンプ場じゃないトコでキャンプなんだけど、あまりに良い場所だから、もう一人ここでキャンプしてる人がいたんだけど、彼は3週間ほどここで過ごすらしいんだ。ボートも持ってるし、釣竿も持っていたよ。こういう所で時間を使うってなんか物凄く贅沢な気がしてきた。

Deadhorseの手前で野宿(走行361.7km)

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss