好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

in South Dakota

PHOTO

久しぶりの緑と川

PHOTO

なんとなく日本っぽくない。

デビルスタワーのあたりにも木はあったけど、サウスダコタ州に入ったら緑がもっと目立ってきたんだ。たまたまこの道に森があるだけなんだけど、かなりの好印象を受けたね。やっぱり人ってさ緑のなかにいると落ち着くんだよ。こっちの人がなんで「木が素晴らしい。」とか「水が素晴らしい。」って言うか良く分かるね。俺にとっては砂漠とか荒涼とした風景も新鮮に映るのは確かで、日本のような緑の景色は新鮮に感じにくいっていうのはあるんだけど、さすがにあれだけの黄色一色の世界からくると「ああなんて緑は素晴らしいんだ!」なんて本心から思うね。

でもね、緑が多い所っていうのは道は険しいんだ。山が一番緑が多いところだから仕方ないんだけどさ、バイクが進んでくれないの。それに日本を懐かしむような風景ばかりで、「日本走りたいなぁ。」なんて思う始末でさ。日本を懐かしむっていうのはね、山の中の町は日本の町の作りそっくりで、カーブの先に食べ物屋とかガソリンスタンドがある雰囲気は神奈川の津久井風だし、線路が橋で山と山を結んでるのなんか鬼怒川あたりを連想させるし、ちょうど日本くらいの川があってルアーでもフライでもなくリールなしの竿で釣りをしてるおじさんとか、突然出てくる釣り堀の看板とか、何でもかんでも日本的なんだ。時たま出てくるアメリカ風の家とポストを除いてね。それにしても「ああ日本の道もいいなぁ。」なんて思っちゃった。まあそれぞれに良さはあるから、今すぐ日本の道を走りたいわけじゃないけど、悔しいくらいに日本を思い出させてくれる道だったな。

それにしても、もうこの辺はキャンプシーズン終了だね。キャンプ場には人はいないし、夜は雪でも降るんじゃないかっていうくらい寒いや。

Black Hills Natl Forest内のキャンプ場(走行184km)

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss